この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

2015年02月

現実を引き寄せる方法を先程 アップ致しましたが これは 朝方、メールがあり その返信を詳しくしたものです。


これは 人間的視点から書いています。



しかし


はっきり言って、最終的に この恐怖の観念を外すのは 難しいです。


しかし、外れるのです。


どうやって?


神の力で。。。



これは わたしもどう書いていいやらわかりませんが

人間が努力をしていると、ある日突然、前触れもなく


外れるのです。。。



わたしは 感情は、つけはずし、自由自在です。


自動的に外されたり、つけられたりしています。


その場所に応じて、つけられたり、外されたりしています。


未来の自分がわたしを操ってる とも言えます。


なんのために?世界平和のために。



今日のわたしは 何か変です。


何か、上昇しています。。。



見えない部分の上昇があり、身体がついていけません。。。


あっ心配は無用です。



しっかり、がっちり 地球さんに抱き抱えられて 上昇していますから〜


今日は 少し、どこかお山にこもるかもしれません。。。

現実を引き寄せる方法



現実を引き寄せることは、意外に簡単で難しい。


まず 目の前の現実を観てみます。


目の前の現実は あなたの潜在意識を表しています。


そっくりそのまま、表しています。


目の前の現実を変えたいと思ったら、
変えたいと思っている現実を引き起こしている潜在意識を変えることが必要です。




現実を見れぱ、自分の内側がわかります。



潜在意識にお金が足りないと思うと、お金がない現実を引き寄せます。


だから、潜在意識の『お金が足りない』という意識を変える必要があります。



変えるというか 外す。。。というか〜



そこで

観念浄化ワーク等で 潜在意識を変えて、ココロモチも変わったとします。


でも それでも 現実が変わらない場合があります。



それは


潜在意識からその観念が外れていないということなのです。



外れていたら、現実は変わるのです。



それが 引き寄せの法則です。



潜在意識は 忠実に、現実に表してくれます。


ほんの少しの汚れも映すのです。


嘘がつけません。



癒された、癒されたといっていても
心底、癒されないと 現実に投影できないようになっています。



だから

不安があると、不安が現実化されます。


だけど

自分としては向き合ったつもり、癒されたつもりでいると 人は勘違いするようです。



癒されたのに、どうして引き寄せられないのだろう!



まだまだ、癒されていないからです。



そんなときは、


自分はまだまだ、癒されていないんだ

と、自覚をすることなんです。



一生懸命に努力しているのに、まだまだ 癒されていない。。。


なぜかというと


それだけ、あなたは 辛くて苦しい体験をしたのだから。。。


辛いよ〜、苦しいよ〜という感情がまだ、想いを留めているから。。。



その感情が解放されないと、観念は外れないのです。



その辛い出来事で起こった感情を無視しては、観念は外れないのです。




だから

大切なことは、辛かった、苦しかった感情をないものとしないこと。


ちゃんと、しっかり感じてあげることなのです。




それが

現実を引き寄せることで 大切なことなのです。

胎内記憶の著者であられる池川明先生によると

子供は、人のためになるために生まれてくる

と言われていますが


人のためになるには、どうしたらいいかというと



その立場、立場において 自分のためになることをする

ことなんです。



小学生は小学生の勉強、遊びをする。


中学生は中学生の勉強、遊び、恋愛
高校生は、高校生の勉強、遊び、恋愛

というように段階を踏んで、成長していくことが大切なのです。


中、高と恋愛経験なくて 大学生になって 大人の恋愛をしてしまう人がいます。


それは、成長過程において、とてもよくないことで

中高とお手手つないで、遊ぶ経験をしずに、大学生になり 肉体関係を結ぶ恋愛をしてしまうと、魂は泣きます。


違うよ、違うよ〜って叫びます。

お手手繋いで遊びたいんだもん!
気付いて!気付いてよ〜っと叫びます。


だから 一緒にいても寂しくなるのです。


ただ、自転車で走り回ったり、野原を手を繋いで散歩したり。。。そんなことがしたいのです。


それを すっ飛ばして、大人の恋愛をするから 癒されないのです。



親は それを導く役目があります。



でも 親自体が、わかっていなくて 癒されていないから 子供を導くことができません。


それが この世界です。。。




幼稚園では、おままごとをして
小学生になったら、鬼ごっこ、缶けり、
中学生になったら 自転車で。。。



そんな成長をしてきた子供は ちゃんと 自分のためになることをすることで 人のためになることができるようになるのです。




今、癒しが必要と言われていますが それは、

成長段階において やり残したことがあるから それをやりなさいよって言うことなんです。


なにも 癒しで、アロマだ、ハーブだ とやりなさいということではないのです。



まだまだ 癒しが必要な人は


今までの成長において、やり残したことをしてください。



親に甘えてこなかった人は 親に甘える。


親に甘えれなくて、ご主人に甘える、パートナーに甘えるのもアリだと思います。


自分のパートナーが 怒りをぶつけてきたりする場合にも 甘えたいのです。

理不尽なことを言っているとわかっていても、甘えて 主張したいのです。


それを、してこなかったから。。。



そう考えると、相手の態度で、どんなことが癒されていないのかがわかりますね。


また、自分のモヤモヤした感情も

どの成長段階が癒されていないから、そんな感情が出てくるのかがわかると思います。



まずは


自分が何をやり残したかを探ることが大切です。



人間は 段階を経て、成長していきます。


そして 自立していくのです。


親が 子供を育てる場合には、 そこを導いていくといいですよ。


だから 子供とのコミニュケーションを取ることは、とても大切なことなのです。


思春期だから、話をしなくなった。


思春期だからじゃなく、


親が子供を 大人扱いするからです。

子供が中学生でも 親にとったら 子供です。

教え導くのは、親なのです。


思春期だからといって、子供を大人扱いしない!


子供の意見を大切にする。。。


たかだか、10年やそこら生きてきた子供の意見をそっくりそのまま鵜呑みにすることは
子供を尊重することではなく、子育ての放棄です。



それを間違えないように。




親が導けないと、子供は 困るのです。


だから、外で困るのです。


就職して、いじめにあうのです。



学生時代にもいじめにあうのです。



と 書き出したら、とまらなくなるので この辺で切ります。



いじめも。。。。


親が子供との関わり方で起こるということを覚えておいてください。



わたし、娘がいじめられた時に 担任に食って掛かりました。


まあ、、、、脅しをかけました^^



オホホッ(*^O^*)



まあ、ハシタナイ〃〃

自分らしく生きる


自分らしく生きていますか?


あなたは 自分らしく生きていますか?


あなたの自分らしさ って知っていますか?




わたしは、人の魂がみえちゃうのだけど
すなわち それが、自分なんだと思います。


わたしが 魂をキュキュと磨いてあげると 自分らしさが戻ります。



だれもが 素直な心を持っています。


気がつかないだけなんですね。


また、今 自分がやっていることがこれが使命だ!と、何かに導かれてやっていたとしても 魂的には、首を横に振っていることは 知らないように思います。


何かに導かれて。。。


あなたの感情に導かれているだけだったりする。

あなたのやりたい!ことは、本当にあなたがやりたいことですか?


自分らしく生きていますか?

自分のためになることが人のためになる



何かの記事に

何もやりたいことが見つからない場合には、人のためになることをしよう

と書いてあった。

人から喜ばれると、嬉しいし 生き甲斐にもなる。



一理あるなっと思った。

思っただけ^^


ピンとは、こなかった。


人から喜ばれると、そりゃうれしいかもしれないけど それだけ。。。


わたしなら


何もやりたいことが見つからない場合には
自分のためになることをしよう!

って言うと思う。


自分のためになることなら、頑張れる。


人のため、人のため と働いたところで 本当に、自分の心は満たされるのだろうか?


むなしいだけだと思う。。。


自分のためでもあり、人のためになることならば やりきれるだろうが
ただ、人のためになることを一生懸命にやれと言われたところで できるのかなあ。。。



人は 自分が満たされていれば、誰のためだろうと動けると思うけど

自分が満たされていなかったら、人のためにも、自分のためにも動けないもなんだよ。。。



だから

まず、人のことは置いておいて、 自分のためになることをしようよ!


それが


人のためになることなんだ。


だから
自分のためになることが人のためになる。

この世には、いろんな次元の自分がいて

感情が外れる毎に、いろんな自分が統合されて 意識がアップしていくのだろう。。。


アップ、アップ。。。



この新月で 良いも悪いもシフトしました。


世の中、全体がシフトして 古い次元が新しい次元に統合されていきます。


たくさんあるものが、ひとつに統合されていきます。



例えば、宗教も統合されていくでしょう。


また、教育の在り方も、統合されてひとつになっていきます。。。



一足とびではないですよ。。。



みんなみんな 誰もが、いろんな次元の自分と統合されていくでしょう〜


そのためには、感情の揺り動かしはあります。


わたしの昨日の揺り動かしは 古い自分の叫びでした。


もう、ないです。

昨日の自分はもう、いません。



いつも わたし と言っている わたし も変化してきています。



わたし が変わっています。



意識が変わっています。



地球の意識も変わってきているということです。



もう、昨日までの地球じゃない。。。



わたしも もう、昨日までのわたしではありません。

現実を生きるってね


できないことばかりにフォーカスして生きることではなくて
まず、できることにフォーカスして生きることなんだよ。


でもね

できることばかりフォーカスしていたんじゃ、バランスが取れないんだ。


相手がいるからね。


本当は、できることだけフォーカスして生きていきたいけど まだまだ、できないことにフォーカスして生きている人がいるから

そういう人たちからの攻撃から身を守るために、できないことを克服することが必要なんだよ。


個性を伸ばすってことは

できることを伸ばすことでもあるんだけど

できないことも できるように努力は必要なのです♪



何事も、バランスが大切だよ♪

人には、人から言われて ああそうなのかと、すぐに納得できる人と 言われても納得できずに 自分でいちいち確かめないと、進めない人がいます。



人から 言われて、すぐに受け入れられる人は 素直な人です。


しかし 人から言われても 全然、納得できない人は いちいち 自分で確かめてからでないと生きられない強情な人です。


どちらも いい、悪いはないのです。


いちいち確かめないと、前に進めないのなら、確かめればいいだけなのです。


その場合、自分意見、想いを大切にします。


一方、素直な人は 流される傾向があります。


どちらも、一長一短ありますね。



自分がどのようなタイプなを把握していればいいのです。



素直な人の特徴として、人や自分の周りのものからの言葉から、気付きを得ることが多いですし、サインも見逃しませんね。


一方 強情な方は 自分のわいてきた言葉を信じます。


わたしです。


だから、内観浄化に導かれたのです。


そして、グラウディングにも。


グラウディングしていない考えは、妄想です。


だから、妄想の中を進んで、 自分に繋がりました。


どう生きても、最終的には、自分に繋がればいいのです。

目の前のことに取り組みなさい、現実を見なさいと言われて
どうして、できないんだろうと悩むあなたへ


どうしてって


だって、楽しくないから。

現実を生きることが、苦しいことだと感じているから。


楽しいことなら出来るんだよね?


目の前のことを 一生懸命にして 楽しめたなら、
現実を生きられるようになるんだと思う。


だから、楽しいこと、簡単に楽しめてしまうことを探して、さ迷ってしまうのだろう。。。


目の前の現実を楽しめるように、生きたなら 楽しいんだと思う♪


どうやって
楽しめるように、生きられるのかな?




現実を生きられない人の特徴に、
自分の使命を探したがるというのがある。


目の前の現実をすることが自分の使命じゃない!
自分の使命はもっと他にあるはずだ!


そう感じて、探し求めて、現実を生きられなくなっています。


人は そうそう、大きな使命を持って生まれてくるわけではない。


乗り越えられない壁はないと言うように、器が小さい人には低い壁しか与えられない。


目の前の壁を乗り越えられないのに、大きな使命があるわけがない。


自分を過信し過ぎるってことだと思う。


だれでも、低い壁からスタートなんです。


大きな壁に憧れるよりも、低い壁を着実に 越えることが大切です。


目の前に、低い壁が用意されているにも関わらず、違う壁を探す。。。


目の前の壁は、壁です。

低いけど、壁です。



壁である限りは、乗り越えるべきもの。


それを 越えないと、あなたの探している大きくて魅力的な壁は、やってこない。


低い壁を越えると、楽しくなります。


乗り越えることが楽しくなります。


そうやって、楽しむために わたしたちは生まれてきています。

相手を思いやるということは、

相手の魂を信頼して、本人の立場になって考えて、本人が解決できるように導くことなのです。



と 書きました。


ということは、どういうことかと申しますと



人を導くには、心構えが必要になります。


それは


共感し過ぎないこと

ですね。



そして、自分の波動を落とさないように努めること。


これは、相手が頑張っているのに
自分は 波動を低くなるようなことをして 相手を乱さない

ということです。


今は、ちょうど 受験の時期です。


子供が頑張っているのに、親や教師が 波動を落とさないように努めることは大切ですし、心配しないことです。


心配は無用。


信頼すること。


大丈夫だと言ってあげる心構えが大切です。


できないことを見るのではなく、出来たことを喜び、ひとつでも 学べたことを喜びましょう〜


あとは もちろん、相手を信頼することです。


信頼するから見守れるのです。


見守れるから、手出し、口出し しないのです。


よけいな手出しは禁物です。


あとは、ON、OFFをつくることですね。


人は 一生懸命に頑張ることも必要ですが
そこから離れて、楽しむこと 笑顔になることも大切です。


緊張が緩みます。




ということで


今日は わたしはi神様のところで 人間脱いできます。



わたしが 人間脱ぐと、こうなるよ♪というのを 間近で見る Nちゃん♪の顔を見るのが、楽しみです〜


ワクワク♪ワクワク♪



あっ
i神様は、握手をしただけで パワーを入れてくれるわたしの妖怪友達です。

まあ、簡単に言ったら 解決に導くと言うよりも
解決させちゃう人です。

いけませんね〜

育ちません。



彼は 人間ではなく、妖怪だから それをするのです。


なので


そんなパワーをもらって解決できることはしてしまって、そのまた 上を目指す人にとっては とても有効なのです。


そのパワー頼りで、生きていくのは 危険です。


依存するから。


依存することなく、利用するのです。


それが 妖怪との付き合い方です。



だから わたしは、わたしを利用してくださいと言うのです。


わたしのブログを読んでいれば、波動は上がってきます。


フルネーム鑑定を受ければ、覚醒に導かれます。

ただ、それだけで満足することなく
高みを目指してください。



それが わたしの願いです。


わたしが指パッチンするば 覚醒スイッチが押されます。


憑き物も取れます。


セルフヒーリングをしなくても、わたしが さらさらと手で払うだけで オーラのクリーニングはなされます。


だけど そこで 満足しないでください。




それが わたしの願いです。

このページのトップヘ