この世界にあるすべてのものは感謝するために存在する

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

2017年01月

わたしのブログって厳しいことを書いてるわりには エネルギーは超、繊細で優しいです。


だから 深く読まずに、タラタラと読み進めていくと それまで悩んでいたことが嘘のように思える作用があります。


浄化作用が強いのです。

人間掃除機と呼ばれる所以です。


お試しくだされ♪

気付く、気付かない または 気配りができるできない ということは意識レベルの低下によるものです。



この気付く気付かないといった差は、この世の中で利用されています。


気付かないから騙されるのです。



気付かない人がいるから、利用する人がいるし騙す人ができるのです。


どんな小さなことでもどんな大きなことでもです。


心が優しいからとか心が弱いから素直だから、と言う理由ではないのです。


意識が低いから気付かなくて利用されてしまうのです。

意識を下げるようにコントロールされて利用されてしまうのです。



だから、誰を信じて良いのかわからないのです。


自分の直観も信じられないのです。


利用されて騙されて辛い想いをするから信じられなくなるのです。


しかし、騙されないから意識が高いかと言ったらそうでもなくて 猜疑心や恐怖心があると誰も信じられなくもなるのです。



そういう方は極端に愛に飢えています。



利用したり騙したりする人から守らないといけませんね。


利用されたり騙されたりする方々を弱者とお呼びすることがあります。


その方々を守ろうとする法律も出てきていますが網をくぐって利用したり騙したりする人があとをたちません。


イタチゴッコです。


そのためには、弱者と呼ばれる方々を保護するだけでは片手落ちで教育していかなければいけないです。

それが守るということです。


自立できるように支援が必要です。



しかし 現状は、支援する人が利用されたり騙されたりしています。


どこまでも利用、騙されます。



先ほど 意識が低いから気付かなくて、利用されたり騙されると書きました。


利用されたり騙されているうちは、まだまだ意識は低いということで、自分では意識が高いつもりでいても利用されたり騙されたりしているものです。


自分を過信しないでくださいね。




本当のところは 弱者と呼ばれる方々に直接、手をさしのべるよりも 一刻も早く、意識を高めて絶対に人から利用や騙されない人になることです。

そのような方が増えると 集合意識で 騙されやすく利用されやすい人の意識を上げることができるのです。


直接 手をさしのべなくても守ることができるのです。


だから、早く気付くレベルになって 手をさしのべれる人になってくださいね。

人に気遣いできたり心配りができることは、素敵だと思うけど それが目的で生きるのは違うと思う。


これは わたしの意見。


人のためになりたいと一生懸命になることは素晴らしいと思うけど、それが目的だと疲れてしまうんじゃないのかなあ。。。



だけど 人から認められたい、評価されたいから そこに全力をかける人もいる。



その気遣い、心配りというのは 身に付いているからこそ、だと思います。


わざわざ 何かをしなくてはいけないのではなくて、自然にできてしまうことだと思うのです。



ちょっとした気遣い心配りの話をした時に 「負けた気がするからしない」とか「人から良く見られたいの?」と言われたことがあります。

その発想の低さに絶句しました。



世の中では 学生に受験戦争で勝ち負けを競わせて、社会では気配りを重要視しますよね?


でも それって 家庭内で気遣い心配りを教えることが前提だからです。



家庭内で気遣い心配りを教えずに、受験で良い大学に入れても社会に出たら通用しないのです。


社会に出てから苦労しないように家庭内で教えることは必須だと思います。



意識の低下はそんなところから来ていると思います。

目の前に起きてることをこなすのは、バランスよい行動をしてることになります。


わたしたちは四六時中、立っているわけではなくて、立ったりしゃがんだりねっころがったり様々ですね。


その目線の先には 必ず、何かあるわけです。


草が生えている。

ゴミが落ちている。

りんごがなっている。

人が転んでいる。



天の神様が、まことに上手くバランス良く生きれるように配置していてくださいます。


それをひとつずつ、辿っていくと おのずと自分の目的に辿り着くわけです。

しかし 目の前にありながらまたぐと、結果 後戻りしなくちゃいけなくなります。


その目線の先に、ちゃんとやるべきことを置いておいてくださいます。


神様って親切なの。


でも その親切心に気付かないでいるから 迷うのよ。


『気付く』


気付く レベルの意識状態でいることが大切なのです。


気付かない レベルの意識状態で居続けるから、寂しいし辛いし、ワケわかんなくなっちゃうの。



だから 目の前にあることがわからないんだったら、『気付く』レベルの意識状態になることです。


一番のお勧めは、お風呂に入ること♪

身を清めることですね。
波動を上げると言います。


でも 波動を上げて、頭が上がってると 目線は上しか見えません。


波動を上げて、気持ちよすぎてふんぞり返っている状態ですね。



だから 頭の位置が重要なのです。



わたしは 頭の置き方を教えます。
それがグラウディングですね。


グラウディングをして頭の位置を定めて、『気付く』レベルの意識状態にいることが基本姿勢です。


グラウディングができてくると 頭がユラユラしなくなりますよ。


軸があるからユラユラしません。


人によっては 気付く領域にいながら頭だけユラユラしている人、軸はあるけど気付く領域にいない人、気付く領域にいないし軸もない人と様々です。


それを調整していくだけですよ〜

『物事を憶測で進めるのはいけないことなんですか?
そういうのは ジャッジと言わないんですね。』


と 聞かれました。



物事を憶測で進めることは、良いことでも悪いことでもありません。



自分に正直に生きるって、まずは、自分自身の事実を認識することから始めることだから そこに憶測ということ自体が持ち込めないです。


だから、物事を憶測で進めるのは、自分に正直に生きるとは言えない ということになるのです。


良いも悪いもないのです。



自分に正直に生きていないと 常に苦しみが伴いますよ


なぜなら、魂に背く生き方だからです。


でも それでも、 魂は応援してくれます。


寄り添ってくれています。


有り難いです。


魂の有り難さを感じて、あなたはどう生きますか?

わたしは たいそう自分のことを立派そうに言っているらしい。


「お母さんは話を盛るよね?」


自分のアホさ加減はよくわかっているため、自覚がありませんでした。


口ほどにもない ということのようです。



わたしは自分のことを立派だとか完ぺきだとかは思ったことがないですが、人からするとそう思われるらしいです。


それは たぶん、わたし自身とわたしの口から発せられる人格が違うからだと思います。



人はそれがわからないから わたしの言葉=わたしだと認識してしまうようです。


よく、わかりました、



近づけるよう精進します。

真実なんて本当のところどうだっていいんだ。



できる!と思い込んで、その通りに生きれば、そのようになるし

できない!と思い込んで、その通りに生きれば、そのようになる。



それだけのこと。


だから、心の中の負の感情を解放することによって できる!未来をつくっていくだけなんだと思うよ。



そして
できる!未来をつくるためには、恐怖心を克服すること。


失敗を恐れていては、前に進めないんだ。



恐怖心があるから
できない自分で居たいんだ。


過剰な自信はなくても、恐怖心はないほうがいい。


恐怖心を克服するために、目の前に起こることを謙虚さを持って体験していくだけ。


わたしは ずっと、ずっと そうやって 人に接して、生きてきています。



それは これからも変わらない。



人に対して 大切に丁寧に接することは
自分を慈しむことにも繋がります。


今 こうやって 書いていると、温かな何かに包まれている気がします。


そして 涙が自然と、溢れます。




辛いことなんてなかった。


人に対して大切に丁寧に接して、辛いことなんてなかった。


どんなにわたしを嫌な人と接してもわたしは人を愛した。


愛することをやめなかった。


人を思いやるということは、相手の立場になって考えて行動することだと思う。


わたしは常に相手の立場を考える。


人は その時その時の立場で生きているからだ。


ひとりの人でも 母の立場、妻の立場、職場での立場、社会的立場と さまざまな顔を持っているものです。


さまざまな立場をその時に応じて考えて接していきます。


してほしいこと、してほしくないこと、されたら困ること

常に、考えて行動しています。



思いやりって ただ 手をさしのべるだけではなくて、 相手のことを常に考えて、それに応じた行動をすることなのです。


助けてほしいと言わなくても、本当に困っていたら 助けることなんです。


その人の成長を考えたら、手を出さないことがよいのです と言われるかもしれないですが わたしは掴んだその手は離さない。

助けを求めることができない人がいる。

それは意地をはっていたり、プライドがあったり するかもしれない。

だけど そんな人にも察して、手をさしのべるのです。


それが 優しさかなあ と思います。


待ってるだけでは気づかない人もいる。



人は人の温かみを感じたら前を向けると思うから わたしは 人を思いやることはやめない。


例え、お節介にうつることかもしれないけれど、関係ない。


これが わたしの愛し方です。

だって、キライなんだもん♪


以前のわたしは よく、言ってました^^



キライだから、〇〇しないの。


キライだから、◎〇◎するの。



キライを楽しんでいました♪



ネチこく何かをするのではなくて
明るく、キライ♪を楽しんでいました。


結局、楽しんだ者勝ちです〜



キライ!イヤだ!苦しい!を押さえ込んで、癒しを求めるのではなくて 表に出すのです♪


イヤだ!キライ! ハッキリ言います。



わたし、超 痛いのがキライです。 痛みに弱いです。

注射はその最たるものです。

わたしに注射を向けようとすれば、騒ぎます。

未だに、痛い!痛い!と泣き叫びます^^


自由で〜す

自分に正直になるって、謝ることだけじゃないです。


嫌なことはイヤ!って言うこと。

苦しいときは悪態ついても良いのです。

騙された時は、くやし〜って言いふらしても構いません。

憎しみが残っている時は、「まだまだ憎しみが残っています」と相手に伝えて良いのです。

言わなきゃわからない^^



わたしはその都度、相手に伝えます。


愛が湧き出た時は、スキスキ♪

辛いときは、苦しいの!

傷ついている時は、「まだまだ、わたしは傷ついているの」

意思表示がないときは、「何か言えよ!ボケ!」
と 叫びます^^ マアハシタナイ



自分に正直になるということが『自由』ということです。


自由を履き違えている人が多い世の中です。


自由なりましょう。

正直になりましょう。

正直者には福がある。


神様は正直な人の味方になってくださいます。


いろいろ書いてきましたが、傷つけられた人も奪われた人も 辛い気持ちを押さえこんで人を憎んだり復讐にエネルギーを注いでいる人よりも 正直に辛いよ〜っ助けてよ〜っと言える人のほうが神様は助けてくださるものなのです。


また、人に傷つけられて憎んでいる人よりも人を傷つけてしまってごめんなさいと謝る心を持つ人や人知れず善行をつんでいる人の方を神様は目をかけてくださるものなのです。



傷つけたほうが悪い!のではなくて、どこまで自分に正直に生きることができるか なのです。




人を傷付けてしまっても、後で 悔い改めて謝り、心を入れ替えて生きている人のほうが幸せでいられるのです。


いつまでも やられたことを根に持ち、恨みから逃れられない人は、心底から心は晴れないものです。


心を入れ替えて、正直に生きることで 幸せを感じる生き方ができるのだと思います。




傷つけられて相手を憎むよりも、人に傷つけられないように、配慮し行動することが大切なのです。


傷つけられて辛い想いをしたのなら 二度と傷つけられないように考えて行動することです。



それを学びと言います。



FBでは書かせていただきましたが わたしは最初の頃は、無料で視させていただいていました。


無料だと、人はぞんざいになるのです。


何でも聞いてやれ!という人もいらっしゃいました。

そこで わたしは学び、 今は有料にさせていただいてます。



自分をぞんざいに扱われて傷つけないためです。


それがわたしのプライドです。



プライドがあるなら、人を恨むのではなく 人を傷つけることなく、自分を傷つけられないために配慮し行動することです。


好きな人、癒される人とだけ過ごす毎日は それはそれで楽しいかもしれませんが それでは成長はしていけないです。


だから、外に出て社会を見るのは良いと思います。

常に、そのような緊張感ある現場に居させて学ばせていただけることをありがたいと感じています。

このページのトップヘ