この世界にあるすべてのものは感謝するために存在する

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

2015年09月

今まで 生きてきて思うのは、覚醒したとかしてないとか アレは、たいしたことじゃないなっ



また、ありのままの自分を見つめるってのもなんだかなあ〜



本当に生きていく上で大切なことは


思いやり


相手を想う心


相手を認めるだけではなくて、


相手を想う。。。


認めるだけ、違いを認識するだけなら、サルでもできる♪



人間なら 相手を認めたら思いやるんだよ。。。


自分と相手との違いを認識したなら 相手の立場になって考える、行動する。。。



それが 思いやり、


感謝を表すということ。



ありがたいと本気で思っているなら
身体が自然に動くものなんだ。



自然に、頭が下がるし 手も足も身体も頭も動くものなんだ。




人は そうなるために生まれてくると思うんだよ。。。



この世界に生かされて、ありがとうございます。

これも 今朝、ダウンロードされたものですが
言葉が繋がっていないですが そのまま、出しますね。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


深い、深いところの癒しが進まないと 目覚めてはいけないんだ


だから 目覚めよう!と無理矢理 目覚めさせるものではないんだ


しっかり癒されないと 人は上がれないのです



本来なら 癒やしがされれば 人は起き上がれるものだけど
癒やしが足りないから、そのままそこに留まってしまう。

それは、仕方がないことなの

でも 自分がわかっていること、
まだまだ 自分は癒しが足りないんだ とわかっていることが大事なの


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪




結局、わたしがいつも言っている 自分が居る位置が大切だということですね♪


しかし、先記事もこの記事も エネルギーを感じてください。


なんとも、もわわん としたイルカが寄り添ってくれているようなゆったりとしたエネルギーです〜

コメントにも 書きましたが、自分探しがいけないと言ってるわけではないのです。


自分探しと親業のバランスが悪いのです。



子供をほかっておいて、自分探しに没頭するのは、どうかと思います。


その人にはその人の器というものがあります。


その器を持ちながら、親業をおサボりしている人が多いのです。


ひとりひとりが出来る能力って 差があります。


皆、それぞれ 基準が違うのです。


違っていいのです。



自分の能力の出来る範囲で一生懸命になるのです。



わたしの記事を読んで、責められている気分になったり、わかっているのに できない人がいることも わたしは知っています。


責めなくていいの。



自分を責めるために書いているわけではないのよ。



自分を知ってほしいから 書いてるだけです。



自分が今、どこにいるか、どの位置にいるか。。。

それさえ分かれば、人は上がれるのです。




立ち止まっているなら、歩き出せばいいだけなのです。


足踏みしているなら、一歩 前に足を出すだけなのです。

不思議だなあ と思うことがあるのです。


わたしは 人とそんなにいさかいを起こしたことがないのです。


でも、周りの人の話を聞くと
裏切られたとか騙されたとか わたしからしたらあり得ない話を耳にします。


事実は小説より奇なり〜

びっくりしちゃいます。

どうしてそうなるの?


聞いてみると、大概が 皆、相手に対して礼儀がないのです。


相手を尊重しない。

最初から疑ってかかる。
わたしからしたらどうしてかわからないです。。。



わたしに対しては 大概の人は親切で優しいです。

あの人は怖い人だ と言われている人でもわたしにはそんなことないですし、他の人にはキツい言い方をされる人でもわたしには優しいです。



それは、わたしは人を疑ってかからないし、裏切らないし、礼儀を尽くすから なのだと思います。


相手の言い分ばかりをのんで我慢をするわけでもないです。

言いたいことはハッキリ言いますしね。



わたしは誰に対しても同じに接します。


誰の意見もきちんと聞きます。

そして、わからないことはきちんと聞いて あとは信用します。


自分が間違ったことはすぐに正して、謝ります。


相手が間違ったことは正します。


でも、相手に対してそうそう失礼なことはしないです。


人を不愉快にさせるって自分にも嫌な気分になることだから。。。


たまに、わざとすることはあるけどね(それは、別物)




礼儀って社会のルールなんですよ。


朝、起きたら おはようとあいさつするのは当たり前だし、人から何かいただいたら ありがとうは当たり前だし 人を傷付けたら、ごめんなさい というのも当たり前です。




礼儀って当たり前のことなんですよね。



それができない人がトラブルを起こすのかなあ と思います。



先日、娘が海外から帰ってくるので 空港の到着ロビーで待っていたら 学生が わたしの隣に座っているおばあさんに カメラを渡し、写真を撮ってくださいとお願いしていました。

ボタンを押すだけでいいから と言って カメラを渡して 撮ってもらったら、写真がぶれていたらしく

学生はおばあさんにお礼は言ったものの あり得ね〜 っていい放ったんです。

わたしは思わず、「失礼な人だなあ」と口にしました。

ありがとうございますなら、ありがとうございますだけでいいじゃないか!
笑って あり得ね〜 ってどういうしつけされたんだか(@_@)


これがわたしの娘なら、往復ビンタで済まないです。




嫌な世の中だわ



結局、自分に礼儀がないから、礼儀のない現実を引き寄せるのでしょうね。



人には丁寧に親切に接したいものです。


憧れが、憧れだけに終わらせないようにするためには、

何かを成し遂げるには、一足飛びに できるわけではなく、まずは できることから始めましょう。



努力をすれば必ず、叶います。


努力ができないのは意思が弱い証拠。
また、本当にやりたいことでは、ないのかもしれません。



人は 本当にやりたいことなら、努力はできるものなのですから。。。

ピンチはチャンスというけれど

ピンチはその方向が間違いだと知らせるために、ピンチになるのです。



そして、そこで 修正するから、チャンスに変わるのです。



だから
ピンチやトラブルは当たり前のことではなくて、

ピンチやトラブルが起こらないことが当たり前なのです。




ピンチ、トラブルに見舞われないためには、日頃から きちんとした生活を心がけることです。

平和を祈るなら、最低限の思いやりを持ってください。




他者への思いやりのなさが 日本を破滅に向かわせています。



ひとりひとりの相手を思いやる行動が 日本を平和に導きます。




今、何をすべきかは 目の前の人に思いやりを示すことです。


損得なく、尽くすことです。


目の前の人を大切にしてください。


自分が育ってきた環境を否定しないでください。

わたしたちは、ご先祖様の代表で生まれてきているのです。


自分勝手なふるまいは、ご先祖様に逆らう行為です。

祈る行為ではないのです。



足元を見て、目の前の人を愛してください。


思いやりを持って生きることが、平和を祈る姿です。

教えられないとわからない子供は


教えられていないとわからないんだ!

と主張するのではなくて、
わからないから教えてくださいと

言えるように、育てることが大切ですね。。



親子間では、いちいち言葉に出さなくてもわかりあえることが 社会に出たら、わかりあえないことが多いです。



だから
社会に出た時を想定して、子育てをしていくことが望ましいです。



子供はペットではないのだから 甘やかす、可愛がる だけではなくて
自立できるように育てることが必要ですね。



また、
大人になっても 未だに、自立できていない人が目立ちます。


そういう方こそ、自分を省みないといけないのですが
自分勝手に生きているのが目立ちます。



育てる親がいなくて、自立できないまま社会に放り出されれる方もいらっしゃいますが

守られているにも関わらず、親の躾がわからず、きゅうくつで 社会に飛び出した方もいらっしゃいます。




何が悪いではなくて


このようなことを社会全体で考えていける世の中にしていきたいものです。




誰もが、素直で優しい気持ちを持っているものです。



そこを わかって、尊敬尊重していきたいですね。

結局、

できる人は 推し量ることができないし、
できない人は 教えてください とへりくだることができないのです。



だから、上下関係ができたのだと思います。



教えることができない人。 威張る人。

また、教えを乞うことができない人。卑屈になる人。


そこに競争意識が加わったら、よけいに 教えないし 教えてと言えないですね。



日常の家庭生活で学ぶことはたくさんあります。



家庭で学べるか学べないかの差が 社会に出て 大きく差が出るようです。


家庭で教えられていないと、社会に出ても出来ないですから。。。



これは 受験受験と 競争意識を持たせたり、家族の会話がないことが要因でもありますね。


社会全体の問題ととらえるほうがいいと思います。



また、今は すぐに 病名をつけたがる傾向がありますが グレーゾーンと呼ばれる子供は もしかしたら、家庭の育て方が問題なだけで 病気ではないのかもしれませんよ。


親のふがいなさを棚に上げて、病名をつけて安心しないでください。


子供を思いやる心 生きていてくれるだけでありがたい との想いを思い起こしてください。



親が子供を愛しい、と思う心を思い出してください。


その想いを思い出したら、どのように育てたらいいのかわかると思います。



親が子供から教えてくださいとかありがとうございますとか言われないと教えられないのは論外です。


親の愛は条件付きではないはずですから。。。

理由がないとわからない。

腑に落ちないとわからない。



わたしのブログは 見える世界、見えない世界のことも 詳しく書いているつもりなので だいたいがわかってもらえるとは思いますが それでも納得できない方もいらっしゃいます。


それは、わたしが書いてあることを 自分のことと照らし合わせて考えることができない からなのですね。



だから 引き寄せの法則や宇宙の法則を知っても 応用ができない。


応用力がないのです。


だから、個別に 引き寄せの法則や宇宙の法則を使って お話しをさせていただいて やっと、書いている意味がわかりました と言われるのです。



わたしは昔から 素直さがない!と言われて 姉と比較されて 育てられてきました。


これは 素直さがないというよりも 説明されなきゃわからない、腑に落ちないと進めない からだったんだなあ と思います。



わたしはこの

理由がないとわからない
腑に落ちないとわからない

せいで、大変苦労をしてきました。



親は、元々 素直な人だったのでしょう〜

ツーと言えばカーという関係が普通だと思っていたのかもしれないですが こんなへんてこなわたしが生まれて ツーと言ってもわからない、いちいち説明しなきゃわからないのは とても、異質で面倒な子供だったと思います。


わたしみたいな

理由がないとわからない、腑に落ちないとわからない という人は 多いと思います。



理解するのに、すごく時間がかかります。


でも 一度、理解したら忘れません。



素直な人と素直でない人ってこういうことかな?と思うのです。



説明するのに日が暮れる。。。


勉強も同じかなあと思います。



わかるまで教える、身に付けるまで教える



誰もが、皆 素直なのです。


でも わからないだけなのです。


腑に落ちないと、進めないだけなのです。




当たり前のことを当たり前にすること。。。


これができる人と、できない人がいる。



それは その人が当たり前だと気付かないからなのです。


朝、起きたら お掃除をすることも おはようとあいさつすることも

日常の当たり前のことですが

一般的に当たり前だと思われていることが 日常において教えられていないと 当たり前にできないのです。

それが、躾かなあ と思います。



わたしは 躾の中で 素直じゃない!と比較されて育てられてきました。


わからないことは説明されなきゃわからないのに、説明ないまま 強制されてきました。


親からしたら 強制ではなくて、当たり前だから だったと思うのですが 子供にとっては 怖いことだったのです。

だから、卑屈に育ちました。



結局、当たり前のことが当たり前にできる人は、できないと言うこと自体、理解できないことなのです。

そこに罪はないけれど、できない人を慮ることは必要なんだ と思うのです。


バカにするよりも、慮ることが 大切なんだなあ と思うのです。




自分はそれが当たり前のようにできても 当たり前にできない人がいる。


それなら、どうしたらいいか?

を、誰もが考えられる世の中にしていきたいですね。



できる人の集団の中にいて、できない人をバカにする人も少なくありません。


常に、裏を見て生きていくようにしたいものです。

このページのトップヘ