この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

2018年02月

謙虚になりなさい、とある程度成長してくると言われますが その時に 謙虚にならなければならない!と力む必要はないのです。
謙虚にならざるを得ない状況になりますから。
それを経て、人は 謙虚な人になっていけるのです。

空ちゃんの印象を他人に聞いてみると、

アホなところがある。

赤ちゃんみたいなところがある。

だらしないところもある。

支離滅裂なところもある。

宇宙人みたいなところもある。




空ちゃんとまだ知り合ったばかりの頃、空ちゃんの名前を検索して、空ちゃんと関わってる人のブログを読んでいた。


人間じゃない!とか 地の底から這い上がるような声を持つとか それはもう、人間とは思えないことが書かれてあった。

一方で、誰からも好かれて このうえなく優しい人と表現されていた。




それは、空ちゃんの側面で全部じゃない。


もっともっと、違う面がある。



空ちゃんが人に受ける印象は、わたしが人から受ける印象でもある。



わたしは、たいがい、初めて会った人には、 『そーでもないんだね』と言われる。



厳しいことを書いてるわりには、そーでもない という意味だ。



印象は、ふにゃあとしてると思う。

ブログの内容を知らない人は、天然極まりないわたしをバカ者扱いするだろう。


わたしと空ちゃんは、中味を知らない人からは 相手にされない。
そんな第一印象を持たれる。



それで 昔は傷ついてきたんだ。

だから、内面を鍛えてきた。


でも この天然は直らないけど、傷つかない。


それは、そんな自分でよいと認めているからで、確固たる自信があるからなんだ。


だけど あまりに、バカ者扱いしてくる人には、チカっと光を見せる^^


ビカピカとは見せない。

チカ見せだけでも十分、威力はある。




まあ、こんな似た者同士だから 二人で一緒にいたら 顔見合わせて、デレデレネロネロしてるだけで日が暮れるf^_^;



日が暮れる〜♪

集中力って謙虚さだと思います。

そして、意識することも。



だって 集中力が切れると、怪我をしたりアクシデントがあるでしょ。


奢りがあると、怪我をして教えられますね。




集中力がないのは奢りがある証拠です。



オリンピックを観ていて そう、思いました。



挫折は人を成長させます。


何故、挫折するかといったら 奢りがあるからです。


その奢りを克服するために、努力するのです。



奢りがなくなり感謝できるようになると ひとつ成長できるようになるのです。



集中力をつけましょう。
意識して過ごしましょう。

ふと、肩書きって大切だと感じました。



肩書きというのは、その人を表すものだと思うからです。


名前だけだと、どんな方かわかりません。


だけど 肩書きだけで、何を学んできたかわかります。


自分の顔のようなものです。


例えば、

看護師、〇〇☆☆子
理学療法士 ◎〇◎*太郎



この仕事で学んできたから、今があり、その日常があるのです。


仕事とプライベートは分けている といっても、仕事で学んだことは プライベートでも反映されるものです。


人というのは、学びを経て、成長していきます。


また 逆に、プライベートにおいての学びで成長できたのなら 必ず、仕事に反映されるものです。



そう考えると、今までのわたしは プライベートや内面を磨いて、土台をつくってきたから 仕事ができるようになってきたのだと思います。



だから、仕事に対しての意欲が出来てきました。

今、任されている仕事をやりきることもひとつですが それを発展させていくこともあり また、違う分野の仕事を増やしていくこともできるなあ と感じています。


チャンネルが増えたお陰で、点と点が結び付いてきました。


また 日々の情報量が多いです。


毎瞬、意識を置く場所が違い その度に、頭の中で自動的に処理して反省して書き換えられています。

手作業の時もあります。
そのための日記です。



わたしはスピリチュアルを学び 内観浄化することの大切さを学び実践してきました。
また、目の前に起きることを真摯に受け止め、感謝して一生懸命に集中して実践してきました。


そのおかげで、このように 自動的に頭の中で情報処理がなされるようになったのです。


今は 以前より、スピードアップを求められています。


その中で、よりスピードアップで目の前に起きていることに集中して取り組んでいるだけですが、そうするだけで 頭の回転がより早くなり、情報処理能力も早くなり、 チャンネルも増えてきて 世界を見渡せるようになったのです。


取っ掛かりは、スピリチュアルにのめり込んだのが始まりというだけです。


情報処理能力が高くなり、点と点が結び付くようになってくると 次第に、収入も増えてきます。


金脈がわかりますし、金のなる木の種を育てることも出来ます。





集中力って大切。



集中力を育てて、スピードアップしていくだけで 頭の回転が早くなり、創造していくことができるのです。



始めは、誰でも努力が必要。
だけど だんだんできるようになるし、おもしろくなり、続けられるようになってくると やめられなくなります。



先記事で 「自分のしたいこと、楽しいこと、大好きなことをしていないのかもしれません。」

と書いていますが、もう、やっていましたわ^^




わたしは、何よりも内観が好きだし、反省も好きだし、努力することが好きなのです。

わたしが理解しているツインフレームというのは、


それぞれが持っている女性性男性性の統合を果たします。

女性の方が早く統合をしますね。

それから、男性が統合をしていきます。



互いがしっかり確立してから、出会わ(再会)されます。


でも そこに恋愛関係はないのです。



なぜなら、最初から魂で結び付いているので、そんな必要はないのです。



どちらかがどちらかを補うのではなくて それぞれが完全でありながら、繋がっています。


双子です。


双子って完全な人間として生まれてきますよね。

そして それぞれが
パートナーではなくて、自分を支えてくれる侍従を持ちます。



お雛様のお内裏様とお雛様の関係です。




自分というものを確立させてから、出逢わされ(再会)て、統合をします。


肉体的に支えてくれるのは侍従達ですが 精神的に支えあうのがツインの相手なのです。

讃えあうとも言います。
でも、裏を返せば、駄目出しされる相手です。




わたしは、空ちゃんの側近の侍従にやきもちをやいて困らせる、ということを繰り返してきました。

ハハハ〜

何で、あの女がそばにいるのよ!って怒っていました^^


また、空ちゃんは わたしの侍従に嫉妬していました。

僕のお姫様だもん!
さわらないでよ!


似た者同士です^^


わたしたちは魂では繋がっているのに、なんで 現実でもそばにいないの?そばにいることが当たり前の相手がいないことの苛立ちがあるのです。

それは、恋愛感情ではないのです。


だから、物心がつかないうちから、何故、この地球に生まれてきたんだろう?という疑問を持っているのかもしれません。


そして、それを互いがそれを納得してから、一国一城の主となり、統合するのです。



統合をするといっても雛壇に上るだけですが。



雛壇に上って、そこから地球の平安を祈ります。


ふたり揃って、地球の平安を祈ります。




これが わたしと空ちゃんの関係です。

最近、ツインブログを読むことが多いです。


その中で 不実なことをしているにも関わらず、わたしたちはツインだから♪とブログを書いてます。


それは、不実なことをされているにも関わらず、ツインだから許されると思い込んでいる世界に住んでいるのです。


自由意思の世界です。


そして どんな世界に住んでいる方々にも宇宙の法則は適用されます。



やはり、不実なことをされてる方々は、気がつかないだけで、問題だと思える現象は起きています。




この現実の世界では、盗みは罪なのです。


本当に、一緒になりたいのなら きちんと、段階をふんで 誰からも祝福されるように一緒になることなのです。


人の気持ちを踏み握るようなことや誰かを傷つけるようなことを愛する相手にはさせないものです。


魂が叫んだの!と言われるかもしれません。

いえいえ、それは感情です。




魂というものは、非常に静かなもので 気づかないうちに、動くものです。

自然に、無意識に、いつのまにか相手に合わさっているものです。


目をつむっていても相手を探しだし、重なることができるものです。



重なる、というとSexを連想される方もいらっしゃるかもしれませんが、それとは違います。


ツインの統合をツインとのSexだと思われている方も少なくありません。


そもそも、ツインなんちゃらは、魂の相手です。

肉体の統合ではないのです。



わたしは何回も書いていますが、空ちゃんとはそのようなことは一切、ありません。


最近、出回っているツイン、は ツインソウルのことだろうと思います。


そのツインなんちゃらの分けかたも それぞれが曖昧ですね。


そのうち、わかることですが。



大好きな人をツインなんちゃらだと思いたい気持ちもわかるし、最近のツインに関する情報に錯乱されてしまうのもわかるけれども 今一度、初心に戻ってみてはどうですか?


恋愛感情は、魂は持ち得ないのですから。

今までのわたしは、ブログを開くと、スーっとすると言われていました。


しかし 最近はそう言われることが少なくなり、仏様のようだとか温かい人と言われるようになり、自分の浄化力が弱まったのかと心配をしていました。

そして、この度のバージョンアップ。

しかし、このバージョンアップで浄化力が戻るのかと思っていたのに戻っていなくてがっくりしていました。


でも ひとつの対象物に意識を向けると、より詳細に背景まで見えるようになり経済の動向までわかるようになりました。


バージョンアップというのは、視力と同じだと実感しています。


世の中は意図されて起きていることもあります。

その起きていることに意識を向けるだけで世の中がよりわかり経済の動向までわかるのだなあと思います。


涼やかな波動を出すことが良いことだと思っていましたが、バージョンアップを果たすと違う景色が見えてくるものですね。



こうやって 徐々にバージョンアップをすることで、世界全体がわかり、地に足をつけて世界を動かせるようになっていくのだと感じました。



バージョンアップはより地に足をつけて生きていくためになされることだと嬉しく感じました。


ありがたいです。


降りてきた情報については 徐々にアップしていくつもりです。

自分を変えたいなら、やるしかないのでは、と思います。




わたしは、空ちゃんに出逢ってから 瞑想を教えていただきました。


瞑想というのは、ブログに書いているものではなくて フルネーム鑑定をさせていただいた時にメールでお教えしたものや直接、家に来ていただいた時にお教えしているものです。


だけど それをする前には いつも きちんと呼吸法をしていたので 呼吸法だけでも効果はあると思います。


わたしのブログの上段に載せています。





空ちゃんに出逢ってからのわたしは、30分〜一時間の瞑想をして そのあと神社のお詣りを毎朝毎晩、欠かさず行っていました。

朝は5時に起きていましたし 夜は6時に帰宅してから瞑想、神社詣りをしていました。


それを4年は続けていました。

また 休みの日は、最低でも3時間は瞑想をしていましたし、それに加えて観念浄化ワークもしていました。



それをやりこなして、今のわたしがあります。



そこまでやりきってきたから、自動的に頭が内観をし出すのだし、自然にグラウディングをするのです。



どんなことでも 繰り返し行うことで 癖になるのです。



まあ、空ちゃんと一緒になりたい一心でやっていただけですが〜



結局は、自分です。

やるのも自分だしやらないのも自分。



たかだか、二、三ヶ月続けただけで できないと言われるなら、それまでです。


やるから変わるのだし、やらないから変わらない。


それだけです。


わたしに、できないという言葉はありません。


できるしかない。


できないという選択肢はありません。




アスリートや職人と同じです。




これをやりきったら必ず変わるということがわかっていても やらないのは、もったいないなあと思う。


何故、やりきることができるかといったら、 最初は苦痛に感じても そのうち楽になり、楽しくなるからです。


自分が変わることが楽しくなり嬉しくて、とにかくやりたくてしかたがなくなるから。



そう感じるまでは、半信半疑かもしれません。


でも 必ず、変わります。


やりきってきたから、言えることです。

この地球に人として生まれたら、最低限の決められたルールがあります。


ひとつ目は、時間というルールです。


この地球には時間が存在します。


それは、時間という規則性の決まりをつくって、そこから学びを得るためです。

人としての学びを得るために時間があります。


だから、人として、時間の存在する地球に生まれたことは、時間という学びをすることになります。


結果、最低限の時間を守るという責を負います。



ふたつ目は 立場という概念です。


わたしたちは、生まれたときから 社会的立場があります。


家族の中では、子供、父母、兄弟姉妹、親戚、社会に出たら、友達、先生、先輩、後輩など。

社会的立場があります。
その中で尊敬尊重を学びます。


子は親を敬い、親は子を育てることは地球に生まれたなら、当たり前のルールです。



しかし それをしない人が多いと感じます。


そして それをしないのに、主義主張します。



まずは、地球のルールを守ってからです。



それさえ、出来れば 人生は横道はそれていかないです。

心が清らかになって 澄みきった状態になると人は、本当の自分(創造主)に繋がるようです。


そこで本当の自分からの愛を確信したら、いのちを生み出すことができるようです。


逆に言えば、清らかになったと感じていても 何も生み出せないのは、本当の自分に出逢っていないということ。



内観浄化を繰り返し、心がクリアになってきても 本当の自分から愛されている確信、実感が持てないでいるのは、まだまだ生み出す力がないということなのです。



自分の心をどこまで透明にしたら良いのだろう。。。


果てしない旅の中で挫折しそうになるかもしれない。


だけど 本当の自分を求めてやまないのです。



だから、前を向いて進むしかないのです。

このページのトップヘ