この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

2015年11月

82340c42.jpg世界では、テロがあったり 外側はオドロオドロしいのだけど わたしの内側はとても安定していて、このままでいいのです とのサインが送られてきています。



自分の内側に居ることが大切だと、いつもいつも、言われています。



わたしが どれだけ疑っても、質問しても同じことを言われます。



そしてまた、これからは 益々、輝かしい未来が待っているとも言われるのです。


だけど わたしはテレビに映るパリのテロ事件を観ると、戸惑ってしまうのです。


しかし、恐怖は感じられないのです。


まるで 自分とは違う星の出来事のように捉えている自分がいます。



亡くなった方々を想うと、涙が溢れますが そこに恐怖は存在しないのです。



亡くなった方々のご冥福をお祈りします。



わたしの光りを込めて、お祈りします。

愛とは、自由を与えること

だそうな♪



言われてみれば、そうだ。


わたしは 自由を与えてられている。



でも その自由というのは、神様との約束を守ってこそなんだ。



わたしがどうして

何をしても許されているかといったら

決して、神様に背いたことはしないからなんだよ。



神様との信頼、
魂との信頼 があるから、許されているんだ。




魂の自由意思というのは、魂との信頼関係ができているという前提で言われていることで
魂との信頼関係ができていない時には その限りではない ということだな。


だから

愛とは 信頼関係が前提にある上で自由を与えることなのだと思います。



だから

わたしは


愛とは

信頼すること。

守ること。

抱きしめること。



なのだと思うし、実感しています。


まあ、わたしの窮屈な愛をどうぞ♪って感じかしら〜



さっきも 娘をヒーリングしていたら、


お母さんは電気クラゲみたいだ〜 だと(:_;)




坊主と言われたり電気クラゲと言われたり さんざんなわたしです。


世界がおかしい、なんかおかしい

と気付いている人は増えていると思います。


そしたら 気付いたならどうしますか?


どうするべきだと思いますか?


戦うのか?

逃げるのか?

知らないふりをするのか?



何が起こっても、すぐ目の前にあることに意識を向けることです。



足元がシッカリしていないのに、外側に目を向けるなんて 軸のない人がやることです。



目の前に起こる小さなことにすぐに取り掛かれない者に、大きなことはできません。



少し、考えればわかることです。



浮き足立つ、勇み足ほど 役に立たない者はないのです。



本当に この世界のことを考えるのなら

毎日の生活を規則正しく過ごすこと。


自分の身の回りのことをきちんとできること。


人の話をじっくり聴くこと。


足手まといにならないこと。


いつも、周りの人に親切にすることです。




人のお役に立ちたいのなら、それが基本です。

スピリチュアルなこと(ヒーリングやリーディングやツインソウル等)に関心を持つと、その話しができる場所に行って、同じような仲間ができると思います。



そういったおしゃべりは楽しいし気楽です。



一般的にはまだまだ、受け入れられていないから そういう場所に出掛けて話をすると思うのです。


自分の悩みを話し相手の悩みを聞き、おしゃべりします。


話をして聞いてもらうだけで、心が軽くなる方もいるでしょう。



そこは、癒しの場。



自分の好きな場所。



だけど、そこは現実世界ではないのです。



あなたにはちゃんと帰る家があり戻る現実があるのです。



現実を歩むために必要だというのなら、それもいいでしょう。


でも、その場所を逃げ場所にしていませんか?


また、あなたは逃げ場所を提供していませんか?



現実から逃げたい者と逃げ場所を提供する者。



提供する者がいるから逃げ込む者がいる。



わかって提供していますか?



現実逃避場所を提供しているのではないのでしょうか。。。?



そこに行けば、前を向いて生きれるようになるのでしょうか?



そこに漂ってしまうのではないのでしょうか?



ヒーリングやリーディングは、自己判断で と聞きますが 正当な自己判断ができる人はそうそう行かないと思います。




提供される方は現実逃避の片棒を担いでいるに過ぎないと思うのは、わたしだけでしょうか?



人を幸せにしたいと想う気持ちがあるのなら、自立させようと考えるのが 人の道だと思います。

宇宙的な愛


無条件の愛


無償の愛




そんな愛を求めてさ迷う。




ここは、地球。



二元性のある地球。



善があれば悪がある。


白があれば黒がある。


喜びもあれば悲しみもある。



ここは地球。



地球には地球の愛がある。



執着も嫉妬も憎しみも悲しみも 愛が変化したものなの。



愛がないわけじゃない。

愛がないわけじゃない



地球には愛が溢れているのだから。。。

今までは、神様の慈悲で生きてきた人がおられます。


お祈りはするって人です。


特徴はどこの神社でもお詣りする、神社好きです。

しかし、信じていません。

手を合わせるだけです。

それでも 神様は、神様の慈悲心で守ってこられました。


しかし、これ以上は守りきれません。


なぜなら、自ら心を開かないからです。



心を開いて、お願いをしないし 教えを乞わないからです。



人間同士の付き合いでも心を開くことは大切ですが 神様との付き合いでも心を開くことは大切なのです。



今まで 神様から来てくれるから。。。。と安易に考えていた人もいるかもしれません。


しかし、神様は 決断しました。



許しの光りだけを与えていては人間は成長ができないと 覚悟を決めたのです。



元々 わたしたちが神様の世界で暮らしていた時は すべてが許されていました。


だけど、その中では魂の成長はできないのです。


だから わたしたちは地球に降りてきたのです。


成長するためには
周りの人に心を開くことです。


そして、神様にも心を開くことです。


そうすると、自分が成長できるだけの神様の叡知を受け取ることができるのです。




その叡知を受け取らせたいために、神様は覚悟を決めたのです。。。



これからの世の中はどうなるのでしょうか?

とまあ、こうやって 自分と仲良くするのです。



そうすると、魂は納得するのです。


自己主張が止まります。



自己主張が止まる前に



押し込めたり


嘘をついたり


気にしないふりをしたり

我慢したり


遥か彼方に追いやったりしていませんか?




自分と向き合うということは

自分の感情を表現することです。


感情を味わい尽くすことです。





わたしが メールアドバイスをしていた時は

そんな彼女を観ると、わたしから電話をして煽りました。


感情を出さなきゃ意味ない。


どれだけ、怒ったり泣いたりしたかわかりません。


言えないもん
言えないもん

と、泣いて訴えてくる人に対しても

言えよ!!! いくじなし!!!

と、煽りました。



でも 結果、彼女は前に進みました。



そうやって ひとつひとつ、感情を出していくのです。



それが、現実を生きるということです。



謙虚に生きるための第一歩なのです。


勝ち負けにこだわる人ほど、ガンになりやすい。


病気に勝つ!

って、勝っちゃダメ!




仲良くするの。



仲良くするって、あきらめることではないのです。



病気だから、ガンだから と 自分を制限しないことなのです。



心の持ち方なのです。



怖さはあると思う。


だけど、怖いなら怖い!と思いきって叫ぶの。


イヤならイヤ〜!って叫ぶの。


泣いていいの。


笑わなければいけない。。。なんて、思わなくて 無理しないのよ。



寂しいなら、寂しいって すがって抱きつけばいい。




それが 仲良くするということ。



自分の内側の叫びを聴いてください。



もっともっと、涙を流してください。。。



そうやって 自分の魂と仲良くしてください。



たくさんたくさん、言い分を聞いてあげてください。

謙虚になるということは、自分に軸があり、自信がないとなれないものです。


自分の内側に光り輝く光りが存在すると自覚がないと、より謙虚にはなれないものです。



だから、表向きのメッセージは、


自信を持ちましょう


というものなのです。



だけど、真意は


より、謙虚に。。。

なのです。



その言葉の深さを読み取れるようになりましょう。



言葉の重みを感じ取れるようになりましょう。




これが エネルギーをダウンロードするコツなのです。

4deed60b.jpg今日は蠍座の新月です。


ここのところ、自分の変化で わたし自身がかなり揺さぶられていました。



この蠍座の新月のエネルギーの真の意味は

『より、謙虚になりさない』

という意味だからです。



『あなたは許されている』


というメッセージも受け取りました。



その深い意味は

『より、謙虚になりなさい』
だったのです。




わたしたちは 元々が光りです。


光りそのものなのです。

だから、人前に出るときには 隠すのです。


光り輝いたところを見せるのは、自分をわかっていない証拠です。


自分の光りは人にとっては脅威に映るものですから。


自分の光りが、わかればわかるほど 人は謙虚になります。


より、謙虚になるのです。



だから この蠍座の新月のエネルギーは、それを著しているのです。




自分が何者かわからない者ほど、目立ちたがります。

主張したがります。




そんな意味の蠍座の新月です。

このページのトップヘ