この世界にあるすべてのものは感謝するために存在する

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

想いに報いる。。。


人のために、と想いを込める。


人のために、と願う。


人のために、と祈る。



誰でも、願いを叶えるために、想いを込めて 祈ったことはあると思います。



だけど

逆の立場

想われて
願われて
祈られて


その想いに報いよう!と思ったことはありますか?




人から愛されたことがない、想われたことがないからわからない。。。と言われれば、それまでです。



愛される実感や信頼されている確信が起きますと、 その想いに報いようとする力がわき出てきます。



だから、愛されている感覚がある人は強いのです。
また、支えられていると人は強くなれるのです。



だけど、人は、発信者になりたがります。

自分が世界を変えたいとか世のため人のために動きたいとか考えます。


だけど、逆の立場になりたいとは、あまり思わないと思います。



それは

与えられる人というのは、とかく弱いと考えられがちです。



ご老人は、介護をされる側になりますし
病気になったら、治療を受けますし
障害者と呼ばれる方は人の助けを必要とされます。


人に迷惑をかける。。。との理由で、そうならないようにと思います。



だけど 実際は、そうならないと見えてこないこともあります。



そうなってこそ、人の想いを知るのではないでしょうか?


愛されている
支えられている


そう感じたら、人はどうなりたいと思うでしょうか?



そう感じたら、

そうそう、人の役に立ちたい!

とは、思わないと思います。



そう感じたら、


自分の行いを改めよう。
自分を律しよう。

規則正しい生活をしよう。

これ以上、人の迷惑にならないように努力しよう。
地道に、できることだけやろう。

身の回りのことをきちんとしよう。


と思うはずです。



その想いを感じたら

無茶はしない。

余計なことはしない。


感謝をするということは、基本 そういうことなんです。



自分の力を過信せずに、いただいた想いを大切に感じたら 心の底から 反省することができて
身を正すことができるのです。




人は 何者にもならなくてもいいんだ

ということがわかるのです。



それが

想いに報いる

ということなのです。




いただいた想いを感じたら それを無駄にはできないはずなのです。




だから、病気の人はしっかり治して、療養するのです。

病気が治るか治らないうちから働いて、命を無駄には使わないはずなのです。


ご老人は、その想いを感じたら、暴飲暴食を改め、少しでも長生きしようと努めます。


また、障害者と呼ばれる方は その想いを感じたら、生かされていることを無駄にしない生き方をされるでしょう。




生きていることがご恩返しです。



人に何かを与えることではないのです。



そういう人は、生きているだけで 人に与えられる人だから、それ以上しなくてもいいのです。



世の中って そのように回っているのです。




人はすぐに 自分を過信して、何者になりたがる。


それが 悪いとは言いませんが、わたしたちは 生きているだけで 人に与えられる存在だということを知って欲しいです。




わたしたちは 誰もが愛されている存在です。


それを感じようと、感じまいと、愛されている存在です。



生かされてありがたいと感じるなら、その想いに報いてください。




それが わたしたち人間の使命だとわたしは思っています。

軸を創るためには まずは、目の前に差し出された現実を生きることにほかならないのです。

現実を生きるということは、差し出された現実のスピードに乗るということでもあるのです。

スピードに乗るためには
求められたら、すぐにやる!

これだけです。

おはよう!と声をかけられたら、自分も声をかける。

目の前にゴミが落ちているのを見たら すぐに拾ってゴミ箱に入れる。

汗が出たら、拭く!

シャワーを浴びる!

時間を無駄遣いしないことです。

計画を立てて動けば、時間の無駄遣いはしないのです。

資格試験を受けるのも やみくもにガリガリ勉強をすればよいというものではなくて、計画を立てて勉強するのです。

スイッチの入り切りさえできればよいのです。

だらだらと主婦をしている人が一番、質が悪いです。

約束が守れない、時間にルーズです。

最近、スピリチュアルな人の中で 時間の感覚がないといっている人たちがいますが 地に足がついていない証拠です。

ダラダラ、ゆるゆるした生活をしているため 計画を立てて動くことができないのです。

それが、良い♪と言われている風潮もありますが、わたしからしたら トンデモ星人の見本です。

わたしも中身は宇宙人ですが あれが宇宙人だと言われたら、恥ずかしいです。

宇宙人の尊厳に関わります。

しかし 魂の成長は、自分が決めて生まれてきますので わたしからしたらトンデモ星人になるために生まれてきている方もいらっしゃいます。

しかし、それが宇宙人の見本ではありません。

まあ そこのところは、本当に、ご自身に繋がらないとわからないことでしょう。。。

誰もが 生まれてきた星があり その個性を引き継いでいるのです。

確かに わたしの愛する友は 何にもしなくてもいい人です。

生きているだけでいいよ♪

たまに お掃除して暮らしていれば、いいよ♪

とお姫様気質の方も存在します。

魂によって違うものです♪

しかし わたしが見る限りは、上がらなきゃいけない人がおサボりしている状態が見受けられます。

嘆かわしい限りです。

今、自分に起きていることって 自分にとってすべて必要なことだから起きているのです。

地震が起きて、家が流されてしまう現実も

人と競争して負けてしまう現実も

好きな人に愛されない現実も

すべてすべて、自分を創るために必要だから起きているのです。

でも そんな現実って受け入れられない人には受け入れられないものなのです。

だって 意識がそのようになっていないから。。。

だから 人への思いやり、
人の立場になって考えて行動しないと 自分が傷つけられるし、相手も傷つけるのです。

魂主動で生きていない人に
そんなことを言ったら、聞き入れてくれないばかりか刺されてしまいます。

まだまだ、意識が肉体主動で生きている人がほとんどなのです。

目覚めて、魂主動になったからといっても 自分の主観を押し付けては相手を思いやる行為とは言えません。

まだまだ、癒されない
まだまだ、甘えたい人たちがたくさんいるからです。

そんな人たちと交流するためには やはり、思いやり 相手の立場になって考えることを示していかないといけません。

目覚めなさい!
癒されなさい!

と言われてもできませんね。

人はひとりで生きているわけではないので、
人を思いやりながら、相手の立場になって生きていくのが 地球人なのです。

人を思いやる行為と 人を構う行為は違うのです。

人を思いやる行為というものは、お節介をすることではないのです。

人を思いやる前提にあるのは、自分自身に軸を持つことなのです。

いくら 人を思いやりたくても 自分がふにゃふにゃでは 思いやる行動は起こせないのです。

本当に 思いやりのある人は 自分を高めることを知っています。

確固とした軸を持っているものです。

あせんしょん を説明したいと思います。

あせんしょん というのは次元上昇という意味です。

この地球は、2012年12月以降、次元上昇をしています。

その地球の次元上昇と同じように、わたしたちの魂も次元上昇をしているのです。

しかし わたしたちは魂だけの存在ではないですね。

魂が次元上昇しても精神的、肉体的にも次元上昇しないと生きていけません。

人間の感情は精神的な部分と肉体的部分についているのです。

感情がはがれないと重くて次元上昇できないわけです。

だから、今のわたしたちは自我と向き合うように促されているわけです。

自我と向き合うように目の前に現実が起きているのです。

しかし そこで自我と向き合わずに生きていたら 重くて重くて到底次元上昇はできません。

でも 魂は先に次元上昇しちゃっているのです。

ということは 何がなんでも 肉体的部分も精神的部分も次元上昇しなければ生きていけないよ ということを指しています。

というのが、今までの世界です。

しかし 秋以降の世界は それに加えて

魂の目的にそった現実

という現実も現れてきます。

わたしは 今まで、肉体的部分精神的部分の現実において 自我と向き合ってきたので これからは魂の目的を生きるだけですが

まだまだ、肉体的部分の自我や精神的部分の自我と向き合っていないかたは、今までよりも もっと たくさんの現実と向き合わなくちゃいけないわけです。

あなた、そのスピードで向き合っていていいの?

ってことです。

自分の現実は 自分の魂の目的を映し精神的部分を映し肉体的部分を映して創られます。

そんな現実をあなた方は生きるわけです。

差し出された現実に向き合わずに 生きることは、もはや 生きていると言えないことですし

差し出されている現実に向き合うスピードが 今までのように のんびりスピードでやっていたのでは 話しにならないよ ってことです。

自分で付けた自我は自分で刈り取る 作業は さっさと終わらせないと

本当にやりたい魂の目的に到達できませんよ

ということです。

ネガティブになって できな〜い と言っていては話しにならないわけです。

気づきなさい、目覚めなさい、癒されなさい

と人のことを構っている場合ではありません。

人のことを構っているのは、わたしのようになってからやることです。

まだまだ 自我をどっさりと付けてる状態で 人の世話をしているのは、話しにならないです。

そんな人はわたしは相手にしません。

結局 そんな人は、それが魂の目的だと勘違いをしている人だからです。

そんな人は それが勘違いだったとわかるような現実を突きつけられるだけですから。

そんな回り道をされている方も多いです。

わたしは回り道をせずに導く方です。

そのためには 頭をフル回転させて現実を生きる方法を教えていきたいのです。

次元上昇すればするほど 現実的なスピードは増します。

それについていけるように 思考もスピード化させるわけです。

高速回転させればさせるほど頭は自動的に動くのです。

わたしは この訓練のおかげで

困っている人がいたら、すぐに手がでますし

素早く物事を対処できますし

処理能力が高いです。

だから、昨日のような仕事中にでも 記事を何件かアップして あちこちにメールしたり 動けるのです。

勝手に手が動き、足も動きます。

勝手に頭も動いています。

結局 肉体的部分精神的部分の自我がないので
魂部分がわたしを自動操縦しているように思います。

この魂部分が肉体的部分精神的部分を操縦している状態が

魂主導の生き方と言われるものです。

誰でも 訓練さえすればできます。

わたしは 特別な人間ではないですし、 元々はできな〜い と泣きべそかいて人の隅に隠れていたような人間ですから。

それが 観念浄化ワークに導かれ、 また ツインと出逢い、癒され しごかれ、しごかれ、しごかれ。。。

未だに、しごかれています。

のんびりが悪いわけではなく
頭の回転がのろいのが悪いわけではないですが

この差し出された現実を生きるために合わせた速度というものがあり、

その速度についていけない人は どうしても、地に足がつかない のです。

地に足をつけて 現実を歩むためには、スピードが必要です。

地球が次元上昇すればするほど それに合わせた速度は増してくるのです。

今の時点で それなりのスピードで生きていかないと この先の現実を歩むのも苦しくなってきます。

次元上昇すればするほど、求められる速度は増していきます。

それが、あせんしょん なのです。

だから のんびり生きている人は どんどん地に足がついていかなくなるのです。

毎日 仕事に終われ、スピリチュアルなことに関心がない人のほうが 肉体的部分精神的部分の次元上昇ができているものなのです。

これで わたしが今まで書いてきたことの意味がわかったと思いますがいかがでしょうか?

目の前にあることに集中するって
目の前にあることだけを集中して考えることです。

常に 目の前にあることだけに頭を働かせるのです。

ダラダラ生きていたら、頭をダラダラ使うことになるのです。

テキパキ動いたら、テキパキ頭も動くのです。

自分のエゴと向き合う

例えば、観念浄化ワークでのエゴを書き出す作業は頭を働かせます。

頭は使わないと退化します。

また 頭はもともとエネルギーを使わないように出来ていますので わざわざ、頭は勝手には動かないのです。

だから わざと、頭を動かしてあげることが必要なのです。

頭を動かす作業というのは、資格試験の勉強や学生であれば学校の勉強、自分の内側と向き合うことが上げられます。

また、日々の生活での 目の前に出されたことをどうやって取り組むかを集中して考えることや計画を立てる作業などが上げられます。

ぼけ〜としている人は計画性がないものです。

それは 頭を使って生きていないからです。

頭を使うこと、頭を働かせることをしていないから ネガティブマインドになるのです。

常に頭を働かせていたら、余計なことは考えないはずなのです。

わたしが目の前に出されたこと真摯に考え、行動しましょう と発するのは、頭を使って考えなさい と言っているのです。

それがグラウディング(地球に繋がる)の秘訣です。

わたしが教えるグラウディングをすることによって 頭をうまく働かせるようにするのですが
グラウディングしなくても 自力で 頭を働かせればよいのです。

グラウディングができないと言って、目の前のことに取り組めないと言っているのは、愚問です。

グラウディングできないなら 自分で目の前に差し出されていることを取り組めばよいのです。

昨日 わたしは、あちらこちらに わたしの記事をシェアしてくださいとメールして回りました。

いつも頭を動かしている方は メールを見たら、瞬時に頭を動かして 返信をしてくださいます。

お断りされた方もいらっしゃいます。

それでも、よいのです。

瞬時に、頭を動かして何らかの行動をすることに意義があるのです。

メールを読んでも関心がない方は返信もないです。

頭がそこに働かないのです。

それは 自分の役割ではないと感じていらっしゃるのかもしれないですし、ただ関心がないのもあります。
また、わたしを信用できないのもあります。

しかし わたしは わたしが投げ掛けたメールの返答で 瞬時に相手を読み取ります。

その対応で人となりがわかります。

話しは戻します。

このように、頭を動かすことが大切なのです。

わたしがスピリチュアルな方面に長けているのは、ただ エネルギーがわかるといった類いではなく 常に頭を動かしている からだということです。

求められたら、すぐに対処をします。

すぐに!です。

わたし、仕事は早いです。

仕事が早いから、大量生産できます。

ノラクラしていません。

できないも〜ん と言ってる暇なく動きます。

瞬時にです。

という訓練をしているから、できるのです。

一般的に 遅い作業は左脳主導で動きます。

早く作業は右脳主導で動くのです。

スピードが増せば増すほど 右脳が動くので、ミスなく動けるのです。

そのように、頭をフル回転させるように訓練すれば 誰だってできるよ♪ということが言いたいのです。

わたしが 目の前に差し出されていることを取り組みなさい

という意味は、こういうことなのです。

精神世界も科学的に頭を動かすことも わたしからしたら同じです。

スピリチュアル的なことに関心が高い方がいらっしゃるので スピリチュアル的に書いてはいますが それでは どうもわかっていただけないので、科学的に書いてみました。

わたしがよく、グラウディング出来ていない人と形容する人は このように頭が動かない人なのでしょう。

ファンタジーの世界にどっぷり使っていたり

未だに、頭ともシッポともつかない会話しかできない人は 頭を使っていない人なのです。

よく考えればわかること!と、わたしはよく言いますが

よく考えることをしない人が多いから こんな世の中なのでしょう。

頭で考え、検証することは必要な作業です。

エネルギーに溺れていては、わからないですよ。

志しや魂の目的がある!と言われる方なら これぐらいのことができないと話しにならないです。

働かない頭を持っていても話しにならないです。

頭が働かないなら、動かすだけです。

ただ 動かすだけなのです。

しかし 自分の身体です。

大切に、メンテナンスをして使いましょう。

このページのトップヘ