この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

自然の恵みはいつもいつも 私たちを守ってくれています。

何も言わないけど、光を放ち、薫りを放っています。

いつも、変わらず、微笑むように守ってくれています。



朝、目覚めると 燦々と光が降り注ぎ、
それだけで 守られているなあ、愛されているなあ と感じます。


この光があるから
私たちは生きていける。


いつも、どんな時も 変わらず、光で包んでくれています。


どれだけたくさんのありがとうを伝えてもいいくらい 今まで、支えられてきました。


泣いている時も 楽しい時も
いつもいつも、光を放っていてくれる存在。




ありがとうと言葉で伝えるよりも
態度や行動で表したいです。


感謝とは
ありがたいと感じることでなく
わきあがる想いです。


その感謝を形に表す行動こそが人として生きるということかもしれませんね。

目標や夢は、その後からついてくるものだと思っています。

『ありがとうございます』 を漢字で表すと
『有り難く頂きます』と書きます。


この意味は

『有ることが容易ではないことを頭の上に載せて、敬意を示し押し頂くこと』

です。


ありがとうございます とは
『有ること』が『容易ではない』ことを頭の上に位置させて、敬意を示し押し頂く という意味になります。




だから、ありがとうございますと頭を下げるのですね。


『ありがとうございます』という言葉は、
『有ること』は容易ではないことを示されているのです。

そして 容易ではないから、頭の上に載せて敬意を示し頂きましょうと示されているのです。



本当に、有り難い言葉です。



『ありがとうございます』と、伝えるだけで わたしたちは有ることに敬意を示し頂くことが出来るのです。




誰もが『ありがとうございます』と伝えるだけで幸せでいられるのです。


だって、『有る』のですから。



幸せは、『有る』のです。

平穏な心を持ちましょう

目を瞑り、
意識を深く、深く 内面に落としていきます。


自分は何者でもない。

地球の一部。




わたしたちの心の中には、必ず 神が宿っています。




神と対話を致しましょう。





静寂な中に、身を置くと それだけで、神に包まれます。



暖かく、爽やかな風が頬を撫でます。


周りの空気が 螺旋を描き、変化します。




神に包まれる心地よさを感じてください。




それだけで

自分の中にある神聖さに気付きます。




そして 命を宿します。。。




宿した命があなたのエネルギーを使って、発進されます。




怖れるものは何もない。
この世界は、平和へと導かれることを知るでしょう。。。



自分自身がどれだけ素晴らしい存在かを知ることができるでしょう。。。

人というのは自分の思い通りにならないと苛立ちを覚えるようです。


好きなことをしたいのに出来ない、そんな想いで苛立ち、怒ったり人を責めたり自分を責めることもあるようです。




しかし、心を深く見つめていくと 今、やってることは 自分が本当に望んでいることだとわかるはずです。


すると それだけで心が安定し人を攻撃することも自分を責めることもなくなるから不思議です。




本当は、誰もが 自分のやりたいことをやってるのです。


わからないだけで。。。


何故、わからないのでしょうか?

それは、違う自分を本当の自分だと捉えているからです。



本当の自分にたどり着くには、 静かな場所で背筋を伸ばして目を瞑ります。


そして、心の中で6回、自分の名前を呼んでください。


すると 心が温かくなって 今、置かれている情況を安心して視ている自分に気づくはずです。


本当の自分が納得しているから今の情況を作り出しているということに気づき、自分は間違っていないということがわかるでしょう。


そして、安心できるのです。



睡眠前に試しにやってみてくださいね。

人として生きているのは、役目があると思うのです。。

まず、この世におぎゃ〜と生まれて 赤ちゃんとしての役目。

両親や家族に育てていただいてる代わりに その笑顔で癒すのです。

そして、自分を育ててもらいながら 親を 育児ができる親にさせる役目もあります。

お互いに 育ててもらいながら 成長して、親に守られるのです。

親に守られるという役目。

だから 子供は 親に守られる権利があるのです。

親は子供を守る義務があり、自立できるように育てる義務がある。

そうやって 子供は 家庭の中で 自立できるように 育ててもらうのです。

そして 社会に出るのです。

社会に出たら、社会人として それぞれの仕事につき それぞれの役目をこなすのです。

そして、愛する人ができたら 、愛する人を守る役目があり、
家族が できたら自分が親に育ててもらったように 、子供に癒され、親になっていくのです。

社会での役目もあり、大忙しです。


だけど、それまでは 頭も身体も動いていたけれど だんだんと 動かなくなって 家族の手を借りて 生活をするようになります。


そうすると、今まで 生かされてきた知恵を 子供や孫に伝えていく役目があり、


それが できなくなってくると 、介護をしてもらうようになります。


それでも 役目はあるのです。


それは、お世話をされるという役目。

お世話をされることによって 人は奉仕ができるのです。

人が奉仕ができるということは、

人に奉仕をさせていただけるということで お徳を積むことになるのです。

お徳というのは 人間にとっての貯金みたいなもの。


自分が お世話される側になり、相手に お徳を積まさせてあげられるのです。


素晴らしいことです。



こうやって、人は 自分の役目を全うしていくのです。


長い人生だから このようにうまく 進まないかもしれないけれど 、

最後は

人は老いる。


老いた人間は 必ず、誰かのお世話になるとは思うから、 そのときには 必ずお役目がある。


人間は 最後の最後まで 人の役にたちたいものなのです。

このページのトップヘ