この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

2016年07月

この地球のためにと かみさまとやくそくをして 降りてきた者が 惨殺な行為をしてしまうことについて かみさまはどう思っているのでしょう。。。


雨が多いのは、神様の涙かもしれません。。。


かみさまもお辛い想いをされているのだなあ。。。

わたしも辛いです。



しかし、裁くのは神様なのです。



この世に生を受けることを許したのは 紛れもなく、神様なのです。


涙を拭った神様の後のご決断は、やはり宇宙の法則によるものなのです。

人の心には仏生があります。


だけども それを上回る人を裁く心があると、人はその刃で人を切り裂いてしまうのかもしれません。

本来なら心の中にある刃は自分の心を切るためのものです。


人に向けるものではありません。


それが草薙の剣というものです。



正義はいらない。


正義という刃はいらないのだとわたしは思います。


正義があると、裁きたくなるから。


裁くという行為は本来なら神の領域です。


それが この人間界にあるということ自体がおかしいのだとわたしは思います。


裁く心よりも 包み込む優しさ、飲み込む強さが必要だと感じております。



だから、わたしは まずはその犯行については意識を置かずに、被害者の方のご冥福を祈るのみです。




裁く心を持たずに ただただ、お祈りをするだけです。



哀悼の意味を込めてお祈りをするだけです。



ありがとうございます。

ままのままでやってるFBが見られなくなっている状態になっております。


こちらは、ライブドアのメインブログをそのままアップしているだけですが、表示されないでは話しにならないので やはり、FBはやめようと思います。



なので 今後、FBに入る時は ちゃんと名前でアカウントをつくります。


ってことで ではでは、失礼しました。

あるところに、
お釈迦様が多くの人たちから尊敬される姿を見て、ひがんでいる男がいました。

「どうして、あんな男がみんなの尊敬を集めるのだ。 いまいましい」

男はそう言いながら、
お釈迦様をギャフンと言わせるための作戦を練っていました。

ある日、その男はお釈迦様が毎日、同じ道のりを散歩に出かけていることを知りました。

そこで、男は散歩のルートで待ち伏せをして、
群衆の中で口汚くお釈迦様をののしってやることにしました。

「釈迦の野郎、きっと俺に悪口を言われたら、
 汚い言葉で言い返してくるだろう。
 その様子を人が見たら、あいつの人気なんて、アッという間に崩れるに違いない」

そして、その日が来ました。

男はお釈迦様の前に立ちはだかって、ひどい言葉を投げかけます。

お釈迦様は、ただ黙って、その男の言葉を聞いておられました。

弟子たちは悔しい気持で、「あんなひどいことを言わせておいていいのですか?」
とお釈迦様にたずねました。

それでも、お釈迦様は、ひと言も言い返すことなく、黙って、その男の悪態を聞いていました。

男は一方的に、
お釈迦様の悪口を言い続けて疲れたのか、へたりこんでしまいました。

どんな悪口を言っても、
お釈迦様がひと言も言い返さないので、男はなんだか虚しくなってしまったのです。

その様子を見て、お釈迦様は、静かにその男にたずねました>>>



「もし他人に贈り物をしようとして、 その相手が受け取らなかった時、
 その贈り物は、一体誰のものだろうか」

こう聞かれた男は、
突っぱねるように言いました。
「そりゃ、言うまでもない。 相手が受け取らなかったら、 贈ろうとした者のものだろう。
 分かりきったことを聞くな」

男はそう答えてからすぐに、「あっ!」と気づきました。

お釈迦様は静かにこう続けられました。

「そうだよ。
 今、あなたは私のことをひどくののしった。
 でも、私はそのののしりを、少しも受け取らなかった。
 だから、あなたが言ったことは、 すべて、あなたが受け取ることになるんだよ」



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


お釈迦様ってこうやって返すのか〜



わたしは違うなあ〜


わたしなら


「君の重い言葉はわたしに届かなかった。だから、君の足元に全部、落ちているし、君を傷つけているよ。 痛くないか?苦しくないか?」

と言って、ぴっぴとペッぺで祓います。


たとえ、カルマの法則で返るにしても 人を傷つけたくありません。



甘いかな?わたしは。。。

f2c6c5dc.jpg世界中で、悪魔に心を奪われたような、悪魔が心に乗っ取られたような、心の闇から出てこれなくなった、偏った人間が増殖し続けてるように思います。


これは 光が濃くなれば、同時に闇が濃くなると言われていることで、分離の世界では、光り輝く存在がいることで、その反対の力である闇の力が同時に現れて来ているからです。


闇があるから光が映えてしまう。。。


光りであることが誠ではなく、愛であることが誠なのだと思います。



だから、正義はいらないのです。


正義を主張すると、闇が作られます。



正義は主張しないようにしてください。



お願い致します。

c0d74103.jpg世界中で、悪魔に心を奪われたような、悪魔が心を乗っ取られたような、心の闇から出てこれなくなった、偏った人間が増殖し続けてるように思います。




許せない という選択でなく 愛で包む という選択は、なかなか難しいものです。


だけど、難しくてもやり遂げるのがわたしの道。



それをするために、わたしは生まれてきたと思えるのです。



求められることはできること。


わたしに出来ないことはない。


決して、気楽に生きているわけではない。


それが、わたしの役割だから。


許すことがわたしの役割だから。




起こるすべてに意味があるとは言いたくありません。


ただ ただ、祈らせてください。


包ませてください。


祓わせてください。



合掌。

マヤ暦では昨日は時間をはずした日と言われ、今日は宇宙元年と言われています。


確かに、そうですね。


昨日のわたしは すべてにおいて止まっていました。

活動し始めたのが、午後3時過ぎでした^^



昨日は 自分をいろいろ振り返ることがあり反省したり見直したり。。。



そして 新たな出逢いがあり、自分のルーツを知ることになり 今まで起こった出来事の答えあわせができました。


毎日、進化しています。


同じ一日は過ごしていないように感じます。



今日は宇宙元年。


でも 何か特別なことをしなくても 日々を丁寧に過ごすことをしていければよいのだと思います。




人にはそれぞれ役割があります。


日々を丁寧に過ごしていることで その役割に気づくことにもなりますし、気づかなくても 知らないうちにしていることでもあります。




この今の世の中は 自分自身が癒されていない人が多いのだなあ と感じます。


それについては わたしも対策をとって臨みたいところですが
癒されている、癒されていないに関わらず わたしたちは、誠に尊い存在です。


だから、癒されていないわけがない とわたしは思ってしまうのですよね。。。


同じだから。。。



いつも わたしは、あなたとわたしは同じだから。。。って思っています。


だから、自分に甘いようにあなたにも甘いし

自分に厳しいようにあなたにも厳しく接してしまいます。


癒されていないわけがない。


同じだ、同じだ、って思っています。




宇宙元年に寄せて

昔からわたしは 人には親切です。


なんでそんなに親切なの?


と聞かれますが、性分なんです。



って言うか

厳しいことを書いてるわりには、甘いです。



ちょっとだけね☆と言いながら甘いです。




わたしはあまりあちこちに関心を示しません。


それをしちゃうと、自分のことができなくなるからでしょう。



今朝、以前書いた記事を再アップさせていただきました 銀行であったことですが、その後 薬局に寄ったら血だらけの人に遭遇しまして 薬局のおじさんが絆創膏や包帯を駆使して手当てをしているのを見て わたしが病院に連れて行きました。


雨の中、ずぶ濡れの方を見ると傘をあげちゃうし(車の中に傘3本は常備してます)


転んだ人見たら誰彼かまわず、すぐに抱き抱えるし、

お金を落とした人を見たら、ソッコー拾いにいって渡すし


お年寄りを見たら、見守り体勢になるし



身体がそのように動いてしまうからかもしれません。



でも、昔はそんな人はたくさんいたと思います。


わたしはそんな中で育っているからそれが当たり前で育ったのだと思います。




自分の内側を見つめることや反省すること、瞑想することも大切かもしれませんが 人に親切にすることが出来ていればいいのだと思います。



自分がいっぱいいっぱいだとできないときもあります。


それはそれです。


わたしも急いでいる時は人に対してつっけんどんですし、いちいちソコ気にしません。


いつも 人にいい顔してるわけでもないからです。

出来ないことを笑ってごまかすこともシバシバあります。




人間なんだもん。

って、あんまり人間らしくない人間ですが



どんな状態であっても
卑下することなく威張ることなく居られれば、人に優しく親切にできるのではないでしょうか




親切であればいい と思うのです。


それを引き寄せているのは自分です。



外側には、たくさんの情報があり、それを自然に取り寄せています。



テレビやインターネットなどで取り入れた情報で、わたしたちの思考が出来上がり 自分の外側の世界を作り出します。



怖い映像を見せられれば、怖い世界を作り出しますし
自分を縛る規則も自分で作り出しているのです。


自分がやらなければいけないと思っていると、やらなければいけないがんじがらめの世界に身を置くことになります。



だから、やらなければいけないなんてことなんて何もなく、このままでいいんだ〜 というリラックスしている状態で過ごすと 何故か知らないけど、世界が自分に対して緩くなってくるのです。



中心に居ることは、リラックスしている状態ですので リラックスした思考でいつもいられると、世界もリラックス世界になりますよ〜

自分が拘っていること、執着していることには、無意識でエネルギーを注いでいますので、エネルギーが注がれて集まっていることが現実化します。


でも無意識なので、これがまた中々自分では気付けない〜


なので、今経験している現実を見れば、自分が引き寄せていることが分かると思います。


人間関係に悩みがあるのなら、人間関係に関してどこか自分が執着し拘っている思いがあるのでしょう。

お金に関する悩みがあるのなら、お金に関して自分が執着し拘っている思いがあるのでしょう



自分が無意識にしている思考、思い、考え方に気付くには、自分に意識を向けなければ分かりませんので、だから内観や瞑想やセンタリングが大切なのですね


外の世界から一旦自分を切り離すために、瞑想は有効です。

センタリングは、今自分が感じていることを感じることですし、内観は自分を冷静に見つめることで俯瞰出来るようになります。

どれも、とっても大切です



だから、自分が普段無意識にしている思考に気付こうとせず、ただポジティブなことをアファメーションしても効果は薄いです

怒りを感じるってことは、自分が無意識でしている拘り、執着があるから、そこから外れることをする人に怒りを感じる訳です。


その自分が執着していることにまず気付いて、そして何故そう思い込んでしまったか?

を知るために自分と向き合う必要があるのです。



しあわせになるためには!

自分が執着していること=エネルギーを注いでることが現実化しますので、どこにエネルギーを集中させるかを考えればいいのです。


さて、あなたはどんな領域にエネルギーを注ぎ込んでますでしょうか?


もし今経験してる現実が自分が望んでいない現実だったら、望んだ領域じゃないところへエネルギーを注いでいると言うことになりますので、

気を変える

気分転換してみましょう〜

このページのトップヘ