この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

2017年06月

気付きというものでさえも 本当は、気付かされるものであって 自分が勝手に気づくことではないのかもしれません。


すべては、神様の御慈悲であり贈り物なのだと思います。


そう考えると この身体も、神様からの贈り物なのだと思います。


自分の生命でさえも。


神様からの贈り物なのだとおもえるのです。

この世界にあるすべてのものは感謝するために存在する。

この世界にあるすべてのものには生命が宿っている。


それらを心から愛すれば、わたしたちの願いは叶えられる。


宇宙は愛に基づく願いには例外なく応じるからです。


愛によってわたしたちが願い、命じたことは顕在化するのです。

願いの叶え方の一番、わかりやすい方法はAmazonさん。



Amazonで買いたい商品があったとします。


いろんな商品を観ていて、ひとつに定めて、「購入」ボタンを押します。


これが、決定ボタンであり人間の心の中で言うと、「決心」です。


「購入ボタン」=「決心」するから、商品が届けられます。



願いが叶えられましたね。


願いを叶えるってこういうことです。


「決心」する力が強ければ強いほど、効力が増します。


早く届くし、早く叶います。



この時間差がなくなればなくなるほど、魔法と呼ばれるものになるのです。


そのためには、集中力です。



集中力を高めることで、願いを叶える速度を短縮できるのです。



簡単でしょ♪

人生は、魂よりも自分の意思を優先して歩むものなのですが その意思を魂に委ねることによって より幸せに歩むことができるのだと思います。



自分の意思全開で進むのは、自分のエゴ全開で進むことにもなるので お試しが降ってくることも多いですね。


その場合には、そこと向き合って乗り越えていけばよいのですが、どちらかというと人は、お試しを避けて通りたい気持ちがあるようで エゴ全開で進むよりも、諦める方が多いように思います。



さて この魂に委ねて生きるということはどういうことかを書きたいと思います。



例えば、 〇〇〇に行きたいと思っていたけれど、電車がストップしたから、これは出掛けてはいけないというサインだから無理強いして行かないようにする。。ということをよく聞きます。


進んではいけないという時にはサインが必ずありますが、それを見逃すと とんでもないことがおきますね。


しかし、エゴ全開でいると、無理強いして出掛けていこうとします。
自我が強いのです。
やりたい!が強過ぎて、失敗するのです。


逆に、もともと自我がそれほど強くない人は、諦めも早いです。



この場合は、魂に委ねているというよりも欲が少ないというだけなのです。


注意していただきたいのは、欲が少ないからすぐに諦めることができるだけで魂に委ねた人生を歩んでいるわけではないということです。


ただ、欲がない ことと魂に委ねることは、違います。別物なのです。



確かに、魂に委ねる生き方をするときには 欲はほとんどなくなりますが、だからといって 欲のない生き方=魂に委ねる生き方ではないのです。



なぜなら、魂に委ねる生き方をするときには、必ず 自分を律することを求められるからです。


必ずです。


欲がなくなったから、楽だ〜
とは、思えないのです。


自分を律するとは、誰に言われるわけでもなく、自らがつくった箱に自分をすっぽりとおさめる作業です。


それを継続して行うことなのです。


終わりはありません。



魂に委ねて生きることは、自分を律して生きることなのです。


自分の意思が魂に委ねると決めたのです。


冒頭にも書きましたが、優先されるのは、自分の意思です。

決して、魂自らが指揮を取るわけではないのです。


自分の意思で魂に委ねると決めて、自らつくった箱に自分を入れて歩むことが魂に委ねる生き方なのです。



自由奔放に生きることが魂に委ねる生き方ではないということを覚えておいてくださいね。



どんな生き方をしても自由です。

魂はわたしたちの自由意思を尊重します。

どのような生き方をしても自分次第
なんだなあ〜 と実感しています。



地に足をどっしりつけて歩もうが浮き足だって歩もうが、自分の選択した人生なら誰も文句は言わないのです。


自分が決めてきた人生から外れたり、忘れたりすると 違うよ〜 とお試しが降ってきたりするけれど その都度、反省して 本当の自分を思い出せば どのような生き方をしても間違いはないのです。



まずは、本当の自分(神聖)を思い出すことと反省できる自分になることです。



それがスタート地点です。




わたしが書いている記事を読まれてコメントをされても その内容がわたしが理解できない場合が多々あるので、メインブログはコメント欄を閉じています。



人というのは、ひとつの物事に対して、様々な意見を持つものです。


しかし、穿った物の見方をされる場合は、わたしは理解不能に陥ります。

対象物はまっすぐ見ないと理解はできないですよ。


まずは、まっすぐ物を見ることができるようになることが先決です。



本当の自分(神聖)を思い出すよりも 自分の行いを反省して、物事をまっすぐ見ることができるようになってください。



まだまだ 人類は、穿った物の見方をされる方が多いですから。



わたしが声をかけられないのは、そのような理由からです。



情報というのは、このように誰もが取り出せて見れるようになっていますが、穿った物の見方をされる方は、どのような情報を得ても同じだと思います。


情報を得ることに一生懸命になるのではなくて、その穿った物の見方を直してください。



そうでないと いくら良い情報を得ても、変わりはないです。


スピリチュアルな情報に翻弄されているだけで終わってしまいます。




物事には段階があるのです。



幼稚園児が大学で学ぶような書物を読んでも理解できないです。


自分には難しくて理解できないなら、まだ良いですが 部分的にわかるところだけピックアップして取り入れたところで 自身を翻弄させるだけで良薬が毒に変わってしまいます。


気をつけましょう。

魂には魂と器に分けられます。


この夏至、新月で魂の器のバージョンアップを果たされた方も多いはずです。


そのため、とても楽さを味わっていらっしゃる方も多いと思います。


また、魂の器のバージョンアップを選択しなかった方は、かなり苦しい現状を体験していると思います。




今後は、器の大きさに合わせて、魂がバージョンアップしていきます。


バージョンアップしたのち、創造をしていきます。


魂の願いを叶えていくのです。



わたしたちは創造するために生まれてきています。


だから、魂のバージョンアップするのは、当然のことなのです。



これを繰り返して、魂と器は成長していくのです。


楽しみですね。


いったん、成長する!と決めた魂は、後戻りはしないもので 永遠に成長し続けます。



すべては 願いを叶えるためです。




魂は純粋になればなるほど パワーアップします。

パワーアップして願いを叶えていくのです。


いうなれば 純粋になればなるほど、願いは早く叶います。



今回の新月で わたしは身を持って体験しました。

自分の力のすさまじさを思い知りました。


人間である以上、怯むんです。


この力を使うことに。。。



昨日は、自分のパワーがとても怖くて仕方がありませんでした。


たった小さなわたしの願いがこれほどまでに周りに影響を与えてしまうということが。



純粋になればなるほど、神々も加勢してくださいます。

そのため より大きな力を持つのです。

この世界は まだまだ、時間のある世界だから、一瞬で物事が変わることにはならなくて 時差が生じるのです。


そのため 願いというものは、その過程において 何らかの歪み(苦しみ)を与えることで変化していくのです。



まだまだ わたしは未熟で一瞬で変えることはできないのです。

だから わたしの願いを叶える力が少しでも苦しみを与えることだとわかった今は、最小限に押さえたいとわたしは感じてしまいます。

怯んでいるんです。


今はそれでもいいのだと思います。


だけど それを繰り返していくことで 魔法と呼ばれるものに変化していくのだと思います。



この二日間でわたしに起きたことは 序章に過ぎなくて、これから願いを叶えていきながら、一瞬で変えていける魔法にしていくのだなあ と思います。



わたし、ハリーポッターってまったく知らないのですが、たぶん わたしのこれからの歩みはハリーポッターになることだと思います。



ぴっぴとぺっぺもたまにやるけど それ以上に、魔法を使いこなせるように修行をしていくんだと思います。




ハリーポッター修行の始まりです。

蟹座の新月のエネルギーはすさまじい威力がありました。


自分の中に、こんなに激しくて微細なエネルギーがあっただなんて思いもしなかったので 頭と身体と心がバラバラで、この二日間 生活するのがやっとでした。


少し落ち着いたので、記事を書いています。


蟹座の新月のエネルギーは、自分の居場所を決める ことにありました。


今までも あなたの譲れないものは何ですか?と問いかけてきましたが、「自分の譲れないもの」が頭ではわかっていなくても、強制的に そのように現実がつくられていくのを目の当たりにして、驚愕しています。


わたしだけじゃなくて、私以外の私の周りの者にもそれが起こりました。

こうやって、現実が造られていくんだ。。。


人間関係も強制的に外されていくのです。


魂は自分の居場所を知っています。
だから、どうしてもそこに引っ張られていくのだと思います。




今まで 私のそばから離れなかった人が わたしから離れていきました。


今まで、ずっと見守ってきたのに、結局はわたしの愛が届かなかった というよりは、彼からしたらわたしの愛はもう必要ないものになったのだと思います。


また 代わりに入ってくるものや復活するものもあります。



こうやって 自分の居場所が固められて 人間関係も代わってつくられていきますね。




これからは 本当に、自分の生きたい人生を歩んでいく世の中になっていくのです。



我慢していても我慢の限界が越えることもありますし、また、そのまま我慢し続けられる時には 我慢という名目であることも考えられますね。


最終的には、なるようにしかならないのだと思います。



それぞれ自分の居場所を持っていて、そこに進むだけなんだと思います。


今は一緒にいても、未来はわからない。


ただ 前を向いて歩むだけなんだと思います。



どうなりたいとかこのまま変わらずに、と思っていても いずれ 結論が出る時がきます。



それまでを 真摯な気持ちで生きていきたいと思います。

ならば、統合は諦めるわ。
わたしはわたしで好きなことをして過ごすわ。



と、ツインレイの女が言ったとする。



すると、ツインレイの男は

いやだも〜ん
こわいもん!こわいもん! 寂しいもん!

と 駄々をこねる。



ツインレイの男はツインレイの女に見守られて戦いたいらしい。




難儀やなあ〜

本当の自分に戻る前にやりたいことがある!



だそうな♪



戻ってから、やればいいやん! とツインレイの女は言う。



戻ってからはできないらしい。。。



本当の自分に戻ることは、ツインレイの女と統合すること。


ツインレイの女に羽交い締めにされては、やりたいことはできない!と主張するツインレイの男。

失礼な!誰が羽交い締めにするものか!
優しく、いたわり、包むだけよ!



いやいや、ツインレイの女は山よりも大きく海よりも深いから、少し抱き締められただけで窒息しそうになるらしいf^_^;



そういえば、思い当たることがあるわいね〜^^


以前にも 空ちゃんが戦っていた恐竜をふみつぶしちゃったもの^^

あの時は、出逢えた嬉しさで つい。。。


また、わたしのシッポで相手を宇宙まで飛ばしてしまったことがあるわ♪

わたしがいたら空ちゃんは戦わなくてもいいのよ♪

ずぅっと、おままごとしていれば幸せなのよ♪




ツインレイの男は闘いたい!戦争ごっこがしたいらしい。




神様は、どちらの気持ちもわかるので
結局、ツインレイの男の戦争ごっこが終わるまでは統合は難しいようです。



ハハハ〜

結局 ツインレイの男は分かれた時の痛みが辛すぎて、お相手を封印したってことでしょ。

離れた時の痛みが辛すぎて、前を向けなくて 出逢っても離れてしまうのが怖いから、好きじゃないふりをするの。


好きじゃないふりをして、自分を守るの。


本当は寂しいくせに、無理して好きじゃないふりをして自分の殻に閉じこもる。


そして、他の女性に愛想をふりまく。


嫌われても傷つかない相手に愛想をふりまく。


そんなツインレイの男に宇宙からのエネルギーが注がれる。


自分自身を見つめざるを得ないように現実がつくられていく。


怖いよ〜
助けてよ〜 と泣いて叫んでも逃げられない。


ツインレイの男は自分の恥部を見つめざるを得ない。


本当は、自分の片割れを探していた!
それに、気付かされていく。。。

そして、ツインレイの男は相方を見つけ、もう二度と離れないって抱き合うの。。。




って、そんなうまいことはいかないわ〜


その間、女は待ってるだけじゃないもん。

フレーフレーって、旗を振って応援してるだけじゃないもん。

その間、女は。。。

女は。。。



愛してる〜愛してる〜と、唱え続けるの。

男の凝り固まった心をとかすのは女の役目。


愛してる〜愛してる〜って唱えると、
怖いよ〜
助けてよ〜 と泣いて叫ばれる。


それでも、我慢して唱え続けるの。


ツインレイの男の心をとかすのは女の役目。


少しずつ少しずつ、とかしていく。

怖がらせないようにとかしていく。



愛してるの、愛してるの とささやいてとかしていく。。。


離れてごめんなさいと謝って謝って謝り倒す。


もう二度と離れない、と言っても信用しない男を説得続けるの。


根気よく、根気よく。。。


どれだけの時間がかかるかわからないけれど、ツインレイの女は男を目覚めさせるために全力を注ぐの。


愛を注ぐの。


コテコテに愛されて、自信を取り戻して、ツインレイの男は目覚めていくのです。



難儀やなあ〜



このページのトップヘ