この世界にあるすべてのものは感謝するために存在する

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

2016年05月

どんな学問でも学ぶことは、とても大切なことです。



わからないことがあったら 人は調べると思うのです。


調べて ひとつずつ学んでいく。



それを 人に聞いてみたり
人が教えてくれるまで待っている人がいます。



それは 学ぶ姿勢ではないと思います。



学習って探求心からだと思いますし、自分で努力して調べたのと ただ人から聞くだけでは 重みが違います。




わたしがスピリチュアルな記事を読み出したのは、ある方のメルマガからでした。



最初は しっかり読んで、覚えることは自分で書いて覚えました。


チャクラの位置やその部分の特色など
あちこちのブログを参考にして ひとつにまとめあげました。



わたしのメインブログはそうやってつくられています。


だから、未だに チャクラの記事は よく検索されて上位にあります。



人の記事でも 自分がしっかり理解できると 自分の言葉で記事が書けるのです。


わたしは初期の頃はひとつひとつを丁寧に調べて記事にしていました。


学んだことを自分の言葉で記事にしていました。

そうすると 読解力がつきます。




わたしのブログは そうやってつくられていますので ひとつひとつ丁寧に読み進めて 暗記できるぐらい自分のものにしていかれると良いと思います。

ジャンル分けもまだまだ、途中ですが
それでもキーワードを入れていただければ かなり出てきます。



わたしのメインブログを読んで 理解していただくと 実践もしやすいですし 実践の仕方も書いています。


現に、わたしのブログを読んで 勉強されている方からのメールも届きます。


ありがたいです。



般若心経の内容などもかいつまんで書いています。



やはり いろんなジャンルの本を読んで よいと思ったことは実践するだけですし、ビジネス書や宗教学的な本、子育て本、など 幅広く読んでいます。



読んでそれをまとめて記事にしたりすることもしていました。



そして 自分の内側からの声が聞こえた時に 学んだことの答えあわせをしていきました。



わたしはそうやって スピリチュアルを学んできました。



観念浄化ワークだけじゃなく それ以前に 江原さんの著書もすべて読破しています。



ずっと、学んできたから今のわたしがあると思っています。



努力は人を裏切らないと実感しています。





人は知識と経験が物を言うのだと思います。

自分の人生を生きるって


自分のやりたいことをして生きる

ことではないのです。



自分が魂と一体化して、素直になることを言うのです。




昨日は、先週からザワザワしていることがあって
リセットをしに とある場所に出掛けてきました。


自分が一番、素直になれる場所です。



自分は何者でもなく、ただ、人を許して生きていたいと思える場所です。


自分に素直に生きていたいと思える場所です。




魂の使命なんていらない。

素直であればいいと思うのです。




結局 魂の使命というものは 魂の特性であって 目的ではない と思います。


わたしが人を癒したり浄化しちゃうのは、たまたま そんな魂の特性があるからなのです。




人には認められたいという独特の気持ちがありますね。


その気持ちが向上心をつけたり身を滅ぼしたりもします。


一長一短あるものです。



自分は何者でもない。



ただ 自分に素直でいたい。


それを未来に繋げるために、生きていく。

ああ、そうかぁ

覚醒というのは 内側から言葉が溢れだしてきた辺りだわ


本を読まなくても これから生きるすべてのことを教えられた。


だから、誰かに頼らなくても生きていけるようになったんだわ。



でも その辺りでは、まだまだ、まだまだ 癒されていないんだわ。


教えられたことだけ実践していく。


そんな毎日でした。


内側の神様というのは、とても思いやりの深い方で、出来ないことは求めてこないのです。


よ〜くわたしを知っていたわ←当たり前^^


それは、今でも変わらない。


教えられたことを地道に実践しながら、癒されていくのです。



だから、覚醒を目指すのではなくて
覚醒がスタートなのかもしれません。



人にいちいち聞かなくても教えてくれる。


心強い相棒ですね。



いつもいつも、わたしを導いてくださる存在です。

結局、自分だから 非常に甘いのが特徴です♪


だから 大好きなのです。

覚醒することを良しと書かれている方もいらっしゃいますが 覚醒したからといって 完全に癒されたのとは違います。


覚醒されている方でも癒されていない、負の感情のある方は多くおみえです。



覚醒ってどのあたりのことなのかがイマイチわからないのです。


ただ、わかる あたり?なのか

自分の内側の神様がこんにちは♪って出てきた辺りなのか

修行部屋に連れて行かれた辺りなのか

内側から言葉が溢れだしてきた辺りなのか

愛が湧き出て止まらない〜 って なっちゃった辺りなのか

不明です。




そこを目指す。。。というよりも


人に対して思いやりを持って接することを目指されたほうが 人間味があると思いますよ♪



癒しと覚醒は違います。


覚醒されていても癒されていない人は 人に関わり人を癒すことで自分を癒そうとするものです。


スピリチュアル業界でお仕事をされていらっしゃる方に多くみられますね。



癒されたいから人を癒すのです。




本当に癒された方は、人を癒したいと思わないものです。

自分の言えない過去や秘密を抱えて生きているほど、苦痛はないのかもしれない。


だから、この人は。。。
と、信じた人に話をする。

解決したい。。よりも話を聞いてもらいたい
ただ、それだけ。


わたしもそんな時期がありました。


未だに、自分のことを話せない人がいる。


また、話しができる人はいるけれど、互いの悩みを話すだけで解決できない人もいます。



最終的には解決していきたいけど どうやったらいいかわからないし、わかっても勇気が持てない。



人それぞれ、抱える悩みは違うけれど 悩みがあるのは同じで。。。



解決したい!と、信じた人を頼るけれど 騙されたり、突き放されたりする。




人の悩みを解決に導くには、やはり それなりの器のある方でないと共倒れになってしまうので 突き放すわけではないけれど、引き受けできないと断られる方もみられます。



わたしもそうですから、わかります。



一度、引き受けたら 最後まで面倒を見る勇気がないと引き受けはできません。


だから、自己責任が叫ばれます。



だけど
だからといって 慕ってくる人を無下に突き放せないものです。



甘えたい

癒されたい

その想いに罪はないのです。



解決、引き受けはできないけれど 安心を与えることはできるのではないのでしょうか?



今、必要なのは 安心感を与えることなのかもしれません。



わたしのところにいらっしゃい。



それしか言えないけれど、

それでも良いなら

わたしのところに来てくださいね。

こうやって 生きていくと、


人間関係の基本は、尊敬することかなあ って思います。


女性が男性を尊敬すること から、始まるのだと思います。


女性が自分の愛する人を尊敬することで 男性が力を持てるのではないでしょうか?


どうして 女性の方からなの?と思うのではなくて 女性が男性を受け入れることで うまくいくのではないでしょうか?



女性は 男性よりも受け入れる力は強いです。



男性が仕事を頑張れるのは 女性が男性を受け入れ器となることからです。


そんなことできないと思わず あえて、のんでみる。


意外と、できます^^。



男性よりも女性の方が受け入れる力は強いのです。


女性は神様から子供を産む力を授けられているのですから 人を許すくらいチョロイものです♪



ハハハ〜



しかし うちの家庭の場合は、男女逆転しているようです♪


夫がこんなわたしを受け入れ許しています。


だから わたしはノンベンダラリンと記事を書いていられるのです。


まあ、、夫がわたしを受け入れないと わたしの魂の目的が果たせないからです。


わたしの魂の目的を遂行するために 周りがサポートをしてくださいます。

未来を変えていくのは、誰でもない。


自分自身の行いです。


自分の行いを未来に繋ぐために、わたしたちは生かされています。


今 宇宙人の魂を持つ子供がたくさん生まれてきているのです。



育てにくいのは、宇宙人の記憶があるからなのです。



そして 親自体も、宇宙人の記憶を持つ人は多いのですが

親を救済することは大切ですが
まずは、子供をしっかり育てることなのです。



わたしだって、癒されたいもん!と親は思うかもしれませんが
子供をまっすぐに育てることが先決です。


だから、子供をきちんと育てることができるように、親がしっかりしなくちゃいけないんです。



スピリチュアルだ、癒しだ、ヒーリングと 逃げていないで 子供をきちんと育ててください。



遊んでいないで、きちんと子育てができる親として生きてください。


親が子供をほったらかして自分探しをするのは言語道断です。



親は子供をきちんと育てる。



今、この地球に生きている子供は、宇宙の宝です。


子供をきちんとまっすぐに育てましょう。



子供をきちんとまっすぐに育てられるような大人になることを わたしたち大人は求められているのです。



世捨て人になるためにわたしたち大人は生きているわけではありません。


理性的な大人になって 宇宙人な子供を受け入れていく包容力が必要ですし、社会的秩序を教えていくことも大切です。



大人が成長しないと子育てができないのです。



幼稚なままでは、子育てはできないのです。



わたしたち大人が次の世代に繋ぐ子供を育てるのです。


最近、離婚が多いのは

親のどちらかが

『許さない』

という感情を持っているからだと思います。



そんな親を見て、育った子供は 『許さないことはよいことだ』と認識します。


だから、『許さない』人が増えるのです。



しかし 離婚の危機を乗り越えた夫婦は、『許すこと』を学習します。


だから、その親に育てられた子供は 許すことを覚えます。



親の背中を見せて育てるということは、すなわちそういうことです。



いちいち 子供に、言って聞かせなくても 教えなくても そうやって育ちます。



離婚するということは
子供に、人を許さない ということを植え付けているようなものです。



根底に、『人を許さない』という想いを抱えた子供は どんな生き方をするのでしょうか?



親の自分勝手な想いで子供は翻弄されます。



『人を許す』という課題を与えられても、逃げるだけですか?



次の世代に繋げる意味で、子供は生まれてくるのです。


次に繋げるためにも ご自身が『人を許す』という課題を乗り越えていただきたいものですね。

しかし 今の世の中というのは


子供の人生に親が介入することを コントロール と言うようだ。



アホとしか言いようがない。


まあ、子供を導くことができない親が増えたからだろうが あまりの意識の低さに 驚きを隠せません。

子育てにおいて


親が子供にこうなってほしい

という想いをバカにしてはいけない。



親の想いは、すなわちご先祖様からの想いで 魂の想いでもあるからだ。



子供のやりたいことをさせたい!

それはそうだろうが

親は子供を導く義務がある。



子供が横道にそれるようなことがあれば、厳しく躾ることは大切です。



子供の人生を 子供に任せきりにするものではない。



子供はご先祖様の代表なのだから。



ご先祖様からの想いが込められて、生まれてくるのだから。。。

このページのトップヘ