この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

2016年06月

世間的に 正しいと言われている行いをしていたり、尊敬されている人に限って 人を憎む心や裁く心を持っているようです。


真面目過ぎるのかもしれません。


いい加減が出来ないのかもしれません。



そのような方なので
本を出していらしたり、ブログを書いていらしたりします。



そして、たくさんのいいねが押してあります。




上に立つ者ならば 自分を律していただきたいと思います。



憎む心、裁く心を持っていては 人を導けないものですから。。。


いくら 良い行いをしても 良い言葉を使っていても 人を憎む気持ちや裁く気持ちのある人は 寂しそうにみえます。


人を憎む気持ち、裁く気持ちはないほうがいい。




自分は 良い行いができ、良い言葉を使っていられる環境にいられるのだから
いちいち、人を裁いて 自分を落とさなくてもよいのに。。。 と思えてしまうのです。




憎んでしまう、裁いてしまう心の裏側には 寂しさが潜んでいる。



憎むより、裁くより
その寂しさと向き合ってみてください。





人の心から憎しみや裁く気持ちがなくなりますように。。。

人が人である限り 罪、穢れを付けてしまうもの。
だから、禊をすることにより リセットさせる。


という考え方はわからなくはないのだけれど 瞑想をして 自分の内側をみつめることによって 禊をすることになる。



身体的に禊を行うのか

精神的に禊を行うのか

の違いなだけだと思う。


だけど、身体的禊だけでは人を越えることはできないのです。


だから 精神的禊である内観浄化を経て、根本的なものと向き合っていくことで 人を越えていくことができていく。



人として生きるために生まれてきたけれど
それだけでは、人を越えることはできない。。。

それが現実。


今は そんな狭間にあるのだと思うのです。



人として しっかり歩んだ先に、越える何かを掴み、人を越えていく。



これからの世界は、そんな世界に変わっていくのです。



人として越えるためには、人として生きていることです。



まずは 人として生きていること。。。




そんな禊の雨です。



勇気にはふたつあると思います。


離れる(壊す)勇気と受け入れる勇気。


離れる(壊す)勇気は、発信する力が必要です。


受け入れる勇気は、内側に向かう力が必要です。


どちらも、力は必要です。



離れる(壊す)勇気がないと、そこに留まることになります。

留まるのは 一見、受け入れてるようにみえますが、そこに力は働いていません。



人が何か決断するときには力が働きます。

外に向くか内側に向くかです。



どんな時に決断するのでしょうか?


人生の岐路と言える時だと思います。


何らかの決断をして 方向性を決めますが、勇気がなくて 決断出来ないときには そこに留まることになります。




わたしが 今まで、生きてきて感じることがあります。


それは

勇気がなくて、決断できなくてそこに留まる場合

それは、岐路ではなかった といえることです。




どういうことかと言うと

実際に 岐路だと感じていたとしても 決めれないのは、岐路ではない、時期じゃない ということです。



逆に 岐路でないのに、決断してしまう場合もあります。
早合点してしまうのですね。



早合点すると 取り返しのつかないことにもなりかねしませんので
ここは やはり、早合点せずに 落ち着いて決断する時期を待たなくてはいけません。



想いでは、GOサインが出ているのに 先に進まないのは、時期じゃないからです。




決断する時期というのは 誰にでも訪れます。



それまで ゆったりと、感情と戯れているのも楽しいものです。




一時の感情に流され、翻弄されて決断してしまうよりも
感情を味わい尽くせば、否が応でも 決断せざるを得なくなるものだから とことんまで 味わうことが楽しいのかもしれないですね。



出てくる感情を追いやろうとせず 味わい尽くすこと。。。




人は そんなことがしたいのかなあ と思いました。




自分に自信がないの〜 って

寂しいの〜

悲しいの〜

辛いの〜


そんな感情を味わってみたいのかもしれません。

わたしは斎宮の性質を持つ魂です。



そのため 言葉が厳しいです。


それは どういうことかと申しますと


斎宮は神様の言葉を伝える役目を担っているのです。


神様というのは、宇宙の法則そのものですが
その神様の遣いとなるのです。


要は、取り次ぎ役です。


宇宙の法則をそのまま降ろしたところで、人間には理解不能です。


それをわかりやすく人間に伝えなければ、実践できないのです。


神様は宇宙の法則そのものなので 因果の法則がありますが、容赦ないです。


因果応報で、出したものはすぐに返ってきます。


すぐに返ってきてしまったら、出した人は落とされてしまいます。


そうならないよう 未然に防ぐために 巫女が神様の遣いとなって 神様の御意思を伝えるのです。


落ちてからでは遅いのです。


気付かなければ、落ちていくだけですので
民に気付かせるための役目と言えるでしょう。



神様の御慈悲をいただけるように取り次ぐ役目でもあるのです。


だから、少々 きつい言葉も申します。


チャネリングで降ろす人の中で 神様の言葉をそのまま降ろす方がいらっしゃいます。

パイプ役ですね。

でも わたしはパイプ役ではありません。

遣いですから、皆様にわかりやすいようにお伝えする義務があるのです。


だから 言葉が違うのでしょうね。



神様の御慈悲をいただけるように取り次ぐ役目です。



わたしと同じように つい、言葉が出てしまう手足が出てしまう方は、ひょっとしたら 同じ斎宮性質かもしれませんね。

太陽、月、惑星の動きによって これから世界は変容が起きてきます。


そのため 精神的不調が続いたり 身体の不調も出やすいですね。


これからの世界はこうなりますよ。だから、わき上がる感情と向き合ってください。

と書いていますが、内観や瞑想が苦手な方もいらっしゃいますね。


まあ、感情を味わうことをしていけば良いわけですが それによって不調を感じてしまうわけです。


良くなるために不調を感じてしまうわけです。


わたしはそれをすべて、瞑想やグラウディングして 自分で調整をしています。



精神的な不安がなくなれば、体調もよくなるのです。


それは 精神的な不安がなくなるということは、身体に張り付いていた負の感情のエネルギーが取れるのでスッキリするのです。


そうです。

負の感情って身体の中にあるものなのです。


だから その感情が癒されると 負の感情の固まりがなくなる という仕組みです。


そうやって 負の感情が癒される毎に、身体が整えられていくのです。



整体とかいくと 身体を調整していきますね。


そうやって 身体の調整をすることによって 感情もはがれやすくなるのです。


だから 自分で身体を動かし体操をすることも 負の感情がはがれやすくなりますので お勧めです。


要は どのような方法であれ 身体の中から負の感情をはがせばよいのです。

だから、瞑想やグラウディングが苦手なら 体操や整体をすればよいだけです。


どこが凝っているかで、どんな感情があるのかわかるのです。


凝っている箇所をほぐしてあげることで 一旦は、負の感情はなくなります。


だけど 繰り返すと、また 同じ箇所が凝りますから同じです。


そんな対処療法よりも根本的に負の感情をなくしていくことをお勧めするため 瞑想やグラウディングを紹介しています。




このように 身体の中の負の感情がはがれてなくなっていきますと
凝りもなくなるので 非常にスッキリした身体になるのです。



そして スッキリした身体になるということは チャクラが整ってくるわけです。


主要チャクラは
一番から八番までありますが、
チャクラをひとつずつ癒していくことでも 負の感情がはがれやすくなります。



整体で身体全体を調整するように、
ヒーリングでチャクラを癒して、バランスを取っていったほうが 自然と負の感情がはがれるような気がします。


その時の感情と向き合うということは
その感情にリンクしたチャクラを癒すことになるわけですが
それなら 全体的に癒したほうが効果は早いです。


わたしは負の感情と向き合いながら、全体のチャクラを癒してグラウディングしていたことを思い出しました。




わたしのようにご自分でできれば、それにこしたことはないですが 自分で出来ないわ ということであれば 施術をさせていただきますので ご連絡ください。




昔々、このチャクラバランスというのを 無料でさせていただいていたことがあります。



チャクラから ポコっとチャクラちゃんを取り出し、きれいきれいにして 納めていくだけです。



あんな簡単な技があったのに、何故 思い出さなかったんだろ



ピッピとペッぺは オーラのクリーニングになりますが
これは 身体の中の8このチャクラをきれいにします。




まずは グラウディングしてからオーラクリーニングをして チャクラバランスをすれば、わたしが自分でグラウディングするのと同じ効果があります。


グラウディングしなさい!

と口酸っぱく言わなくても

定期的に受けていただけると、楽に変容の波に乗れていくと思いますよ〜♪


詳しくは、メインブログの一番上に載せてあります。



よろしければ、お試しくださいませ。

自立することは、わたしから離れることではないわ。


いつも、そばにいるよ。


気負わないで。



あなたの後ろにはわたしがいることを忘れないで。



最強のわたしたちが後ろ楯で付いているのだから、出来ないことは何もないはずなのよ。




そこを あなたは、ひとりで立とうと頑張る。



わたしから離れて立とうと頑張る。



元々 わたしとあなたの間にはスキマはないのだから、離れようとすること自体がムダなのよ。



そこ、あきらめるんだよ〜



わたしが守るから、あなたは前を向いて 歩みを進めてください。




わたしは約束は必ず、守るし
出来ないことは約束はしないよ。



安心してください。



わたしは嘘はつかない。

先日 わたしは神様の領域を体験していると書いていますが

ホント、その通りで

すべて、許さざるを得ない体験をしています。




昨夜も 食後のひとときを邪魔されましたし

休み返上で仕事していますし

ボールぶつけられてもニッコリします。。。




あっ あり得ないこともおこったわ!


ママさんが怒ってる。。。と言われて、

怒ってはいないけど、 ゲッ!と思っただけ と言いました。

怒りはわいてこないのです。

怒りがわくシステムというのは

ゲッ!と思った瞬間、心に亀裂が入るのですが 亀裂が入った0.00004秒の内に憑依されるから 怒りがわくのです。


わたしの場合は亀裂が入らない^^ので、ゲッ!だけで済むのです♪

 

とまあ、そんなこんなで わたしの周りは忙しいです。



わたしがニッコリすることで 周りの人は、穏やかになっていくのです。



よかよか♪




でも このようなことは、わたしだけが起こるわけではないのです。



以前、書きましたよね?



これからは 許していく時代になる。。。と。




この神様の領域が だんだん、わたしたちの領域に入り込んできて わたしたちは、すべてを許していくようになるのです。



わたしたちは 皆、そのような存在なのです。




許さざるを得ない状況が訪れます。

家族がありながら、好きな人ができてしまった場合もそうです。



現在、夫も子供もありながら、他の人を好きになってしまった

そんな場合は
配偶者との関係がまったく良好ではないと思われます。


自分の親子関係の見直しをしずに 夫と婚姻関係を結び 子供が出来て、夫との関係を見直すことができないので 新たな別の男性を出現させることで 自立を促す


宇宙はそんな計画をされたのだと思います。



相手に対しての想いが強すぎて、子育てができなくなります。


そんなリスクを負ってでも宇宙は自立を促します。


自立といっても精神的自立です。


離婚させるためではありません。


でも そこがわからず、離婚してしまうご夫婦もいらっしゃいます。


親が自立できていないと、子育てがうまくいきません。



これからの世界を担う子供を育てるため 親は自立をさせられるのです。



よりよい未来になるよう宇宙は采配します。



親の自立なくして、これからの未来はつくっていけないのです。




子供がいない場合でも同じで、大人の真の自立なくして これからの未来は語れません。




親の自立がこれからは、必須になります。

人のことを信じないのは、人を疑っているからじゃないんだ。


全体を見て、判断したいからなんだ。


公平な立場で見てみたいんだ。




自分の感覚が信じられないから、いろんな人の意見を聞いて それで判断しようとする。




それが基本、自分を信じられない人の行動なんだね。



わたしは違うなあ


自分を信じているから自分の感覚を尊重する。


また、グラウディング出来ていない人の直感は妄想だから グラウディング出来ていない人の意見は頭から聞かない。



だけど 人は グラウディングできているかいないかわからないから
すべての意見や評判を聞いて判断する。


わたしに意見を聞いて、それ以外の人にも意見を聞いて判断する。


わたしの意見はただ、判断材料にしか思えないんだね。


そうやって生きてきたんだね。



結局 自分を信じられない人の発想は、複雑で わたしには理解できないものなんだ。


だから、近づけない。。。


意見を求められても、相談内容が理解できなくなります。

このページのトップヘ