この世界にあるすべてのものは感謝するために存在する

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

2015年02月

そうそう


自己主張と言わず、



相手に自分の意見を伝えると

自分は癒されるのですよ。。。


相手から傷つけられないように、自分の意見を伝えると、自分は癒されるのです。。。

自己主張は 言葉だけだと思っていませんか?


言葉にはしないけど、態度で自己主張する人もみられます。


エネルギーを飛ばしてくる人も自己主張が強いです。





さきほど

自己主張は素晴らしいと書きましたが、


自分の意見を伝える姿勢が、素晴らしいのです。



自分の意見、想いを伝える姿勢です。



人間は、手足、口がありますから これを駆使して、伝えるのですね。



でも、手足、口を使わずに、態度やエネルギーで 伝えてしまう。


無意識、意識的に関わらず 態度やエネルギーで伝えることは 自己主張であり、口を使わないからと言って 謙虚ではないのです。



自分の想いがあるならば、口で伝えるということが 正当なのです。


自分の想いがあるにも関わらず、口を使って伝えない行為は、自分を傷付ける行為でもあり、相手も傷付け、謙虚さとは 程遠いのです。



本当の謙虚さは


自分の想いが感謝に満たされているものなのです。



相手を態度やエネルギーで傷付けるものではないのですよ。


だから、また 傷付けられる結果を生み出すのです。



結局、 自分がかわいかったら、自分を傷つけられたくなかったら



相手から傷つけられないように、自分の意見を伝えるのです。



相手から傷つけられないように。。。

というのは


相手に思いやりを示しながら。。。。

ということですね♪





相手に言わないから謙虚だと思っていました

と、メールがあったので 書いてみました。


思い違いも甚だしい(-.-;)

最近、ヘタレな記事を書くと


大丈夫ですか?

と心配されます。



以前のわたしなら、


心配エネルギーを送られると、 わたしに心配は不要よ!と毛嫌いしていたのですが


今は、違います。


素直に嬉しいのです。

心配してくれてありがとう って、感謝ができるのです。



トゲトゲしさがなくなりました。


心配エネルギーも受け取り方ですね。




心配してくれてありがとうございます。


気にかけてくれてありがとうございます。

自分の力。。。


『力』そのものが あなたの『魂』であり、『愛』なのです。


だから



自分自身の『魂』 『愛』を知りたければ、一生懸命になれる何かを見つけましょう〜

だからね


たまに 二十歳の娘が言うのですが


『受験生の時に、勉強したことが 大学に入って役に立っている。

だから、勉強しておいてよかった。』




わたしは 娘の大学受験の時は


いろいろ志望校がありましたが

ご縁がある学校に行くんだと言っていました。



今は大学2年生ですが


ご縁があり、お友だちにも恵まれています。




〇〇〇に行きたいと、志望校を定めても ご縁がなければ 行けないのです。


努力が足りないことではなく、ご縁がなかったということ。



努力は ご縁がある場所で花が開くのです。




未来がわからないから、努力ができるのです。

自分に自信がない。。。


自分に自信がないと、自分の意見をまともに言えず、卑屈になり、相手の言葉を 支配されている。。。と 思い込む人も少なくありません。


そこで


自分はダメな人間なんだと、相手の意見さえ聞いていれば うまくおさまると考え 自分を自分自身で奴隷化する人と


自分はダメな人間だけど、そうは見せたくない!と反発し、逆に 攻撃して 支配しようとする人に分かれます。



どちらも 自分に自信がなく、軸がありません。



見栄はりな人間と奴隷的な人間。



わざと大きくみせることや見栄をはることをやめられなくて ハッタリばかりが強くなる。


本当の自分が隠れていく。

本当の自分がわからなくなる。




奴隷化人間も そう。


自分の意見がなくて、人に流されて生きているから、本当の自分がわからない。




今の世の中、そんな人で溢れています。



まずは 自分に自信を持つことなのですが
その自信は ただ、あなた自身の鎧にしか過ぎなくて
あなた自身ではないことをわかることが必要です。



自信というものは



何か自分に得意分野があるから自信がつくことではなくて


何かあってもなくても 自分の奥底の力があるということを実感することです。



自分自身の奥底の力が自信を生むのです。




自分自身の奥底の力を知る努力をしたものが 自信を得るのかもしれません。



だから、一生懸命に努力することが大切なのです。

奴隷になるのと、共存するのとは違います。


人は往々にして、弱い者を支配したがる傾向があります。


すると、そこで 主従関係になります。


それは 支配、相手を奴隷化することに繋がります。


奴隷化された者は強いストレスを感じますが そこから抜け出せなくなり、絶対服従するように仕向けられます。



そのようにならないためにはどうしたらいいか?


というと


やはり、強い意思が必要であると共に、自己主張も必要です。



しかし、自己主張だけでは、攻撃されるのです。


自己主張と やはり、相手を思いやる心です。



相手の意見を聞きながら、自分の意見も伝えるのです。


できないことは、どうしてできないかを述べ、やんわりお断りするのです。

自己主張だけでは相手を傷付けるのです。


相手の意見を聞き、相手の立場を思いやり、相手を受け入れながらも 自分の意見を述べるのです。



そのようになるためには、

まずは 自分に自信を持つことです。


自分に自信を持つためには、自分に軸を持つことです。


自分に軸を持つためには、何かひとつ、一生懸命に打ち込めるものを持つことです。


スポーツでもいい、趣味でもいい、資格を取ることでもいいのです。


お料理でも洋裁でもなんでもいいのです。


何か、ひとつでも自信を持てることがあると 人は主張ができるようになります。


やはり、主張、自分の意見を言えることは素晴らしいのです。



だけど 時と場合があり、相手を思いやりながら。。。ということを忘れてはいけません。



自己主張は刃物に変わるからです。



自分の意見は 時として、人を傷付けると 自覚して 相手と接するのです。



そのように、相手を思いやりながら 自分の意見を伝えることができれば
相手はあなたを支配しようとはしてこないのです。


子育ては そのように育てていくのが望ましいのです。



自分の意見を言いながらも、相手の意見も聞き入れる。



それが 共存するということです。


それが 支配から身を守ることなのです。

意識レベルが上がるということは
ただ、数値が上がるだけではない。




今まで 嫌いだったものが好きになり


今まで 出来なかったことができるようになり


今まで 関心がなかったことに興味がわくようになる。。。



今まで 仲良くできなかった人と なんなくハグができるようになるんだよ。




それが 意識レベルが上がるということ。



叩いてくる相手の手を握りしめて、 手が痛いね。ごめんね。と言えるんだ。




それが、意識レベルが上がるということ。

目覚めるんだ!


手放すのだ!


気付きなさい!

と言ってる人こそ、癒されていないのです。。。




気付いていないのです。

わたしとあなたは、同じ。。。


それが、ワンネス


み〜んな、み〜んな 同じなんだよ


って言うけどさ


それで、何?


同じだから何なの?



人を攻撃することは、自分を攻撃することなんだよ。
やめようね。



そんなこと、言われなくてもわかってるよ。

わかってる。。。





ワンネス


と言うことは、



攻撃してくる人の真の痛みを知ることなんだと思う。



『同じ』


って


主張してくる人を、黙って包むことなんだと思う。。。


それが

『ワンネス』


同じということ。






自己主張する人は癒されない人。

本当に、癒されたら 自己主張は止まる。

このページのトップヘ