この世界にあるすべてのものは感謝するために存在する

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

2015年03月

目の前のことに取り組むことは 魂の目的ではなく、魂の器造りだと申し上げました。


しかし、魂の器造りの延長戦に魂の目的はあるのです。



目の前のことに一生懸命に取り組むことが 魂の目的の近道になります。


一見、いろんなことをやっていたとしても

総括したものが魂の目的になります。



それは 職業とは違います。


例えば、運送業をされている人の場合


荷物を運ぶ
長距離運転する
お客さまとのコミニュケーション
などなど
ひとりで何役もこなしますね。



ひとりの人の目的は、運ぶ こと
もうひとりの人の目的は、長距離移動すること
また もうひとりの人の目的は コミニュケーション。


同じ職業でも さまざまな魂の目的の人が集まって働いているのです。


その職場で 趣味が同じ人と出逢うかもしれません。


そうしたら その趣味こそが魂の目的である可能性があります。



だから


魂の目的を知りたいときには、


今まで興味を持ったこと、仕事で どんなことをしてきたか 生きてきた全般を見るといいです。



ちなみにわたしは


今の仕事やフルネーム鑑定や家族、主婦、子育てが 魂の器造りの基になっています。



総合的に 魂の目的は『育てる』です。

あと 『立ち話程度での魂の調整』です。


この『立ち話程度での魂の調整』は、仕事先でも遊びでも家族といても どこでも何をしていても 誰に対しても
わたしに関わるすべての人に行っています。



だから
気軽に、メールしてね♪と言っているのです。


コメントのやり取りの方や 電車でたまたま乗り合わせて隣同士になった方、レジのおばさん、目の前を歩いている人。。。


すべてです。



昨日 二見興玉神社のカエルさんをナデナデしていまして
わたしのエネルギーを置いたすぐに 隣のおばさんの手を握り、カエルの頭の上に乗せてあげました^^


いろんなことをしています♪



わたしは

わたしに関わるすべての人の魂に責任を持っています。



それが アセンション地上要員としての責任です。


何も 難しいことをしているわけではないのですよ♪


職業としてやっていなくても わたしはわたしのやり方で 地球のアセンションを牽引していきます。

3月24日前後から 魂が騒がしい。


魂の衝動が押さえられなくなっている。


そんな戒めのために『魂と魂の器の関係1、2』を書いたのだけれど。


魂の衝動が悪いと言っているわけではないのです。



魂の器がしっかりしていないと、暴走し過ぎて、結果 肉体がダメージを受けることになるのです。



魂の器はブレーキの役目で魂はアクセル。




ブレーキが甘いと、ぶつかり怪我します。



だから バランスを取りながら、進んでいくのがいいのです。



進んでいくのです。

進んでいくのです。




目の前のことに取り組むのは、器造りのため。


魂の目的じゃないのです。



魂の目的は魂が知っている。


魂が知っている。

魂が覚醒したら 覚醒した分だけ 器を大きくする必要がある。


だって 魂は活発になるから。


魂の衝動に主導権を握られたら、肉体がいくつあっても足りません。


魂が覚醒すればするほど、器造りが忙しくなります。


そうです。


現実的に、
目の前のことに取り組むことが 器造りになるのです。



目の前のことに取り組むことが大切だという意味がわかりますね?



目の前のことに一生懸命に取り組むことが 器を造ります。


一生懸命の矛先を間違えないでと わたしはいつも言いますが

一生懸命の矛先を間違えると 一生懸命に取り組んだのに、器は大きくならないのです。



一生懸命の矛先を間違えないように 目の前のことに取り組むことが器造りのこつなのです。



器が出来てきたら、魂は悠々と活動を始めます。

それから、この地球に生まれてきたお役を果たすのです。



それまでは 皆、器造りを致しましょう。




しかし、一度、魂の衝動が起こったら、魂は器の言うことは聞きません。


飛び出します。


昨日のわたしのように。。。


魂の衝動を起こさないと、器つくりもさせません。


そこは、両者の話し合いが行われます。


魂が納得したら、器造りがなされます。




このように

器は魂をグラウディングさせる役割があります。




まずは

地球に繋げて、落ち着かせてから 器造りをしていきます。


だから

目の前のことに取り組む前に、グラウディングをして地球に繋がるのです。

-
魂的には

魂はただ、魂のやりたいことをしたいだけなのかもしれない


だけど

魂を入れる器的には

肉体を維持していかなきゃいけないから
まず、仕事をする必要があるんだね。



仕事は

肉体を維持するためにすることなんだなあ。。。



この地球では 魂に肉体をまとっているから


まず、考えることは


肉体を維持することを第一に考える必要がある。

それが優先順位だ。


魂の衝動だけでは生きていけないから。


肉体を維持するために、魂の器をつくったり、大きくする必要があるんだなあ〜



人間として生きるには


魂の衝動を感じて生きることよりも
魂の器をつくることのほうが大切なことなんだと思う。


魂の器ができていないのに、魂の衝動だけで生きていこうとすると 早死にする。


魂の器ができていないのに 覚醒すると トンデモな人間になる。



でも

今のスピリチュアル業界は 魂を覚醒させることに重きを置いているような気がする。


魂の器ができていないのに、 覚醒したとしても 人間として通用しないんだ。


今 宇宙からエネルギーが燦々と降り注がれていて 魂が覚醒していきやすくなっている。


だから

ほかっておいても覚醒する。


だから 魂の器を大きくすることが必須なんだ。。。



魂の器を大きくするには、心を鍛えること、心を強くすること。


忍耐力をつけることが大切です。


だから 仕事をして忍耐力を養うことはとても大切なことだし、家族の中で 協力しあって生きることは とても大切なことなのです。



人は ひとりで生きていくために生まれてきたのではなく


協力しあうことで 魂の器を広げていくために生まれてきたと思います。



そのために

思いやりの心は大切ですね。

執着していることやこだわりを手放す。


感謝して手放す。



今まで、負の感情だった執着やこだわりが
感謝をすることで 光りに変わる。


光りに変わることで 手放した、と言われるけれど 実際には 光りとなって、自分を守ってくれる存在になるのです。



遥か彼方に行ってしまうわけではなくて

光りとなって、そばで見守ってくれる存在になるのです。



感情とは、エネルギーです。


だから、負の感情があるとなげくのではなくて
光り予備軍があると思えばいいんじゃないのかなあ〜



いずれは 光りになって、自分自身を守ってくれる存在になる執着やこだわりはありがたい存在といえるでしょう。




だから、どんな感情にもありがとうですね。

以前のわたしは



何物かに憑依されたり攻撃されたりすると


逃げたり、怒ったりしていました。


それを過ぎると、気にならなくなりました。


そこで 終わりかな?と思っていましたが


次は


憑依されても攻撃されても


許せるようになりました。



受け入れる=気にならなくなる

だと思っていましたが、違うのですね。



受け入れることは許すこと。




体験しながら進んでいます。

さ迷い歩くのは、


グラウディングできていないから。



グラウディングって 地に足をつけること。




地に足をつけた考え方ができないから、さ迷い歩くのです。


地に足をつけた考え方って物質主義とも違うのです。




グラウディングワークをして
グラウディングコードが地球に繋がると


身体がドシッとして、腹が据わる状態になるのです。



そうなると 自然と、自分の考え方もどっしりした考え方になります。



湧いてくる考えや言葉が変わるのです。



自分のことしか考えられなかったのに、客観的に物事を考えられるようになり 相手の立場を思いやる言葉が出るようになります。



グラウディングワークをするだけでわき上がる感情が変わるのです。



たまには 怒りが出てくるときもあります。

だけど、わざわざ人に言ったりしないのです。

だまっていられます。



また、人のことが気にならなくなる。。。と言われますが
それは 意識がそこにないから。




グラウディング出来ているということは


意識はそこにあるのです。


意識はそこにありながら、許していられるのです。

いつも、『いいよ』と言って 笑っていられるのです。


人は本能の上に、感謝の心、反省する心、敬意の心 をまとうといいのだと思う。



わたしが 感情をはがせるだけはがしたときには
自分が本能だけの動物になった気がしました。


内観浄化を繰り返し、究極 自然と繋がると 本能がよみがえり 自分勝手な人間になります。


内観浄化というのは、自分だけを深く深く見つめていくので、自分勝手な人間になるのです。


自分の魂に感謝、自然に感謝の状態です。


自分自身が自然と一体になった状態です。


その後、 『相手を思いやる』という実践を始めました。


『相手を思いやる』という実践は、


『感謝の心、反省する心、敬意の心』


を育てます。




わたしは

一旦 ほとんどすべての感情を取り外して
本能だけになり
『相手を思いやる実践』で 『感謝の心、反省する心、敬意の心』を 自分の内側からわくように努めました。



覚醒する、覚醒した

という状態は、

人間を本能だけにしてしまうことで、
自分がやってきたことですが あまりお勧めはできません。



この世で生きていくには、覚醒することよりも 人を思いやることの方が大切だと思うからです。




だから

ただ、覚醒した人の話しはあてにはなりません。



覚醒していても、していなくても


『感謝の心、反省する心、敬意の心』


がある人の方が 人間味があり 信頼できるものです。



だから 最近、わたしは内観をし過ぎないように 注意を促しています。



感謝の心、反省する心、敬意の心を 常に持って 生きていくのが 人として生きる道だと思うのです。

でも、自分自身に繋がることと 相手を思いやることのバランスが取れているのが bestだと思います。


だから
人は本能の上に、感謝の心、反省する心、敬意の心 をまとうといいのだと思うのです。

わたしは 自分が何者であるかを知ってしまった。


自分の力が如何程なものかを知ってしまった。




人間が謙虚さを突き詰めていくと、
本来の力が甦るんだ。




その力が 地球のためになる。




自分に繋がらずに、スピリチュアルなワークをしている人に知ってほしい。


それは 自分の本来の力でないことを知ってほしい。


たまたま、ヒーリングができるとか どこそかの存在に繋がって できる ものとは 違うんだ。




さっき ひろみさんのコメントに 地球の意識レベルは1000って書いてあったけど
そのレベルの力を得るということなのです。



自分に繋がってください。




だから 謙虚さの欠片もなく 覚醒したと言っている人たちに 惑わされないようにしてほしいです。


その力もなく、エネルギーを扱わないでください。


迷惑です。


これ以上、わたしの仕事を増やさないでいただきたい。



真に自分自身に繋がらないと、その力は得られません。



地球を救おうとするほどの力は得られないということです。



わかってください。


わたしは地球を守る義務がある。



宇宙から、未来から来ました。



愛する地球を守るために生まれてきました。


わたしは 自分がわからなくなると、自分の記事を読み直します。



責任感と謙虚さについてわからなくなりました。



今、わたしは アセンション地上要員としての責任感を感じています。


一方で 今のわたしは謙虚さがないのではないか?と 自分がわからなくなっています。



アセンション地上要員としての責任感は 元々、昔からあったように思います。


なぜだかわからないけど、それが 常にベースにあったから スピリチュアルに導かれてきたのだなあ とわかりました。


2013年ごろから、覚醒してきて 謙虚さがわかるようになってきました。


気づきとは、謙虚な心から生まれるものなのです。


たくさんの気づきを経て、謙虚さに気づいていくのです。


謙虚になるって
自分の殻を破らないとできないことなのです。



気付きを得るたびに、懺悔をするのです。


生かされていてありがたいと感じるようになるのです。


自分はちっぽけな存在だともわかるのです。


ごう慢さがある場合には、このような思考にはなりません。


自分はちっぽけな存在だから 自分の頭だけで考えて生きていけるわけないと思うのです。


真摯に、地球に身を委ねようという気持ちになるのです。


人の意見を聞こうという気持ちになるのです。


学ばせていただこうという気持ちになるのです。


そうすることで、地球に繋がり 守られてきます。


すると、安心感が生まれます。




それが グラウディングできている状態であり、地球に繋がっているという感覚なのです。



その安心感があるからこそ 自信ができる。


それが
自分を愛するってことなのです。




わたしは

自分のベースにアセンション地上要員としての責任感が常にあるがゆえに、 地球の意思を感じると いたたまれなくなります。


想いが地球寄りになります。


人間を忘れます。


謙虚さを忘れます。




人間は 神にはなれない。。。


とずっと、言ってきました。


神に近づく努力をすることはできると。。




でも わたしは 自分の奥にある 自分の力を知ってしまった。



この力で 地球の次元上昇を助け、人間の覚醒を助けることができることを知ってしまった。



逃げられないんだなあ。。。




上から目線になることをお許しください。


この責任感を持って、償わせてください。




人は 気付きを得れば得るほど、謙虚になるものですが それと同時に 自分が何者であるかを知るのです。

このページのトップヘ