この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

2016年11月

自分の非を認める
「自分の考えは正しい」と思わない


まずは、そこから考えてみてください。



何をされている方もどんなブログを書かれている方も どんな本を書かれている方も すべての人にお願いします。




絶えず、検証してください。



事実は事実、そのままで。
主観を入れずに観てください。



わたしはグラウディングができていない直観は妄想だと ブログを書き始めてから申し上げております。



グラウディングができていない直観で生きることこそ恐ろしいものはありません。


グラウディングができていないと謙虚になることで 自分の過ちに気付くのです。



自分の過ちに気づいてみてください。


自分の過ちに気づいて、謙虚に生活をしてみてください。



生活は激変して良くなりますよ。



平和な暮らしができますよ。

自分を信じ続けて進んでいくと それこそが思い込みだった


と気づくことが起きています。




自分の感覚を信じ過ぎている人、サイキックが強い人に多くみられます。


自分に自信がありすぎて、謙虚さがないのです。

疑わない、検証しないのです。



自分の感覚を検証することは大切ですね。

このページのトップヘ