この世界にあるすべてのものは感謝するために存在する

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

家庭学習の重要性
ブログに書いてあることでも本に書いてあることでも そこに書いてあることを生かすことが大切だなあ と感じます。


生かすって それを身近に感じて、より具体的に頭を使って自分自身で考えることだと思うのです。

すなわち、応用力です。

何を観ても何を聞いても 応用力のあることが幸せの近道ではないでしょうか?

わたしは なるべく具体的に書いているつもりですが、わかってもらえないことも多々あります。

それは やはり、頭の使い方なのではないでしょうか。

日々、何かしら頭を使って生活している人とそうじゃない人の違いは大きいと思うのです。

困ったことがあっても考えて克服する人と逃げ出す人とでは雲泥の差で違います。


幸せになるって 考える力の有無なのではないでしょうか?

誰かが幸せにしてくれるわけではない。


自分自身が幸せになりたい!という力で幸せになるのだと思います。


毎日のメールアドバイスを受けていらっしゃる方から こんなことを言われました。

「スピリチュアルなことは頭でわかっていても応用ができなかったけれど メールアドバイスを受けてから応用力が身に付いた」

うれしい言葉でした。

今までわたしはわかっていなかったのですが 応用力をつけてもらうためにメールアドバイスをしているんだなあ と解りました。


また 大学生の間、塾の講師をしていた娘がこんなことを言っていました。

「塾の講師は教えるんじゃないんだよ。いかに、家庭学習をさせるかなんだよ」と。


自分で考える力、家庭学習は大切ですね。

妻として
今の世の中、女性が外に出て働けるようになっていますが わたしは 主人に働いてもらってわたしは家にいて支える という形がよいと思っています。

女が外に出て働くとなると それなりに、服装やお顔も構わなくてはいけません。
すると、ご主人は嫉妬します。

嫉妬させても良いことないです。

また、子供にも寂しい想いをさせなくてはなりません。

家で家庭を守り、 主人を叱咤激励していたほうがお金もかからず、お金を持ってきてくれます。

自分がしゃしゃり出て、社会で働くといっても 家庭を守れない人が外に出て仕事ができるわけないのです。

ご主人と仲良くできない者は仕事もできるわけないのです。

主婦って
なかなか大変なんですよ。

朝のしたくから食事をつくって家の掃除に雑事をこなして
子供の話を聞いてアドバイスもしなくちゃいけないし勉強も手伝わないといけないし
主人が帰ってきたら
話を聞いてアドバイスも誉めることもしなくちゃいけないです。


昨夜は 主人の仕事が良い方向にいったので 急きょ、シャンパンを開けました。

天ぷらにシャンパン

わたし、シャンパンは苦手だから 少し飲んだら眠たくなってしまいまして 朝はゆっくりさせていただきました。

それでも 喜んだ主人は 意気揚々と仕事に出かけていきました。

喜び事は倍にして、喜び、悲しみは半分にするのが妻の務めです。


喜び
その場所にいないとわからないことってたくさんある。

だけど、人は うわべだけ見て、羨んだり、憧れる。

また 自分とは縁のない場所だと関心すら示さなかったり、到底 無理だと諦める。

諦めたり関心がない人よりも憧れたり羨む人のほうが人間味があって わたしは好きだ。

わざと無関心を装うくらいなら、憧れたり羨む人のほうが素直だと思う。

その場所に立つということは 人とは違った苦労もあるけれど 喜びもそれ以上にあるものです。

喜び

わたしは喜びをもっともっと感じていきたいと思う。

そして この喜びを分かち合っていきたいと思う。


思いやりを持ちましょう
人はその場所に立ってみないとわからないことがありますね。


責任感もなく自由をこよなく愛している人がわたしをみたら なんてがんじがらめに生きているんだろうと思われるかもしれません。


今までわたしは、責任感もなく自由を求めて生きてきた体験を経て、今のわたしは幸せだと感じています。


魂の求める幸せというものは責任感の上に成り立つものなのだと今、実感しています。


責任感を持って生きている幸せは、安定していて 他者を見守ることができているものなのです。

自由でいることや開放的でいることは、それはそれで素晴らしい感覚を得ることはできますが、心からの安定感は得られないのだと思います。


誰かを想い、誰かを敬う心こそが心からの安定を得るのだと思えるのです。


責任のない人生は糸の切れたタコのようで、どこに飛ばされるかわからない不安定なものです。

思いやりは責任感を生みます。

思いやりを持ちましょう。

責任感を持ちましょう。



記憶
これからの時代は外側の情報よりも内側の記憶を信じて生きていく時代になってきたなあと、日に日に感じます。


外側の世界は ある方向に進んでいます。

それは、真ん中ではない。

それは、間違いない。


今までわたしは、外側の現象を内側の記憶で答え合わせして生きてきました。

内側の記憶のほうが真ん中だということなのです。

宇宙の記憶は正確です。

いくら歴史が改ざんされていようと、記憶がある限り 騙されません。

だいたいが、間違った というか ある人が得になるように情報は変えられているものです。

人を信用しないわけではなくて、情報を信じないだけです。


すべては自分の生きてきた記憶に残されています。

それを呼び起こして、生きていくだけなのです。


記憶を取り戻してください。

宇宙の記憶を取り戻してください。

内側の記憶に勝るものはないのですから。

このページのトップヘ