この世界にあるすべてのものは感謝するために存在する

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

2014年09月

意識が上がると

愛はわき上がるけど、動揺しない。。。




負の感情が起こらなくなってきます。


だから
バカヤローと怒鳴られても、ボケッとしちゃうんです。


頭の中が?マークで埋めつくされます。


で、見当違いの発言をしてしまう場合が多々あります。

そのため、人を怒らせてしまうこともあります。


どんまい♪


でも、『愛』をお返しできるのです。


『ごめんなさい』と心から謝ることができるのです。


だから それ以上、悪い関係にはなりません。




でも、基本 ひとりが楽です。


自分で居ることがとても心地いいのです。


だから、たまにしなくちゃいけない電話をし忘れるし、約束できません。


約束苦手です。

内観浄化を繰り返していた時に ある日、突然 心が軽くなった。

そして、心の奥底から感謝が溢れた。

それが、気付きだ。


それを 何回も何回も繰り返してきた。

心の奥底からわき上がる感謝の想いに、自分が満たされる。

何て、甘美な感覚だろう。

世の中すべてが美しい。

この世界のすべてが感謝するために存在するとわかった。


この心の内側からわき上がる想いは どんどん増していく。


自分の心も身体も満たしていく。


すると ある日、突然 人が変わったようになった。


何故か、背筋が伸びている。

自分の口から発せられる声が変わる。

また、自然に 自分を整えていくことを覚えていき、
自分の内側から声が聞こえる。


自分がどう生きたらよいかを教えられるんだ。


誰かに聞かなくったっていい。


確信できる声が聞こえてくる。


そうやって 自分自身と繋がる。


感謝が増せば増すほど、繋がりも深くなり、確信度も高くなる。


それを経て、人は目覚めていく。



人が目覚める瞬間は。。。


やはり 心の奥底からある想いがわき上がるんだ。


ある想いとは?



『自分は完全なんだ。何も怖れるものはないんだ。』

ということ。




毎日の内観の積み重ねで、人は目覚めていく。


自分の奥底の想いは、計り知れない力が備わっていることを自覚するんだ。


誰かに聞かなくても、導かれる。


怖くないんだよ。



自分は自分のマスターなんだということがわかるんだよ。



自分がどれだけのパワーを持っているかわからないほど 自分の内側からのわき上がる力を感じるんだ。




人はこうやって目覚めていくんだ。

意識が上がると


どんな人に対しても、頭が下がるんだ。



一生懸命に生きているんだなあ〜と思うと、抱きしめたくなる。。。


言葉が出てこないんだよ。


いとおしい、
ありがたい、
存在だと感じるんだよ。


だから
身体が動いてしまうんだ。



言葉はいらない。

受け入れる




もう少し詳しく書いてみたいと思います。


受け入れる。。。って、丸飲みするってことです。

消化しなくてもいいんです。


ごっくん するんです。


手放すってありますね。
これは、手を離すだけです。

手を離すと、並びます。

手を繋ぐと、そこで干渉することになりますので ただ 並んでるだけの状態になります。


どちらも、気づくと、あらいたのね? って感じですが お喋りしません。



気付くと、感情としてエネルギーになりますが
気づかないと、ないも同然なんです。



だから、浄化とも言えるのですね〜



だから

受け入れるも浄化するも手放すも同じことです。


人との付き合いも同じですね。



いちいち干渉しない付き合いが長続きします。

お互いに、干渉しあうから、そこで 感情が発生するのです。



気にしてもらいたい人は感情が欲しい、干渉されたい人ですね。

そんな人はなかなか、受け入れることは難しいですね。

相手が干渉しなくなったら、寂しくて寂しくて、感情を飛ばしまくりますね。。。
厄介です。

相手にしないことです。
気にしないこと。


気になるのは、感情があるという証拠♪

受け入れていないということ♪

でも 人は、そんな状態でも 『わたしは受け入れている』と言います。

『受け入れたい』のと『受け入れている』のとでは違います。

そんな時は
わたしは受け入れることができないんだ!

と、自覚すればいいのです。

無理して、受け入れなければいけないと思わないことですね〜♪



そのうち 気にならなくなりますから♪



それが すなわち、受け入れるということなのです。



まあ、丸飲みですよ♪



好きな人を丸飲みするのが、愛するってことなのかもしれませんね♪



おほほっ(*^O^*)



ただいま、掛川です。



光と闇の統合って言うと、なんかカッコいい♪

受け入れる♪

手放す♪

ってどういうことかいな?





ある二つの対極にある意識を受け入れると

その二つの意識がまったく、気にならなくなります。

確かに、お〜いと探すと、二つの意識はあるのです。

でも、出てこないのです。

そこにフォーカスできないのです。

フォーカスできないからなくなったように感じるのです。

でも、実は、あるのです。

それは、押し込めているわけではないのです。


見つけたら、あなたたち、そんなとこにいたの? と 思いますが 干渉しません。


干渉しちゃう(フォーカス)と、出てくる仕組みのようです。



なので わたしは過去の感情を思い出す作業は、あまりしません。

ブログ書く際に、たまたまフォーカスして書いたりしますが、これをすると、感情が蘇りますので 極力しません。


それを思い出させるようなことが起こると、感情が出てきます。


そうなると、厄介です。


物事を受け入れると言うことは、あるけど、それにいちいち干渉しない自分になるということです。



だから 心がいつも平和なのです。



もうすぐ、浜松〜♪

新幹線の中でポチポチ書いてます。

男性が女性に母親を求めてしまう仕組みは、以前 書いたかと思いますが だから 男性の方が 統合が難しいのですね。

なので 女性がまず、自分の中の女性性と男性性を統合させるのです。


女性は元々、女性性=受け入れる力が多いので、統合しやすいです。


女性性が男性性を飲み込む、受け入れてこその統合だからです。



どんなことでも受け入れるというのは、女性性でなされるのです。


男性性は発信力です。


口で放った言葉を実行させるには、男性性と女性性を使います。


言うこととやることが違うのは、男性性は発揮するけど女性性は発揮されていないことです。


『とびらを開けたら閉める』

という行為も
実は、とびらを開けるのは、男性性ですが閉める行為は女性性を使います。

やりっ放し、は 男性性が強い特徴です。


だから 男性性が強い人には、母親役が必要なのです。


でも その母親役である女性も、女性性だけでは受け入れることはできません。

器がないからです。


発信力は男性性ですがそれを形にするのは、女性性なのです。


形ができる。。。器ができると言うことです。


器がないと、受け入れることは難しいですね。


まずは、女性が自分の器作りをしっかりすることが必要です。




少し前に、アップした記事『愛する気持ち。。。』は 非常に、反響が大きくてビックリしました。


あの男性は、男性性そのものですし、母を求める気持ちが変換されたものでした。

そんなエゴエゴちゃんは、女性は好きなんですね。

甘えられたい。。。

母性本能をくすぐられるのでしょう〜♪



母性本能をくすぐられて、女は男を許し、抱きしめるのです。。。


でも、それでは発展的な関係ではないと思います。



やっばり わたしは 自分の女性性と男性性を統合させて、どんなものでも受け入れる器を持ち、
母性をくすぐられようとなかろうと 受け入れていきたいものです。




まだまだ、わたしは修行が足りませぬ故、お許しくださいませ。

人間って、元々 宇宙から来ているんだよね。

だから 宇宙に繋がっているけど 何回もの転生で 繋がっている回路が塞がれているんだよ。


だから、感じないんだ。

繋がっていることがわからない。。。



でもね
ストレスを受けると、痛みを感じない?


この『痛みを感じる』ということが 繋がっているってことなんだよ。


わかるかな?


ほんとに感じない人は、ストレスを与えられても感じないんだ。

感じないように蓋をしている。。。

鈍感にしているんだよ。。。


そうしないと、動けないからね。


痛みやストレスに鈍感になって 嫌なことでも引き受けて、生きている。。。

それが、人間というものなんだ。



わたしも昔は、ストレスを与えられても感じない人間だった。

痛みもそうだけど
愛されても実感もなかったし すごくいい音楽を聴いたとしても感動するということもなかった。

感動する!って知らずに生きてきた。

ハートが塞がっていたんだね。


でも 今は、ビンビン感じちゃう〜♪



だから
楽しい!!!って思うことをしてみることは大切だよ♪


閉じているハートを開くのは、少しずつでも 自分が楽しい♪って思えることをすることが大切だね。


無理矢理こじ開けるのではなくて
少しずつ、少しずつ開けていくんだよ♪


そうすると
愛されているって感じるんだ。


守られているって感じるんだ。




グラウディングして、地球に繋がっても 安心感が得られないのは、ハートが閉じているからなんだね。



何度も根気よく、グラウディングしていくと 次第に ハートの周りが柔らかくなって 感じるようになるよ♪



わたしの光りもあなたを応援します。



いつもありがとうございます。




グラウディングって その時に集中する!一生懸命になる!ってことなんですね。


だからハートにグラウディングするってことは、その時、その時の感情に一生懸命になるってことなの。


相手によって、出てくる感情は違うし、場面、場面でも違うよね。


だから、その場、その場を一生懸命に感じることなのです。



一生懸命になるってことは、足をつけるということでもあるの。



飛行機でも鳥でも足はありますね。

で、着地できることが条件なんです。


この地球に着地できていることが、最大のポイントです。


わたしたちは 宇宙から来ているから、宇宙には繋がっているのね☆
とりあえずは、宇宙からぶら下がっている状態ですね。


だから まず、着地させてあげることが必要です。


それが いつもわたしが念仏のように唱えているグラウディングです。

このグラウディングが出来たなら 足が地上に着いた、着地した!ってことなんです。


着地しただけでは

立っているだけでしょ。



だから 相手を探しに、歩んで、グラウディング(一生懸命!)をするということが必要なのです。


でもね
自分と同じ波動の人なんてあんまりいないわね。


自分よりも浮いた場所で着地している人もいるよ♪


そんな時は、足も使い、羽根をバタつかせながらグラウディング(一生懸命!)するのね。


で、自分よりも高いな〜と思う場所なら イッパイイッパイ、羽根をバタつかせないと 上がれないね〜

一生懸命に羽根をバタつかせるのよ♪


とにかく、その時々を一生懸命!に生きるの。


そうすることで
どんどん高く飛べるようになり、
地上から足を離しても、羽根をバタつかせるだけで遠くに移動できるようになるね〜♪



今までの世の中は、
羽根をバタつかせることはなかった時代だけど

地球自体が上昇しているから
足も手も使わなくちゃね♪



最近の若い子は
羽根はあるけど、足がおりていない子が多いね。

地上に足をつけていない。
ただ、浮いてるだけ。
羽根をバタつかせることもしない。。。



こんな人は、羽根をバタバタしたとしても
先に、まず 足がついていないから、
走ることができない。



空を飛ぶときには、足が必要なの。


走って、加速して、飛ぶ。。。


やっぱ、飛ばなきゃね〜♪



地上だけじゃつまはないわ☆



わたしたちは 元々、宇宙には繋がっているんだもん。


それを利用しながら、この地球を移動するのよ♪



新幹線よりも早く、走れるようになるよ〜♪


飛行機よりも早く、走れるようになるよ〜♪

感情を感じ切るって、ハートにグラウディングするってことなのよねん♪


すれば、するほど 周波数は上がるよ〜


周波数が上がるってことは、軽くなる♪♪♪ってこと。


軽くなると、どうなるかって?


時空を飛んじゃうのだ〜(#^.^#)




正確には、時空間のゆがみの中を移動できてしまうと言うことなりよ♪



ここは、今は 4次元だけど

未だ、3次元の感覚しか持ち合わせていない人間が多いけど


軽くなればなるほど

4次元感覚が身に付いてくるわいな♪


そのまた5次元感覚を身に付ければ、 何ができるかたのしみだにゃん☆ミ


タイムトラベラーになるよ〜♪


(*^O^*)

恋愛において、好きって感情は その時に必要だから 起こるだけなんです。



男性の

彼女を抱きたい!

という感情も同じです。


その感情が 良い、悪い関係なく

その感情を感じることによって 自分がどう行動したいのか!

だけなんです。


抱きたい!なら、奪いにいく、キスだけしてみる^^感情を押さえる。。。


いろいろあると思いますが

その感情によって、体験をしたいのです。


ただ、体験をしたいから、感情がある。


体験し尽くしたら、感情は外れるのです。


ポロッと外れます。



感情は、自分自身じゃないのです。


人生を楽しむアイテムです。



お空の雲みたいな存在ですな♪




感情に翻弄されて、人生を生きるのもひとつかもしれませんが


感情をつけたり外したり自由自在に操るのも、楽しいよ♪




そんな生き方をしてみませんか?

このページのトップヘ