この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

2017年11月

意識が上がると、『受け入れる』ということが出来るようになってきます。

そうすると、『受け入れない』ということがどういうことかわからなくなってくるのです。
そして、受け入れることができない人の気持ちを推し量ることができなくなるのです。


つい 以前は、受け入れることができない自分だったのに それを忘れてしまうのです。


意識が上がると そんな不都合が生じるのです。


意識が上がるということは神の意識に近づくことですが、近づいてるだけで神ではないのです。


もっともっと、意識を上げていくと 受け入れることができない人の気持ちもよくわかるようになってくるものです。


意識を上げるということは、すべてを見通せるようになることをいうのです。

心が苦しいのは、 自分の中の軸から外れている証拠で 心が楽なのは、軸に沿っている証拠なのだけど そもそも その軸は自分が作ったモノサシみたいなものじゃないのかな?


本来の軸というものは宇宙から垂らされた糸みたいなものなんだ。


軸があるから大丈夫と自分に酔いしれるのではなくて 本来の軸を探すことが先決だと思うなあ。


絶えず 自分が中心に居るように努めること。

また 中心がどこなのかがわかってないと、中心が探せない。


中心を探すことが先決なのだ。


それは、自分が軸だと思っているモノサシを疑うことも必要なんだ。


毎回、検証することなんです。


自分の感覚を信じて即決しずに、検証してから行動することなのです。



まずは、疑ってかかることも必要なんです。

昨日の怒涛の更新の謎が解けました♪



これからは、自分の真実を現実化、実践していく時代です。


これからが本番です。

そして ここから本当の意味での真実が問われていくのです。


求められることは出来ること。


それは、素直に自分を信じる力でこなしていけます。


素直さに自分を信じる力は相手とのコミニュケーション力を引き出します。


そのコミニュケーション力で自分の真実を実践していくのです。



そのためには、集中力が鍵となります。



今まで、努力して集中力を高めてきた方にとっては余裕ですね。



今までのわたしがブログの中で何を書いてきたかわかりますか?




規則正しい生活をすること、集中力を高めることですね。

詳しくは、スピリチュアルを科学する♪に書いてあります。


これからの時代の波に乗れるようにするために書いてきました。



自分の真実を実践するためには、今まで培った集中力が必要となるのです。



楽しくなりました。






スピリチュアルを科学する♪ この世界にあるすべてのものは感謝するために存在する
URL:
http://mamanomama777.m.blog.jp/article/50846736?guid=ON




スピリチュアルを科学する2 この世界にあるすべてのものは感謝するために存在する
URL:
http://mamanomama777.m.blog.jp/article/50846743?guid=ON




スピリチュアルを科学する3 この世界にあるすべてのものは感謝するために存在する
URL:
http://mamanomama777.m.blog.jp/article/50846750?guid=ON





スピリチュアルを科学する4 この世界にあるすべてのものは感謝するために存在する
URL:
http://mamanomama777.m.blog.jp/article/50846752?guid=ON

以前、戦争をさせない自分になる を書きましたが、その時はわかっていなかったことを書きたいと思います。



まず、戦争をさせない自分でいるためには、どのような自分で居るべきかわかりますか?


いつもニコニコしている。
いつも謙虚でいる。
真面目に何事も取り組む。


どれも正解であって不正解です。



それは、自分の内側に最終兵器を隠し持つことなのです。

いざとなったら、見せるためです。

使ってはいけません。

使ったらアウトです。



最初は何をされても動じないでいることですが、いざとなったら、稼動させるのではなくて見せるのです。


使ってはいけないものを持つのです。



それが この世界で言う核兵器ですね。


これは、元来 使ってはいけないものだったのです。


しかし、第ニ次対戦でアメリカ軍が使い、そのため 日本人が被爆しました。

そして、負けた日本が戦争の責任を取りました。

それって 実におかしいです。


本来なら、使ってはいけないものを使ってしまったアメリカ軍の責任です。


この話しはまずはここまでで、本題に戻します。


使ってはいけないものを持つ、それは 善と悪があるとしたら、悪と呼ばれるものです。



わたしは怒らせたら怖いです。


だから、わたしは人様を怒らないように努めています。


わたしが怒ったら、人は瀕死の重傷を負うので神様から説教されます。


という奥底に核兵器を持っているのです。


そのため、ちら見せするだけです。


ちら見せでも人は縮み上がります。


わたしが直接、手を下さなくても 一言、「あらまぁ、宇宙の法則が働くなあ」とドスのきいた声で言うだけですっ^^




わたしは、それが核兵器だとは知らずに使っていた大バカ者です。


まあ、使わなきゃわからないのですが 実験を繰り返して 最後には最終兵器となっていくのです。

使ってはいけません。

見せるだけです。




それを使うと言うことは、この地球を木っ端微塵にしたい存在に乗せられるということで、自分もそれに成り下がるということです。


自分の権威にかけて、持っていても使わない というのが人の道です。



日本人は二度も被爆しているから、その脅威を知っています。


だから、見せられるだけで怖いのです。


これが日本人特有の恐怖心です。


今の世の中は、そこをあおられている状態です。


武器を持つことは悪いことじゃないんだよ。


使ってはいけないだけなのです。



善と悪の両方を併せ持つのです。


それが 戦争をさせない自分になるこつです。

昨日、わたしが何故 『こうやって人はこうやって目覚めていくんだ』を再投稿したかというと、目覚めるということは本来の自分の姿に戻ることをいうのだということをわかってもらいたかったからです。


目覚める と聞くと、何か違う者になってしまうように思えるかもしれませんが そうではなくて、ただ 本来の自分の姿に戻るというものなのです。



『すると ある日、突然 人が変わったようになった。


何故か、背筋が伸びている。

自分の口から発せられる声が変わる。

また、自然に 自分を整えていくことを覚えていき、
自分の内側から声が聞こえる。


自分がどう生きたらよいかを教えられるんだ。


誰かに聞かなくったっていい。


確信できる声が聞こえてくる。


そうやって 自分自身と繋がる。


感謝が増せば増すほど、繋がりも深くなり、確信度も高くなる。


それを経て、人は目覚めていく。』


これが、わたしたち本来の姿なのです。


誰に教えられなくても、自然に自分を整えることや律することができてくるのです。


自分自身の神様と繋がると、このような状態になるのです。


それが内観浄化、つまり瞑想なのです。




最近では、スピリチュアルなお仕事をされている方が増えましたね。


スピリチュアルなお仕事、つまり神様と繋がり、神様の使い手としてのお仕事です。


神様の使い手としてのお仕事をする上では、このような状態になっていることが望ましいのではないでしょうか?


それが 神様と繋がり、人と仲介させていく者の務めだとわたしは考えます。



瞑想を覚えなければならないわけではなくて

誰かに言われなくても、自然と自分を整え、律することが本来の姿なのです。


暴飲暴食を控え、日々の生活を見直し、反省して過ごすことが本来の自分の姿なのです。



神様と繋がるということは、このような生活をするということです。


光が見えるとか金粉が出るとかではないのです。


神様と繋がる者として書かせていただきました。

先記事で 親が子供に対して制限することを書きましたが、これは必ずしも悪いことではありません。


なぜなら、人によっては自制心のない方がいるからです。


親に育ててもらっているうちは、真面目なのに 家を出たら不真面目になった。。。


それを 子供はしつけが厳しかったからとか親から虐待を受けたという風に思い込んでいる人がいます。

被害妄想です。


自制心のない人は一定の縛りをつけないと ふらふらちょうちんになります。

自分で決めるとか自分に約束したことを守ることができないのです。




朝、太陽が登り夕方に沈む。

天は規則正しく進んでいます。

身体のリズムもそのようにできています。

それを 夜遅くまで起きていて朝方眠るとか、していると食事のリズムが崩れます。
すると 身体が受け付けないかどか食いをしたりします。

甘いものがやめられない、タバコやアルコールの飲み過ぎます。


自制心がないのです。


誰かに管理してもらえないと不必要に摂取してしまう。。。


それは、幼少期からのしつけが問題です。


いつまでたってもしつけが必要な人はいるのです。

自立できていないのです。



わたしの知り合いで、以前は厳しい方にお世話になっていた方がいました。

その頃はアイロンをピシッとかけたシャツをかけて 背筋も伸びて 素敵な感じでしたが 窮屈だからとそこを飛び出して 今は結婚されて事業を興されていますが まあ、驚くほど変わってしまいました。

服装はよれよれのTシャツでブクブクに太りしまりがありません。。。


厳しい方から離れた時は、その方の悪口三昧でしたが その理由がわかりました。

結局は厳しく管理されないと、自分を節制できないのです。

奥さんもお手上げだと思います。

それか、奥さんも緩いのでしょう。。。


その生活がしたかったから飛び出したのかもしれませんが いかにもひどいなあ と思います。


幸せに暮らしているようですが、わたしとしてはお付き合いできません。



なんていうのかな

そこまで自制心がないのは、信用できないのです。


自分との約束ができないのに他者との約束が守れるわけないからです。


自己管理ですね。



だから、結局は、自己管理できない人が集まっている仲間でつるんでいます。


人との約束も緩いです。
仕事は遅れても当たり前。

の世界で生きています。

好きなことをしているからいいじゃないか と思われるかもしれません。



だけどね、わたしは魂の想いがわかります。


嘆いています。。。


それでも 魂は、寄り添い続けています。



彼は今の生活こそが魂の進みたい道だ!と勘違いしているのでしょう。

しかし本当は、魂は嘆いています。


だから、よく怪我をするし 病気にもなりますね。
サインは出ています。

気づかないのです。


というよりも、病気しても当たり前 怪我して当たり前と思っているのでしょうね。



魂の想いにまっすぐ進んでいたら病気や怪我は一切ありません。


それを知らないのです。

好きなことがみつからない、やりたいことがみつからないという人は多いと思います。


そんな時は、なんだっていいのです。


その時ばったりでも良いのです。


長続きしなくていいし、一日こっきりでも良いのです。


奥に癒されない何かがあって それを癒すために、何かをするのですから ほんと手当たり次第、でも良いのです。


そして 失敗しても構わないのです。


失敗をやりたいのかもしれないですから。




以前のわたしはやりたいこともなく 毎日を淡々と過ごしていたことがありました。


だから、その時は 自分で何をしたいかわからなくてもがきながらも 適当に何かをしていました。


すると だんだんと自分の好きなことの傾向がわかってくるものです。


失敗しても良しなのです。

失敗しなきゃわからないこともあるのです。


そうやって 人は癒されていくのです。



これはダメあれはダメと言う人は受け入れ体制ができていない人です。


受け入れ体制ができていない人は器が小さいから失敗を受け入れる器がないのです。


親が子供に対して言ったりしますよね?


親の器が小さいからです。
間違いではないのです。


受け入れもらうことが大切です。


制限されても受け入れてもらうことが大切です。



制限されなくて野放図にやって 結果、受け入れてもらえないと心に傷がつきます。

だから、親によっては制限は仕方がないと思います。


だけど そんな親でも徐々に器は大きくなるものです。


適当に何でもやって受け入れてもらう

ということを繰り返していくと 癒されて、本当に好きなことがみつかります。


受け皿がない人は失敗をおそれるあまり その分、遅くなるのは仕方がないと思います。

だんだんと勇気や度胸がついてくるようになります。


それからです。

本当に好きなことがみつかるのは。




自分を癒すのは、時間がかかるものかもしれませんね。

結局、わたしと空ちゃんは戦争をさせない地球にするために離れて生まれてきたと言える。


そのために、離れて任務遂行しているのだが、ゆるむと 互いを求めあってしまう。


二つの魂間には、愛してるとか離れていたくないという想いしか存在しない。


だけど 二人の共通する目的というものがあって それを感じると ふたつの魂は過剰反応してしまう。

なんのためにこの地球にいるかなんて 魂的にはどうでもいいことなんだ。

いつもぺたぺたくっついていられれば満足して安心していられる。


だけど 目的に気づくと、別々の肉体に宿っている現実に気づかされて激しく苛立つ。


離れている現実を突きつけられて、苦しくて悪寒が走る。
身体中が怒り震える。。。



魂だけになると、愛してる しかなくなる。



わたしはこの魂を想うと、一緒にさせてあげたいと心底思うんだ。


戦争のない地球にさせたいと思うんだ。






わたしはいつもその狭間で生きている。

生かされている。

何故、わたしがこれなに熱く語るのかといったら
たぶん、戦争をさせない人になってほしいからです。


戦争をしたくない、という希望や願いではなく させない、しないという意思のある人を育てたいからです。


希望や願いではなく、自らの意思でそれを叶えるのです。


意思の弱い人は流される。

戦争をしたくないと思っていても武器を持たされたら人を殺してしまう。

誰かのせいにして殺してしまう。


そのような人間につくられていこうとしている現実を知るべきです。


そんなはずはない、と思われる人もいるかもしれませんが、断言できますか?




余談ですが、わたしはなまじっかの覚悟で空ちゃんと離れて生まれてきているわけじゃないのです。


戦争をさせない人を育てるため、戦争をしない地球にするために生まれてきているのです。


ツインってその覚悟で生まれてきているのです。

それを、何が一緒になりたいとか愛してるとか、ワケわからん。


一緒になりたい気持ちがあるなら、できるはず。

戦争をさせない自分になれるはず。


頭を使うことも集中することもできるはず。

貧困を理由にしたり 誰かのせいにして 不真面目な大人が多いのです。



その不真面目な大人をかばう人もいる。


人のせい、〇〇〇〇のせいにして生きてる人でも お金は持っているし選挙権は持っているから そこをターゲットにして利益を得ようとしている人が多いのです。


だから、いなくならない。


でも そんな利益は残らない。


それをターゲットにして儲けたお金は残らない。

だから、儲からない。


そういう人は、信用なくても安ければ買うから、安いのです。


信用がつけられてないから安いのです。


安物買いの銭失いです。


自分がターゲットにされているとわからずに それに飛び込む大人たち。


利用されてるのに利用されてるのに気づかない。

頭を使わないからわからない。


ちょっと考えればわかることなのに、わからない人たち。


発想が貧困だから、わからないのです。



しかし いくらお金がないという貧困生活していようと 心が貧困でないなら、そのターゲットにはされないのです。


頭を使うから。


お金があっても心が貧困の人がターゲットにされるのです。



結局、心の貧困な人がうまく生きられないのです。


頭を使うことや集中力をつけることをしてきていないから。


そのまま、大人になり 子供を生んでるだけで 育て方もわからないから。


子供ができなくて不妊治療している人の中には、大人になれないだけの人もいます。


結婚できない人がいるのも同様です。



目の前に起きていることが何故、起きてるかわからずに逃げ惑うことしかできないでいる。


それは世間が悪いからでしょうか?



きちんと この世で生活をしている人もいるのです。


ただ 不真面目なだけなのです。


知らないわからないのではなく、知ろうとする努力を怠っているだけなのです。



誰もが皆、平等に 学習できる義務教育がありますし、学習施設もあります。


それを利用しないだけなのでは?と思います。

このページのトップヘ