この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

2014年12月


思考は現実化する

ということは、


自分が体験している世界は、自分の潜在意識が望んでいる世界です。


ということです。



いくら、顕在意識が望んだどころで 潜在意識が望んでいなければ 現実化されません。


だから


現実を見れば、潜在意識がわかるのです。


潜在意識が何を望んでいるかがわかるのです。




いくら 『感謝しています』と 口で言っていても 潜在意識が 感謝していなかったら

感謝していない現実を引き起こします。


感謝していない現実。。。


病気になったり

失業したり

人に裏切られたり



現実化します。





潜在意識を変えよう!

と 言われますが

元々は、わたしたちは感謝の固まりなのですから、

潜在意識を変える!

よりも

潜在意識にこびりついている忌み、妬みというエネルギーを外すことなのです。


それによって、


感謝の固まりという潜在意識が 現実化することになるのです。



いくら 口で感謝していますと唱えても、現実化しない場合は

潜在意識にそれを遮る感情がついているということですので

真摯に向き合うことが必要ですね。



感謝、感謝と言いながらも

病気で苦しんでいる人は 典型です。



口先だけで 言っていても、現実は シビアに現してくださるものです。


病気が直らないのは、まだまだ、潜在意識に遮る感情がついているということです。



この世界は、感謝するために存在します。



自分を表すために、存在します。


人は目覚めると

というか

自分の内側に神性があることに気付くと


ことのほか、人間ということを意識するようになるんだ。


わたしは 元々が 宇宙人体質の人間で 人間として生きるのに 非常に苦労してきたんだ。


今でも 日常的に 苦手なことはたくさんあるよ。

そして

この内側にある神性にふれると

自分は、計り知れない力が潜んでいるんだと 実感するんだ。



わたしは、自分のこと 人間じゃない。。。って感じているし、
全知全能って意味もわかるんだ。


だけどね

そのままでは、生きてはいけない こともわかるんだ。。。



だから

ちゃんと 人間になろうと思うんだ。


ヒーリングができるとか〜 未来がわかるとか〜 そんなこと どうでもいいことなんだ。。。


この地球にいる以上は、地球のルールに則って 生きることが 必要なんだなあ って

そこで やっと、実感したんだよ。



それまでのわたしは

宇宙人きどりでいたけれど
何にもわかっていなくて ただ 楽なことに流されていただけで 生きていたことに気付かされて 情けないなあ と感じたんだ。


わたしは そこまで 見せられないと、人間としてまともに生きられない人間だったんだよ。。。



だから

ちゃんと 人間として生きることは大切だと思うんだよ。


そして、『ライトワーカー気どり』で書いたけど


一皮むけただけで そこまで目覚めていない人は

宇宙人きどりで、人間になれなくなっちゃうんだよ。。。



地球に生まれてきたのに、人間として生きられないって どうよ?



自分の中身が ホンマモンの宇宙人だと、わかったら。。。


人は、隠そうと思うものなんだ。


宇宙人のままでは 生きていけないことがわかるから。。。


人間になろう!って思うものなんだよ。。。




だから、中途半端で出してる人は、わかってないなあ〜って 思うんだよ♪



わかってないのに、わかったふりして書くから わからない人がそれを信じてる〜

って世界ですね〜



だから 結局、わたしが書いてるんです。。。



宇宙人、ウソつかない^^




宇宙人きどりで生きるのも体験したいことなんだよ♪っておっしゃる方は、何もわかっていない人です。

どんな体験もしたいんだって。。。


地球で宇宙人きどるくらいなら、なんで転生してきたんだ!

現実を楽しく生きるために、


グラウディングがある。



グラウディングするために 生きるのではない。



楽しく、楽しく、生きるため。



楽しく、楽しく 学ぶため。


グラウディングすることは、時に 辛く感じるかもしれない。


だけど、その先には、未来があり、希望がある。



だから 負けないで。



わたしたちの未来は、


グラウディングをした先にあるんだ。

わたしは、わたしを祈る。。。 
 
 
どこまでも 地球で生きていけると、ただ 祈る。 
 
 
 
祈ることが、グラウディングなんだと 気付きました。 
 
 
 
 
 
 
友よ。。。
 
 
 
わたしが生きる限り、 
 
 
あなたも生き続ける。。。。 
 
 
 
永遠に。。。

ツインフレームが出逢う目的は


ひとえに

地球のアセンションを成功させることです。



だから

出逢って苦しかろうか辛かろうか楽しかろうか、魂的には、関係ないです。


一緒になれるかどうかは、その魂の設定次第です。

くっついてから、業務に取り掛かるのもありだし
ケンカしながら、業務を遂行するのもひとつだし

そこ、どっちでもいいです。


業務がきちんとできることのほうが大切です。


出来なくなるから、離されたり くっついたりします。


離れて、グラウディングが出来なくなる場合には、くっつきます。

また、離れないと グラウディング出来ない場合もあります(これは、わたしたちの場合)。



でも どっちみち 最後には、くっつくのです。



どんな道を辿るかは、わからない。


だけど ツインフレームなら、最後は くっつきます。





まあ、ツインフレームかどうかなんて エゴをはがしてみないとわかりませんから。。。



ツインなんちゃらじゃないと思ったほうが、気楽です♪


楽しみたいなら、いろんな人と出逢って、恋愛するのもよいですよ〜♪



ツインなんちゃらと 出逢ったら 拘束されますから。。。


業務に支障が出ることは、カットされていきます。


出逢っていないうちに、恋愛を楽しみましょう♪

すべては完璧だとか魂的にはうまくいっているとか言うけれど
わたしは、そうは思わないのよ。

どんな体験もやりたかったんだ!

で、済まされることはないのです。

前に進もう!としているのに、道を踏み外してしまった。。。

って 道を踏み外してしまったことは、やるつもりはなかったのです。

だって、それがやりたかったのなら、宇宙の法則が動いて カルマの法則は起こらないのだから。。。

みんなみんな、前に進みたくて生まれてきているんです。

後退りするつもりなんてサラサラないだろうし、
足踏みもしたくないのです。

だけど この宇宙、地球で生きている限りは 宇宙の法則、カルマの法則が動きます。

だからね

やらないほうがいいこと、やるべきことは、あるんです。

そこを間違えないように。

例えば 自分が破産宣告を受けたり、借金を抱えてしまったとする。

一人では、起こらないことなのです。

誰か、相手がいるんです。

相手を悲しませてしまった、損害を与えてしまった、 また 相手を死に追いやってしまった。。。って それでも それがやりたかったんだ、すべては完璧だと 言えるのでしょうか?

相手の心に傷が残ります。

そんな相手に 『すべては完璧だ』と 言えるのでしょうか?

みんな、繋がって 生きているんです。

完璧であるはずがない。。。

そんなあなたでいいんだよと 言われたいですか?

人に損害を与えるあなたでいいんだよと言われたいのでしょうか?

『そのままでいいんだよ』

という意味は

自分の未熟さを自覚しなさいという意味です。

スピリチュアルを利用して、 違った概念を植え付ける人が多いのは、困ります。

少し 考えれば わかることです。



すべては、完璧だ と言えるのは 遥か彼方にいらっしゃる創造主みたいにお徳を積まれた方でしょう。。。


もっとも そのような方は、何も言われません。


この世のことがわかればわかるほど 人は、頭を垂れるのです。



相手の態度を思いやること、って


何らかのお金のブロックがある人にとっては

難しいことかもしれませんね。



わたしも以前は、お金に対してのブロックを持っていたので 変に、卑屈になったりしていましたが 今は ないです。


お金持ち っていうのは 自分の基準でしかありません。

人から羨ましがられる人でも 自分はお金持ちではないと思っている人もいらっしゃいます。


だから ホント、これは 自分の価値感です。



お金のブロックがなくなってからは わたしは、誰とでも交流することができるようになりました。

そこで 人を判断しないからです。


あってもなくても 同じ人間です。


だから 尊敬できるのです。


尊敬できるから、教えを乞うこともできるのです。


まあ、比較的に お金持ちと言われる方のほうが お金のブロックは持っていらっしゃらないので お付き合いはしやすいです。

たくさん情報を持っていらっしゃるので 頼りにもなります。


わたしは どちらにも属さない人間ですので 親しみやすいようです。


でも 少し思うのは、

ある方は、ないことを理解できないので
ない方の気持ちがわからないですね。


だから ある方は、ない方に対しての配慮というものが必要かなあ と思います。


見せびらかしているつもりはないのに、見せる。。。
そして、恨まれる。。。



そんなパターンの方もみられますね。



わたしは 元々 羨ましいという気持ちがわからない性質なので

人がわたしに見せびらかしてきても、とんちんかんな対応をしてしまいます。


わたしが気をつけることはここです。



人は、うらやましがられたいんだ。。。



わたしには わかんない感情です。

与えられた仕事をこなすことって


自分の力だけでこなすことではないのです。


自分に与えられた仕事をきちんとこなすためには 自分の知識だけではなく、 人から聞いたり、調べたりしながら 進むものなんです。


それを 自分だけの力だけで なんとかしようとするから 前に進まないのです。


人に頭を下げて、教えてもらうことは必要ですし 調べる、学ぶことは必要なことなのです。



自分の知識だけで勝負しようとするのではなく、常に 学ぼうとする姿勢が 結果、自分を大きくして 結果、仕事の成果に繋がります。



自分の力を過信することなく、謙虚に教えを乞うことが 成功に繋がります。

相手の立場を思いやるって

まずは、

自分の立場を知ることなんです。


相手が親ならば自分は子供。

相手が姉なら自分は妹。
相手が顧客ならば自分はその職業のプロ。



その自分の立場に徹することが、相手を思いやることに繋がります。



しかし

私的感情が入ったり、前世の関係がわかったりすると

相手の立場になって考えるということができにくく なるのではないでしょうか?


だから わたしは前世を調べるのは推奨しません。

前世は前世だからです。

前世が夫婦でも、今が先輩、後輩なら 今の立場で接するためにその立場を選んで生まれてきているのです。


また、師匠と弟子の関係でも 同じで
友達ではないですから 互いに思いやり、配慮する気持ちは大切です。


誰とでも友達になる。のは、構いませんが 節度は必要ですし
そういうことができないから、人間関係がうまく築けないのではないでしょうか?


自分の立場をわきまえた行動を取ることは 非常に大切に感じます。


それをしていれば

下手に人間関係は悪くならないと思います。


友達は友達ですし
先輩は先輩として接することは 当たり前だと思いますが

できない大人がいるから
それを子供が見て、育つのです。



子供の尊敬する心を養うには、親が人に対して 尊敬、尊重することです。


人前で、それができないから 嫌われるのではないのでしょうか?


人前でできないということは
自分自身の内側に、相手を尊重していないということです。


人間関係で悩んでいる方は

自分の内側と向き合ってみてください。


まずは、自分の内側を見直すことです。


人に対しては、節度を持って、わきまえて 接しましょうね♪



陰口は叩かない。

守りたいもの、守るべきものは違うね。。。



守りたいものは、自分の自我を満たすもの



守るべきものは、魂が欲しているもの



軌道修正がなされています。。。

このページのトップヘ