この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

2017年08月

いつかお金のいらない未来になると言われているけど、いつかであって今じゃない。


いつかを夢見て生きるのは馬鹿げていると思う。


今はまだ、お金を必要とする世界で、お金で食糧を得た生活をしているならば、そこを大切にすべきだと感じるんだ。


生き続けるには、食糧は必要だし、食糧を得るためのお金や手段は大切だと思う。


そこを考えない生活は、生き続けることを放棄していることだと思うのです。



この世界を良くするために活動されてる方も多くいるけれど、それよりも自分自身が生き続ける行動をすることの方が重要だと思う。


命がなくちゃ、世のためには生きられない。


死んでしまったら、何もできないよ。




生きていくための優先順位を間違えないことって大事だよ。


お腹を満たすことって大切だよ。

道を間違わないように、丁寧に導かれている。。。


わたしの歩む道に転がっている小さな石ころもひとつひとつ丁寧に取り払われていき、道も整備されていく。




今朝から、自虐の念に囚われていて、これからのわたしの進む道を頭で考えていたけれど、考えなくてもいいんだよ と言われている気がする。



〇〇〇〇が出来るようにならなければ、とか〇〇〇にならなければ、という想いに囚われていたけれど 今のわたしの姿で間違ってはいないのだと思う。



完璧さは求められてない。

わたしはひとりで多くのことをやろうとしていた。

苦手なこともやりきろうとしていた。



ただ、進むことを決めるだけなのだと感じた。



頭で考え過ぎていたから、恐れが出ていた。


自分が変わってしまうことへの恐れ。


本当は求めて止まないものなのに、、、、。



永遠を目指して、わたしは舵を切る。


もう、迷わないし 迷えない。


決めることって大切だと感じています。


常に生き続けることを選択するだけ。。。


命、魂と向き合って生きるということは、常に生きることに集中することだし、しいては、本能を研ぎ澄まして生きていくことに繋がります。


やりたいこと、望みも必要だけど 基本は、生き延びていくことが大切なのです。


そのために自立が必要です。


だけど それだけでは片手落ちで、危機管理能力が必要になってきます。


生き延びるための見極めが必要。



ミサイル発射やツインというキーワードは、



生き延びていくための見極めができますか?

自立できていますか?

危機管理能力はありますか?

という意味なのです。



それを 誰の言葉を信じているのか知らないけれど、飛んできていないだろうと余裕でいるのは、鈍感過ぎて、話しにならない。




『ツインソウル、ツインフレーム、ツインレイ』といった 魂繋がりの人との出逢いを求めている人が多いですが、根底にあるのは、生き延びていくための知恵を授かりたいという魂の想いによるものです。



『ツインソウル、ツインフレーム、ツインレイ』が離れているのは、どちらかが生き延びるための魂の知恵なのです。


一緒にいて 互いに、死んでしまったら、地球に来た意味がないでしょう。

どちらか生き延びるために離れているのです。


一緒になりたければ、自立して本能を研ぎ澄まして生きることです。


それならば、一緒にいられる。




ミサイルが本当に飛んできてるかどうかわからないようでは、まず無理でしょう。



危機管理能力、本能と書きましたが、それがあれば 仕事ができるはずです。


生きていくためのお金を稼ぐことは楽にできるようになるものです。



全部、つながっているのです。


覚えておいてくださいね。

ふと FBを開けて観てみると、 今朝のミサイル発射のことが書かれていた。



「いつまで インチキ芝居を続けるのですか〜?

ホントに飛ばしてるんですか〜?

脅すだけ脅すのは、やめてくださいよ。」



と書かれていました。



そういう人の集まりなのかな?



わたしは、この世界で何が起きているかを体感で知ることができるけど、体感も何もない人っているんだね。


危険を察知する能力がまったくないのに、簡単に人の言葉を信用する人がいるんだね。。。



命の危険を感じることができない人がいるんだね。



洗脳って恐ろしいなあと感じました。

自分の命に対しての想いを再確認する現実をつくること と ソウルメイトに出会うということは、自身にとって同じ効果を与えると思います。



それは、魂の目覚め。



自分の命に対しての想いを再確認する現実をつくるというのは、命の危険にさらされるという現実をつくりあげることでもあります。



今朝、ミサイルが北朝鮮から発射されたことが発表されましたね。


あなたはどう感じましたか?



怖い!と身の危険を感じませんでしたか?


また、自分が病気になったことがわかった時、どう感じましたか?



その時に、自分自身が自分の命に対して、どんな想いで生きているかがわかるのです。



命と向き合うということは 自分自身が自分の命に対して、どんな想いで生きているか問うことを言うのです。



自分の命に対して正直に生きていますか?


自分の命に対して素直で生きていますか?


自分の命に敬意を払って生きていますか?


自分の命を粗末に扱っていないですか?




ミサイルが発射されることを北朝鮮、政府のせいにしていませんか?



危険をおかしながらもミサイル発射を許可しているのは、誰だかわかりますか?

豊かになることって 努力だけではなくて、自分を豊かにしてくれる人を見極めることも大切なのです。


そんな人を見つけたら、絶対に裏切ってはいけません。誠意を尽くすのです。


裏切ると、どつぼにハマります。


苦労は買ってでもしろ、と言いますが そんな苦労は余分です。



裏切ってはいけない人っているんだよ。


自分を豊かにしてくれる人っているんだよ。


まだ 出会っていないという方、ホントだよ。


信じてみてね♪


さっきも FBのコメント欄で書いていたのですが わたしはこのお盆は、自分の生まれてきた目的である核を撲滅すること中心に動いていました。


いつもお盆というと7月15日頃からご先祖様がプカプカと帰っていらっしゃいます。そして、ご回向をさせていただき、うちで楽しく過ごしていただきます。


しかし、今年は、この核撲滅に関しては 戦争で亡くなった方の霊との交流がありました。

日本を守るために命をかけて挑んだにも関わらず、戦後、復興はしましたが また、同じことをしようとしている日本のある一部の人に対して強い怨念を持っている霊が 今もなお、苦しんでいらっしゃいます。

以前、お手玉遊びでも書いたように、わたしを信じていただいて魂の昇華をさせていただきました。

念を持って存在することって苦しいのよね。

成仏して光りに還りたいわけではなくて、その想いを知ってほしくて、また、それを繋ぐ人に出会いたいのです。

プカプカ浮いてる霊さん 誰もが、この世界から核のなくなることを望んでいます。

その想いに答えるために、わたしたちは生かされていると思うんです。


プカプカ浮いてる霊さん でも この世を生きている霊さんも同じで 結局は、魂同士が繋がりたいのだなあって思います。


人と人との出会いも同じで、魂同士が繋がりたいのです。


魂と繋がる時のポイントは、互いの神聖さを信じあうことだと思います。


負の感情を抱いていることを知っても、何かの間違いだと思えばいいのです。



そうすることで 魂同士が会話して、安心していただけます。



どんな魂も神聖な存在です。


原子核の周りには、電子が形を変えたり、離れたりしながら、回り続けています。


電子に形を与える知性や電子が原子核の周囲を回り続けるよう保つ力、電子を原子核から引き離す核内の呼気。

この力の渦が愛と呼ぶものなのです。



魂とは愛という力によって動かされている原子を指すのです。



電子は創造主の「光」であり、原子核は創造主の根源の魂なのです。


魂(原子)の中の光(電子)の数は意識的な思考、そして原子核の周囲を電子が回るスピードは感情の結果、決定付けられるのです。


原子核内の円運動の強さは神の呼気と呼ばれます。


ゆえに命とは神の愛が最大限に集約された活動なのです。


これが魂(原子)の質を決定づける要素です。



魂(原子)とは、神の愛、神の呼気、自意識を持った知性の意志によって生み出された、生きていて、呼吸をし、考える実在なのです。


自意識を持った知性が物事の顕在化に使う仕組みが思考と感情なのです。


命を持って生まれてくるということは、創造主の根源の魂と繋がり、また 愛と光りに包まれた状態を表すのです。



根源の魂(原子核)と根源の光り(電子)をいただいてわたしたちは生かされているのです。


だったら、どうやって生きたらよいかはわかりますね。


魂を生かすためには、愛という力を与え続けることなのです。

地球では、そろそろ自然の力を見せつけられています。


自然をないがしろにし、自然のことを考えない人間に対しての警告ではなく反撃ですね。


確かに太陽の力は偉大ですが、太陽だけが崇められているのは違うと思います。


月や太陽以外の惑星があってこそです。



自然の力は、これだけではなくて ほんの一部しか使ってない。


太陽が隠れると世の中は暗くなるのは当たり前ですが、 太陽が光り過ぎると 雨風を起こすのは自然界の役目です。


どちらの力が強い、ではなく 何事もバランスです。



太陽が光って入られるのは、宇宙、自然界があるからなのです。

人と付き合う時の距離感ってあると思う。


わたしは 比較的、その距離感は近いのだけど 人に応じて変えます。


人との距離感の取り方がわからない方っていらっしゃいますね。


あまりに近寄られると引きますが、そこら辺のところはわたしは得意です。


付きまとわれるタイプの方は、最初の取っ掛かりが良いので侵入されやすいのです。

そして 困ったことになってから引くのです。

困ったことになる前に引くことをしないんですね。

引き際がわからないのです。



また 苦手意識がある方とのコミニュケーションが出来ない方もおられます。

苦手だから仕方ないかもしれませんが、露骨に嫌な素振りをされる方もいらっしゃるので それを見てると、損してるなあ と思います。

苦手だから、近寄らないというのではなく お尻を向けるのです。

無意識ですがされた方は嫌な気分です。

そこから嫌われたりもするのです。


だから、自分が苦手だなあと思う方から嫌われたりするのです。


自分が嫌うから相手も、なのですね。



だから、自分の好きな人や付き合いやすい人とグループになりやすいのかもしれません。



わたしからすると、もったいないなあと思うのですが、人付き合いの苦手な方はそれで良いのかもしれません。


自分の領域さえ守っていれば、それが幸せかもしれないですね。


自分が満足することが大切だから。



人と人の付き合いは、違う次元を旅しているのと同じです。


自分の領域=次元は、誰にでもあります。


でも 成長するにしたがって、その領域も広がります。


外の世界を観たり、違う次元の人との付き合いは勇気がいることかもしれませんが、それを越えると、違った楽しさが生まれますね。




わたしと仲良しの人が実は、人付き合いが苦手だったことがわかり驚いたので書いてます。

このページのトップヘ