この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

2017年10月

自分自身が成長するためには 毎日の反省が効果的です。

そのため 毎日の日記を書くことをお勧めします。


この成長ですが 反省をしていくにしたがって、霊的な回路が開けてくるものです。

だから より、成長に拍車がかかるのです。


反省が内観になり、内観することによって、霊的な回路が開けてくるから 瞑想するのと同じ効果があります。



わたしはよく、自分の位置を知ることだと言いますが、毎日反省することで自分の位置が確認できるのです。

それが 自分を知ることに繋がります。


瞑想というと 静かな場所に身を置いて自分の内側を見つめることですが 日記を書くのは、まさに瞑想と言えるのではないでしょうか?



日記を書くだけで霊的な回路が開けるなんて眉唾だと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

それは 日記を書くというよりも 謙虚に自分自身を見つめるから霊的に開けてくるのです。


霊的な回路を開くようにするためには、謙虚さが必要ですね。



たまに 謙虚さのない方が見えるだとかわかるとか言われますが 自分自身のことはわからないものです。


人のことがわかっても自分自身のことがわからないのは、ホンモノではありませんね。


まあ、自分のことがわからないから 占いや鑑定が流行るのですが。



でも 霊能者であるならば 自分のことぐらいわかってないと話しにならないと思います。

よくよく考えてみると わたしは、指導者と呼ばれる人に対して話をしていることが多いことに気付きました。


大概が、その道のプロである方と話をする機会が多いです。


わたしには肩書きというものは何もなく、普段は、〇〇ちゃんのお母さんであったり〇◎〇さんの奥さんと呼ばれてます。


ままのまま というHNも娘が友達からママと呼ばれていたため、必然的にわたしはままのままと娘の友達から呼ばれていたのをとりました。


だけど 結果的には、ままのままをしているのです。


人の役割は様々で わたしは指導者を指導する役割があるようです。


しかし セミナーを開くわけでもないし、表立っては何もしていなくて 細々とブログを書いてるだけなんです。


たまに、見えない誰かに呼ばれてお出掛けをします。

その行った先々で出逢いがあるのです。


わたしよりもうんと年上の方との出逢いがあるのですが、最初はわたしが聞き役ですが 最終的にはわたしが力説してる^^
そして、納得させてる。。。

あっ、やっちまった と思うわけです。 だけど、感謝される。 信頼される。

でも わたしは某という肩書きはないのです〜。


以前は、ままのままの名刺を作ってましたが 今は作っていません。


そういうことに、こだわらなくなったんです。


通りすがりのおばちゃん♪でいいと思うのです。



不動明王様やイザナミ、イザナギさん、お釈迦様と言った神様系ともお話しします。


神様のお悩み事もわたしが知恵を絞ります。


様々な存在から頼られていますが、頼られるだけではバランスが悪いです。

頼られるだけではうまく生きられません。


バランス良く、頼らなくては(#^.^#)


頼られてばかりでも良くなくて甘えて頼ることも必要なんです。


わたしが唯一、頼れるのは彼だけです。

わたしが素顔のわたしを見せられるのは彼だけです。

わたしが女であることを自覚できるのは彼だけなのです。。。 (*^O^*)



うちの空ちゃんがこの世で一番、スゴいのです(#^.^#)←ということにしておこう!

どんな日本にしていきたいの?


どんな経済発展していきたいの?


待機児童をなくしたいなら何をすればいいの?


原発0にするためには何をすればいいの?



家族が仲良く暮らしていける世の中にするためにはどんな政治をしたらよいのかがわかる人はいませんか?



根本的には、家族仲良く平和に幸せに生きていける世の中になること。


個人主義、それぞれの価値観を持つことを認めあうことも大切だけど それによって家族崩壊するっておかしくないですか?


『愛』という世界は、自分の好きを追求していったら 必ず、家族仲良くしよう!ご先祖様を大切にしよう!という想いが出てくるものなのです。


それなのに、自分の好きを追求したら、家族から離れご先祖様を無視した生き方になるのは、愛の世界にいないということなんです。


なんのための瞑想かといったら それに気づくためなんです。


自分勝手に生きるための瞑想ではないのです。


すべては『愛』に気づくためにあるのです。



『愛』を選択しない人もいる。。。


それはわかってる。


ただ、『愛』を選択して生きているつもりでも 結果、愛の世界に生きていない人がわんさかいます。

勘違いしてる人がわんさかいます。




家族が仲良く暮らしていける世の中にするためにはどんな選択をして生きたらよいかわかっていますか?


家族と仲良く平和に幸せに生きていくために、あなたの『好き』があるのです。


愛する人と仲良く暮らしていくために、あなたの『好き』があるのです。

あなたの『好き』はなんですか?

593fc831.jpg毎日、バラバラなことを書いているわたしですが 軸はあるのですよ。



魂の目的、使命
潜在意識のやりたいこと 顕在意識が考えること




わたしたちは、いろんな次元を生きています。


それは、色で表すと 赤から金銀、白に至るまで、120色にも及びます。

また 音に表すと、ドレミのドからシに始まって、低音、高音。



様々な次元に生きています。


その中で 自分で把握出来ている次元がこの現実に見えているだけです。



わたしたちは、すべて持って生きています。


見えないけどあるのです。




神様と呼ばれる存在も、自分の中に含まれています。


誰もが持っているのです。

79d60612.jpgひとりでも生きていけるように強くならなければいけない
って考えてる人が多い世の中のように感じます。


そのために、自分の『好き』を探求して生きていく。


そういう方は、成功している!と言われるようになるかもしれませんが、寂しい人生です。


動機が『ひとりでも生きていけるように』だからです。



物事を成すためには、動機が大切です。

それが原動力になるからです。

ひとりでも生きていけるようになるための力って本当のパワーと言えるでしょうか?




一方で、愛する人と一緒に生きていきたい、家族仲良く暮らして生きたい という動機で同じように努力をしている人がいるとします。


どちらが心が豊かなのかわかりますか?



元々は、どちらも家族との関係が良くない状態だったり どちらも愛する人がいないとしても
最初から、そこを求めるのと求めないのは、心の豊かさが違います。



人生最後まで、ひとりで生きるって寂しくないですか?


潜在意識が『ひとりでも生きていけるように強くならなければいけない 』と感じているなら、魂がいくら相手を求めていたとしても 人生は潜在意識優先に創造されていくもので、魂がいくら伴侶を乞うていても魂は潜在意識に寄り添うのです。


わたしは魂の想いがわかるので見ていて歯がゆいです。。



魂は潜在意識の選択に寄り添います。

話を聞いていると 今は、家族が崩壊してきて 個人主義になってきているため 経済活動に関しても そのようなシフトチェンジを行っています。


家族を考えた商品よりも個々のニーズを考えた商品になってきていますね。

その方が儲かるから。



そのため、より家族崩壊に拍車を拡げているように思います。



確かに、経済を考えれば 今の現実のニーズにあったことを提案していくことは間違いではないのかもしれません。



理想を語っていては生きていけないと言われますが それまでは、理想ではなく現実であったはずなのです。




わたしが家族の話やご先祖様の話しをすると、時代遅れと言わんばかりな目を向けられます。



自分個人のことばかりを気にして、周りを見渡すことをしない。


子供がいても自分のことばかりを気にする親。


高校生は早く、家族から離れて家から出たいばかり。



きちんと自分の身の回りのこともできず、社会に出ても役にも立たない状態で家から出たいって意味わかりません。


自立できていないうちから、社会に出ても使い物にならなくて、だから ウツになる。


家庭内で叱られたこともないような子供が外出て働いても社会の迷惑です。


親にしても 年頃になっても結婚しない娘を不憫に感じたり、、、、


恋愛関係を結べないように育ってきている人も多いです。



出会いがないことを理由に出会いだけを与えればよいと思っている。



良好な人間関係を結べない人が増えています。


大人ですら、多いです。



できないことが当たり前の世の中になってきています。


苦手なことのある人が優遇されたり、
努力しない人が優遇されたり、
気付かない人が優遇されたり、


できない人向けのサービスやできない人をターゲットにした経済。。。



向上心をつけたり
努力させる目的ならいざ知らず、お一人様を助長させるような商品やサービスが経済効果を生んでいます。


それに便乗する業者の多いこと。



人はご先祖様に守られて生きているのです。


家族は大切です。


誰でもご両親がいて、生まれてきているのです。


自分の家族やご先祖様を否定したり軽んじている人の多いこと多いこと。



ホント、世の中はおかしい。

最近では、自分の好きなことを仕事にされていらっしゃる方が多いですね。


自分の『好き』を仕事にしている人を見ると それだけで、キラキラ輝いているように見えます。


でも 実際 そこに辿り着くには、努力が必要だったり また、辿り着いてからでも努力も悩みもあるものです。


今は特に、人まねではなくて、自分らしく表現することを望まれている方々が多くて 自分の可能性を見いだして生きていきたいと考えているような世の中のように感じます。


自分の生きたいように生きる時代です。


しかし その一方で、それに憧れたり羨む人も少なくありません。


自分もそうなりたい!という気持ちで努力することは素晴らしいことですね。


しかし それを羨んだり妬んだりする人もいるし 自分には無理だと諦めてしまっている人もいます。


何かきっかけがあれば変われるのに、それが何かがわからない。


だから、セミナーやイベントに出掛けて探します。


人の成功体験を聴いたり読んだりして、探します。


成功したい!という想いが強いと、様々な分野に飛び付きます。


自分の『好き』を見つけようと必死です。


自分の『好き』は、外側にはなくて内側にあるものです。


そのため、瞑想やヒーリングや内観をされる方も増えてきました。


自分の内側を見つめていくと、静かな自分に辿り着きます。


そこと会話をするのです。


そうやって 自分の内側と会話をしていくことによって 自分の『好き』が明確になっていくのです。

自分の『好き』を見つけたら、それによって自分を輝かせていくのです。



しかし、自分の内側を見つめるということは、 自分の『好き』を見つけるだけではなくて 自分の本質を見つけることにもなるのです。


また 見えない世界とアクセスすることにもなるので、注意が必要です。


自分の『好き』を見つけるために始めた、瞑想で違う世界に足を踏み入れてしまう方も中にはいらっしゃいます。




見極めること、が大切です。


嫌な感じがしたら、足を踏み入れない。


不安や恐怖心を煽る輩もおります。



瞑想すべてが危険だとは言わないですが、変なセミナー催しがあるのは、よく見聞きします。


先日も 娘が行った催しに不安を煽る人がいた、と言っていました。

娘は 自分が出会った人はすべてわたしに報告してきます。(わたしは名前を見れば人となりがわかります)

そして付き合って良い人悪い人を振り分けます。(便利に使われてます^^)


仕事関係で頼まれて行った催し(スピリチュアルとは無関係)でも不安や恐怖心を煽る商法をしてくることを話していました。


世の中、怖いわねぇ〜




と 話しはそれてしまいましたが、


自分の可能性を見いだして生きていきたい気持ちはわかりますが、その欲求が強いと 違う方に行く可能性もあるから、そこまで 自分の『好き』を追求しなくてもよいと思います。



それよりも 目の前に起こることを素直にとらえ、謙虚に 毎日、反省して過ごしていれば、自分の『好き』に辿り着けるものですよ。


瞑想だ、ヒーリングだ、ってやらなくても ちゃんと進んでいけますよ。

先記事では、世界的に有名なスピリチュアリストの方々や人を導く立場でいる方々がTwitterやFacebookで災難にあったことや病気になったことをつぶやいたり投稿されていますが、それってどうなんでしょう。

と書きましたが、

人を導く立場としてではなく、周りの人たちと一緒に共感しあい、学び合いながら切磋琢磨している方々もいらっしゃいます。



一緒に学んでいこう!というタイプと導いていくタイプ、二通りあるなあ と思います。


一緒に学んでいこうというタイプの方は共感しやすく仲間が多いのが特徴です。


それは 魂のタイプ、使命によるのだと思います。

わたしは前者のタイプで わたしの内神様がわたしを指導してくださっていて 今では、統合されました。

そのため、上に立つ者の心得を植え付けられてきました。

だから、自分を律することは必須であり また 自身を省みること、慈悲心も求められます。


基本、自分に厳しく、他者には甘いです。


自分を測るモノサシは持っています。


だけど それで他者を測ることはしないです。


ただ 同じ立場の人には厳しいのです。。。

世界的に有名なスピリチュアリストの方々や人を導く立場でいる方々がTwitterやFacebookで災難にあったことや病気になったことをつぶやいたり投稿されていますが、それってどうなんでしょう。


毎日を反省して過ごしていれば、病気になったり災難にあうことはないのです。


人に絡まれることもないのです。


そして、災難にあったことをさも人のせいにしたり相手がある場合にはその相手を批判していますが そのような方々にに遭遇してしまう自分の波動の低さを世間に公表して恥ずかしくないのでしょうか?


何もなくて当たり前です。


何かが起きたら、自分のせいなのです。



毎日、反省して過ごしていれば、平穏無事で過ごせます。


頭をもたげたら、頭を下げなければいけないことが起きるものです。



何か身に起きたら、これによって自分は何を学ばされているのだろう、自分の落ち度は何だろう、と謙虚になって反省することで人は成長していけるのです。


人を導く立場であるならば、そんなこと わかっていて当たり前だと思います。



おかしな世の中だわ。

誘われて断れないこと、あると思います。


断ると迷惑をかけてしまうとか
断ると嫌われてしまうんじゃないかとか
頭で考えて、結局 断れないのです。


そうやって、ストレスを抱えてしまいます。



それは 相手への思いやりだったり ただ、自分の意見が言えないだけだったり 理由は様々だけど、自分にストレスを抱えてしまいます。



人はストレスを溜め込むと、身体や心に不調をきたします。



人への思いやりや自分の意見を言えないことが そのストレスによって身体や心を蝕むのです。



以前も書いたのですが、病気になったり不調になることは当たり前ではないのです。


ストレスを溜めないことが当たり前なのです。



我慢することや自分の意見を言わないことや断れないことって 人にとって当たり前にあることではないのです。




最近では、それが浸透してきたからか、自分の意見を言える人や自己主張をされる人も増えてきていますね。


だけど 言えば良い、わけではないですね。



やはり それは人への思いやりは必要なのです。


我慢は必要ないけど お断りする際に人への配慮は必要です。


人への配慮なく、ただ主張する人もいらっしゃいます。


そのような楽天的な人はストレスは抱えないでしょう。

だけど、相手にストレスを与えてしまうのです。


自分にも相手にもストレスを与えないようにすることが大切で そのような方は、前向きな人と言えるでしょう。


前向きな人とは、相手にも自分にも思いやりがある人のことを言うのです。


前向きと楽天的とは違います。

このページのトップヘ