この世界にあるすべてのものは感謝するために存在する

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

伴侶が欲しい、愛する人が欲しいという心は 愛されたいという心から発生するものだと思う。

結婚したい
伴侶がほしい
恋人がほしい

と、思う人はたくさんいるけれど

なぜ、欲しいの?

愛されたいから?
誰に?
自分の愛する人に?

自分自身を愛してもいないあなたを愛する人がいるだろうか?

自分自身が魅力を感じないあなたに魅力を感じる人がいるだろうか?

わからない。。。

自分を愛してもいないのに、他人に求めても無理だよ。。。

あきらめよう〜♪♪♪

あきらめて

自分のことを好きになろうよ♪♪♪

もっともっと、好きになろうよ♪♪♪

自分を磨こうよ♪♪♪



でもねぇ

ちゃと 自分磨きして 自分を大好きになったら そんなに必要に思わなくなるよ♪

そんな時に現れるんだよ
きっと。

提出物を忘れたことをとがめられて自殺をした中学生がいる。

何度、言っても直らなかったらしい。

中学校の先生、親に責められて 辛かったんだろうなあ


人からみたら簡単なことでもできない人がいる。

わたしも同じように、お前はバカだと罵られ、なじられ、蹴っ飛ばされてきたから 気持ちがよくわかるんだよ。。。

やりきれない。
切ないなあ。


そんなことで死んでいたら身体がいくつあっても足らんわ という言葉もあった。

人の気持ちがわからない人だと思った。

できないことの自分への責めと周りから人格全否定されて、、、、

辛かったんだろう。。。


わたしが親で居たかった。


ごめんね。

かばってあげられなくてごめんね。。。




合掌

昨日ね 娘の言動で あれ?と思うことがあったので あえて、指摘してみました。


まあ、他の人には 素直に笑顔で接することができるのに わたしには無愛想で 素直に謝らないってことです。

そして、そのことについて 自分で考えて、レポートを提出するように と伝えました。

わたしがお風呂に入っている間に書いた内容がこれです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

なぜ 友人やバイト先の人々には素直になれて お母さんには素直になれないかを考えたところ

お母さんは私のことを見捨てないというよくわからない自信があったからだと思いました。
どれだけ怒られても離れていくことはないだろうという安心感と お母さんは言わなくても分かっているという確信が そういう行動を招いているだろうと考えています。

だから お母さんでも わたしが態度が悪ければ離れていくと思えば 素直に謝ったりできるのだと思いますが そう思わないので どういう思考に持っていけばいいのか分かりません。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



正直でよろしい♪


要は、恐怖心を持つ思考を教えていないから 人のことを疑う思考にならないんですね〜


たくさんのいいお友だちに囲まれています。


バイト先では 可愛がられています。

目の前のことに一生懸命に取り組むって

どんなことか知っていますか?


それは

生きるために必要なことをする ということ。


まず今、生きるために必要な食料を得る行為をするということ。


それだけです。



自分ひとりで生きているわけではないですよね? 親、子供がいるはずです。
一緒に目の前のことを一生懸命に取り組んで 問題なく過ごせるようになったら 生活を良くすることを考えていく。。。


物事には優先順位があります。

間違えないように!



生きていくための食料を得る行動は当たり前のことです。

食べるものがないのに、他のことは考えられないですよね。


家族力を合わせて、生きるんです。

それができたなら
仕事をしているなら 向上することを目指す。
学生なら 学業に専念するんです。

娯楽は ただの癒しでしかないんです。

娯楽は現実的なものではありません。

娯楽だけでは 生きられない。




生活が楽にならない。。。
って

生きていくために必要な食料を得る行動をしていますか?

どうやってでも 生きていこう!という気持ちはありますか?


生きていくための優先順位はわかっていますか?

向き合うことは 相手を鏡だと思って行動すること。

相手と同じ方向を見ることは
相手が観ている景色を観ること。



自分の内側に自我がある場合には
相手が観ている景色を観ることは難しいかもしれない。

だけど、
内側の自我が少しでも なくなってきたなら
相手が観ている景色を観ることが出来てくるんだと思う。

寄り添うって そういうことだと思うなあ。。。



自分だけが見える景色だけみていても 飽きちゃうね〜



相手と同じ景色を観ていきたいものです。。。

このページのトップヘ