この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

2017年02月

わたしは魂を視て話をするくせがあるのですが、自閉症やアスペルガー、発達が気になる方々の特徴として感じるのが 人間的じゃないな と思うのです。


例えば、天才的に賢い!と感じたり 明らかに異星人?と感じます。



秀でた何かを持っているので興味をそそられます。


わたしはそれを見付けるのが得意なのですが、本人はまったく気付いていません。


それそのものが、自分にとって当たり前にあるものだからです。


だから、謙遜するか 逆に誉めすぎ!と最初は嫌われてしまいます。

わたしとしては、本当のことだから 信じてもらおうと必死になります。

すると、徐々にわかってもらえて、Happy♪



自分にとって当たり前のことは それが人よりも秀でているってわからないようです。


わたしは子供時代はグレーゾーンでしたから、いろいろと苦労しました。


秀でた何か?って、なんにもない〜 と思って40年以上も過ごしてきたので、結構 暗い人生かもしれないです。



このように、秀でた何か?を見つけにくい人もいるのです。

でも、あるの。


わからないだけで。。。


自分のことって自分じゃわからないことはたくさんある。


だから、周りにいてくれるのだと思います。



わたしは子供の頃から叱られてばかりいました。
それは、普通に人が出来ることが出来なかったから。


未だに、事務仕事は苦手です。


だけど 本業は事務仕事でもあります。


それは 苦手なことを頑張ると、秀でた何かがムクムクと顔を出してくるからですよ♪


それを親がわかっていると良いなあ〜と思います。


親がわかっていないと、ひがんでいじけて、秀でた何かも影を潜めてしまいます。。。


自分がわかっていたら、ちゃんと自信を持ってください♪



できますよ♪

わたしに叱られて悔しいなら、根性込める!


負けるな!


みんなおんなじだ!



自分がどこに向かっているかわからなくても、根性込めて、目の前にあることに立ち向かうんだ!
 

出来ないことはない!


やるしかない!


あきらめるな!

わたしが何故、努力ができたか


それは、ツインフレームからの愛を感じていたから。


遠く離れていても 声を聞くことができなくても ふれることもなくても 愛されていることを感じていたから。



ツインフレームの絶対的な愛を感じていたから、自分を傷つけてくる人をも愛することができるんだ。



ツインフレームの愛を感じていたら、出来ないことは何一つない。



そう確信できる。

批判するだけなら誰だってできるし、正義を主張するなら誰だってできる。


そんなことはわかっている。


だけど、言わずにはいられなくなる。



それは、わたしはやるべきことはやってきたからだ。


根性もないくせに、甘えたこと言うな!と言いたい。


やるべきことやらずに、出来ない出来ないと言うな!
やるべきことやらずに、人のせいにするな!と言いたい。


人を思いやる心も持たずに、人を批判して、自分をかばってほしいとか愛してほしいとかふざけるな!



わたしはできる限りのことを尽くしてきた。


朝、夜が開ける前から氏神様に通い般若心経を唱え、そのあと家の掃除をきちんと済ませて仕事に行く。
帰ってからは、氏神様にお参りしてから家事をする。

休みの日には家事以外は内観浄化に費やす。


仕事においても家庭においても 相手の立場になって考えて受け答えをする。


殴られても蹴られても、自分の内面が表れているんだと謙虚に受け止め、殴ってきた手を抱きしめ、痛い想いをさせてごめんなさい と相手に謝った。


相手は自分の鏡なんだと、相手を受け入れてきた。


結果、人間関係は良くなり 信頼されるまでなりました。


努力せずに 人とうまくやれるはずがない。


わたしは我慢はしていない。


愛してきただけだ。


目の前の人を愛してきただけなのです。


目の前の人に真剣に接しているだけです。


誰に対しても、それは変わらない。



人が人を愛する気持ちは美しいと思います。


愛すること。


あなたは愛を何だと感じていますか?



愛することは愛されることではないし、執着することでもないのです。


ただ 清らかな気持ちを表現することです。



清らかさ、あなたは持っていますか?

少し前までは気にならなかったのに、最近 引っ掛かりを感じることはありませんか?


それは、浄化のサイン。


もう あなたの一部から離れますよ〜というサインです。



どんなこだわりも思い込みも しっかり感じ切ることで卒業を迎えます。



新しい自分になり、新しい人生を生きる前には そんな心がモヤモヤすることが起きるものです。


新しい人生のスタート地点には新しい出逢いが待っています。

いくら自分に繋がっても満たされないものがある。


それは、『触れ合い』です。



結局、わたしたちは肉体を持って生まれて 人との触れ合いを求めているのだと思います。


人間として生まれたなら、自分に繋がることは大切だとは思うけど、触れ合うことも同じように大切だと思います。




わたしは 何年か前からあきもせずにブログを更新していまして 最近では、わたしのブログを読むと心が軽くなると言われるようにもなりました。


また 内容如何では、厳しい言葉が並び 読みたくない!と離れていく方もいらっしゃいます。


ここ最近、いろいろ考えます。


今までのわたしは どっぷりと仙人生活を楽しんでいたので そろそろ地上に降りて、ふれ合うこともしてみようかなあ〜と思うようになりました。


しかし めんどくさがりのわたしだから、なんとも言えませんが ちょこちょこと出てみようかなと思います。


直接、触れ合える場所に出ていくのも悪くないかもしれません。。。

セラピストさんで仕事内容とプライベートと一緒にブログ記事を書いておられる方を見かけます。

その内容も段々がありますが、そこまで世間に晒すのかと思える内容もあります。


プライベートでも楽しい内容なら問題はないと思いますが深い内容の話だとそんな深い話を何故、公にする必要があるのだろう?と疑問に思います。
自分に正直になるって 自分の負の部分を公にすることではないと思うのです。

顔写真も出してプライベートも晒して、何をしたいのだろう?


自分のことを赤裸々に出して、家族も晒して、何が大切なんだろうと思ってしまいます。


誰にでも守りたいもの大切にしたいものはあると思うのです。


大切なものを公に晒すものなのかな?


自分のことって自分自身がわかっていれば良いものだとわたしは考えます。


わからなくて答えが欲しいなら きちんと相談できる人に話をすると思うのです。


それをしずに公に晒すのは、それが大切ではないと言うことですね。


告白本も同じことだと思います。

これからは本格的に魂の世界が現実化します。


今までの世の中は計画性重視で動いていましたが、これからの世の中は恐れを手放すことが大切になります。



そして、自分にハメているワクを外すことを求められているように思います。



そのため 今まで書いてきた内容が古くなってきています。


メインブログは そのまま残しますが なるべく新しい記事を読んでくださいね。



確実なことは 求められることをきちんとすることと自分の位置を知り行動して、努力することです。


恐れを手放し、自分の人生を創造してください。

恐れのある人のそばにいると、伝染します。


また 魂の世界が現実化するといっても、現実の世界で努力したことが魂の世界に反映され、現実を創造していくことになるので、今まで通りに日々の努力は大切です。


これからは 特に、勇気を持つこと、制限を外すことを求められていきます。


徐々に、恐れを手放していきましょう。


しかし 恐れを手放すと 心が楽になりますね。


すると 恐れのある者とは関わりたくなくなるのですが まだまだ学びがある者は関わりたくないと思いつつも、関わりあわなきゃいけなくて、 学びが終わったら、関わらないようになるものです。


関わりたくないと感じても、求められるということは そこに学びがあるということ

を頭に置いてほしいと思います。



制限が外れたからといっても 学びが終わるまでは繰り返し目の前に差し出されるものです。



魂は、恐れを手放すことをやりたいわけではなくて、恐れがなくなり恐れのある人を思いやることをしたいのです。


間違えないでくださいね。



思いやりを持って生きたいのです。



思いやりをもって生きていたいから、制限を外すのです。

相手を尊重、尊敬するということは 自分の身を清浄に努め、相手に失礼にならないようにすることだと思います。


自分を愛し慈しみ癒すことも 目の前の相手に失礼にならないようにすることなのだと思うのです。


自分を律することは相手を愛することに繋がります。


自分を律することも自分を愛することに繋がるのです。

このページのトップヘ