この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

2015年08月


人間は 自分の過ちに気付き、素直に謝ったら許されるものなんだよ。

だけど

人間は愚かだから、見栄を張り 意地を張り 自分の力を見せ付けようとする。

それよりも

素直になり、正直に生きたら
神のご加護がいただけるのにね。。。

素直さって大切だよ。

強い意思、勇気がなくても 素直さだけで 生きていけるものなんだよ。。。

苦しいことがあっても

辛いことがあっても

情けないと感じることがあっても

素直さがあれば、神様は見捨てない。

自分ひとりでやっていく!という強い意思を持たなくても 守られるものなんだ。

素直で反省する心

そして、学ぼうとする心さえ あれば、神様からのご加護はいただけるのよ。。。




地球はそう思ってるの。

神様はそう思って、見守ってるの。




祈りとは


心の中の濁りをクリアにして行うものです。


心の中に 人を裁く心、憎む心、羨む心、があったら その祈りは 神には届きません。


身を清め、心を浄めてから行うものです。



平和を願うなら、まずは 心を浄めてください。



天の采配を信じて、自分も信じてください。



愛を持って祈りを捧げてください。




世界中の人々が平和に過ごせますように。

日本は古来、天照大神を主神にしてニニギノミコト、神武天皇の血統を継いで、天皇制を貫いてきました。



これは 天皇陛下が神であることなんです。


日本神話は神話という物語りになっていますが 天皇陛下は実在します。


ということは、日本神話は、事実だということです。




だから

天皇陛下は神と言えるのです。




しかし

いろいろ取りざたされている通り、天皇の系統はねじ曲げられています。

南北朝の戦いや大正天皇暗殺事件などで 今の天皇陛下は 天照大神の血筋ではないでしょう。


歴史はねじ曲げられていますから。



しかし
どこかに、日本神話から続く神の血統は存在します。



天皇制というのはそれを表しています。


だから
戦争の時には お国のため天皇万歳と 自らの命と引き替えにして亡くなっていったのです。



神はすべて観ています。

お見通しです。



そして

そろそろ その神が姿を現される時が来ています。


結局、ユダヤは それを恐れているから
アメリカ等を使って 日本を潰しにかかっているんです。。。



神が現れたら、人溜まりもなく、消されてしまいますから。。。



猛烈な勢いで、日本潰しをしてくるのでしょうね〜


神様は 素直で謙虚で勇気のある人が大好きです。


三種の神器というのは 素直さ、謙虚さ(反省する心、学ぶ心)勇気のことですよ。



覚えておいてください。

人それぞれ、幸せの定義は違います。



何故、違うかと言うと 魂はワンネスですが生きる目的、観点が違うし、意識が違います。


皆、同じ意識ではありません。


また、同じ人でも、その時の意識で幸せの定義が変わります。



意識が変わると幸せの定義が変わります。



物質的に豊かになることが幸せだと感じている方は そのような人生を送ります。


その幸せを追い求めます。



それはその人の人生です。


誰かが決められることではありません。




最近では
物質的に豊かになることよりも心豊かに生きることを望まれる人々が増えてきています。



それは 人々の意識がそのように変化してきているに過ぎません。



良いも悪いもありません。




しかし、心豊かに生きようと意識している人は 物質的豊かさを求める人を批判する人もみられます。


それは???です。


自分だけ心豊かに生きればいいだけです。


他を巻き込まなくてもよいのです。



自分が良しとしたことでも、他者が良しと感じなくてもよいのです。


ただ、自分が良しとしたことと同じ想いの人と 交流していけばよいだけで 批判することではないのです。


そして、自分の意識と同じ意識に変化した人を喜んで受け入れていけばよいのです。




人は自分の速度で、意識が変わっていくものです。



相手を受け入れるということは
相手に対する一切の感情を外して、ありのまま、そのままの相手を 見つめて、受け入れるということです。



そして 見守るというのは
遠くから見守ることではなく、
手を差し伸べることが出来る位置で じっと気にかけているということです。


隣でぼけ〜っと 突っ立っていることではありません。




まずは 自分と相手との違いを自覚して、それを受け入れて、認めることが 幸せの第一歩なのです。

そして その後、自分個人の幸せを求めたり 追求すればいいのです。



相手との意識の違いを素直に認める、ジャッジしないのです。


ジャッジしようとするから 自分の感情が動くのです。


相手との違いを認めていれば 心は動きません。




わたしたちの魂は元々、ワンネスで 繋がっているので

心の奥底では、
『わたしたちは同じなのに。。。 どうして?』
という 疑問がわいてしまうのです。


これは 仕方がないことなのです。


だけど 仕方がないから、と わたしたちは同じだから。。。。という想いでいたら 前には進めないのですね。


前に進むためには、まずは切り離して考えることが必要なのです。



分離していることを自覚することが すごく大切なのですよ。



成長するためには、分離している意識が必要。



ただ、それだけ。


覚えておいてくださいね。



わたしたちは

魂はワンネスですが生きる目的、観点が違うし、意識が違います。


皆、同じ意識ではありません。


だから、それぞれの幸せの定義が違うのです。




しかし

人が 皆、違いを認めて 成長していったなら
幸せの定義は同じになります。



同じ幸せを感じて生きていけるように、お祈り致します。

メールアドバイスや 日常生活において 人と話をして感じることは、皆 それぞれ 自分の価値観、世界観で生きているんだなあ ということです。


それは 良い悪いはなくて、次元でも表されます。




話しているだけで その人がどんな生活をして どんなこだわりがありどんな次元を生きているのかわかります。


そんな中で


世間的に、成功していると言われる方々もみられますが

そのような方々は、ある種独特の次元を生きておられるなあ と感じます。



と言いますのは


世間的に成功していると言われる方や自分に自信がある人は、ある種の軸があり、持論を持っています。



そのこだわりがベースになって その人がつくられているので
そのこだわりが 良いことのように話をされます。


そして、そのこだわりを押し付けてきたり

わたしをそのこだわりという色メガネで観てくるので

わたしとしても困惑してしまいます。




わたしの頭の中は???マークでいっぱいになってしまい 話しについていけなくなります。



そうすると わたしは バカとかアホとか烙印を押されるのです。



勝手に、アホの烙印を押されるわたしって。。。(:_;)





アホでもバカでもどちらでもいいですが



そのこだわりがあって生きてきた人にとっては なくてはならないものなのでしょうね。




わたしは それを指摘もしませんし、傍観視しているだけですが
そのような方々は 自分を振り返る、反省する ということがないように思われます。



その分 魂の成長が遅いですね。



だから

この世界で 一般的に、成功すると言われることと 人間的成長はイコールではないですね。



お金はあっても心が豊かでないのは、不幸に感じます。



心が豊かになると、金銭的にも恵まれるようになりますが
金銭的に豊かになっても心は豊かにならないね。

今まで 自分の魂の成長のために 出逢ってきたソウルメイト。。。 例えば、家族や友人など。



そのソウルメイトと向き合うために、心の葛藤を引き起こしたり、病気になったり していますが



そこをなかなか、越えられない人のために

最終兵器ともいうべき、最も魂が近いとされる 魂の家族に出逢う方々が増えています。




ソウルメイトとの関係で起きている 乗り越えるべき事


それは 魂の家族に出逢った その愛で 急激に溶かされるのです。



急激に癒されるのです。


今まで どうやっても 乗り越えられなかったエネルギーが、魂の家族に出逢って 外されるのです。




魂の家族といった

自分の魂に最も、近いとされるエネルギーに出逢ったなら
乗り越えるとか乗り越えないと言った 3次元的意識は いらないのかもしれません。




今まで どうやっても、乗り越えられなかったのに その愛を感じたら、一瞬のうちに 癒されてしまう。。。



急速に、そんな自分に近しい魂に出逢う方々が増えています。



そんな方々は 本当の魂の家族なのです。



この世での家族はソウルメイトですが
それとは別に、魂の家族がいます。



魂が求めるのです。


辛いよ、辛いよ。。。と求めるのです。

だから、引き寄せられる。
否応なく、引き寄せられるのです。





愛するわたしの家族。。。



この世界の家族は 言わば、魂を成長させるための家族と言えるでしょう。。。



あなたも 魂の家族に出逢う時が近いかもしれませんよ。。。

このページのトップヘ