この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

2018年04月

この地球には 今、ふたごのたましいではなくて、天の神様の前で永遠の愛を誓い、地球で夫婦となり地球の波動を上げるために生まれてきているたましいがいます。


ふたごのたましいとは違います。


ふたごのたましいとは、この地球の重みに耐えきれず、分かれてしまった2つのたましいのことを指します。


わたしと空ちゃんは、このふたごのたましいの方です。
残念ながら、神様の前で愛の誓いはしてきていません。


そのため 万が一、わたしが神様の前で愛を誓ったたましいがいるならば、これからの人生で出逢う確率は100%ですが、記憶がないです。


まあ、それは置いといて。


昨今、ツインなんちゃらや運命の人を求めていたり、出逢った人が多いとされていますが ちまたでツインレイと言われている関係はもしかしたら愛を誓い生まれてきているたましいかもしれませんね。


そちらの方の関係は、正式名は、ツインというワードはつかなかったはずです。


まあ それもこれも、地球の次元上昇を助けるためになされたことです。


出会われた方、末長くお暮らしください。




あっ わたしと空ちゃんは、地球に落ちてきた際、分かれてしまったため 泣いて空ちゃんを探しながら地球をさ迷った記憶があります。


その時に、この地球でちゃんと人として生きていたら出会えますよ と天からの声を聞きました。



記憶を取り戻すことが鍵ですね♪

わたしは 誰か対象となる人物を見付けると、ピトって繋がります。


わたしの溢れ出る愛を注入しちゃいます。



わたしはワンネス意識で生きてるから、わたしの愛を要らないって言われることがわからないのです。


同じだから。


同じだから、スリスリすりよるの。


で、拒否されること自体意味がわからないのです。


100%仲間意識なんです。

そこで、愛の交換がなされないと どうして?って思うのです。


わかんないのかなあ〜って思うわけです。


正常に、愛の交換がなされると わたしはもっともっとと愛を噴出します。


ちなみに、愛の交換とは、わたしが注入したら、感謝で返してくれることです。


わたしの愛をわかんない人もいるのです。


拒否する人もいるのです。


繋がっておいて、それに気付くのです。


でも、拒否されても そこで 何かの間違いだ と思うから、懲りないのです。

で また、注入しちゃう。
そしたら、あらかさまに拒否られる。

そのときに、わたしは キバをむくのです。


このわたしがわからないのか!ってf^_^;


よく、やります〜


で、悪魔扱いされるのです。\(__)


そこで やっとわたしは気付くのです。

わからない人がいるだなあ
自分に繋がっていない人がいるんだなあ〜って悲しくなるのです。

そこで 自慢もしないし卑下もしない のです。


あれこれ 外側にふれて、内側がざわついたとしても それは、その人の成長過程で起こることなのです。


わたしもその成長過程をふんで今があります。


一足飛びに出来ることではなくて ひとつずつ段階をふんでいくだけです。

逆らいたいお年頃の時は、その時を楽しむのです。



今を楽しむのです。

人と比べて卑下をしずに、純粋に楽しむのです。

穏やかな生活をしたくないのなら、それはそれで良いのです。

言いなりになりなくたい!逆らいたい!時あります。


言いなりになりなくたい!逆らいたい!気持ちは良くも悪くもないのです。


だから、気にせず 逆らって生きていれば良いのです。


ひとしきり逆らえば、そのうち収まるから。


逆らいたいお年頃なんだね〜って思えば良いのです。


感情を味わい尽くすと、収まるね。


収まったら、人の言うことを素直に聞いてもいいかな?って思うようになるものです。

一昨日、昨日と基本的な生活を送ることの大切さを書いてきたわけですが これは、あくまで基本的なことであり、人それぞれ基本的にするべきことが違います。

なぜなら、一番に優先すべきことは『生きること』だからです。


生きていくために稼ぐことをしずに、基本的なことに重きを置くことは違うからです。


人によって生活リズムは違いますし特性もありますね。


家族の多い人と一人暮らしとは違うし、小さな子供がいるのに ほっポリだして掃除をガシガシ出来ないです。


だから、一人一人基本的にするべきことは違うのです。


しなければならないことではなく、するべきこと。


それは、この地球に生まれてきて 人として生きるということです。


人として、です。



ブログを始めた当初は、書いていました。


でも 最近、書かなくなったのは わたしがフォローできるようになったからです。


出来ることまでは自分でやっていただいて、それ以上のことはわたしが介入します。


それはわたしの役割のひとつでもあるのです。


努力している人の手を繋ぎ引き上げます。



全部ができなくてもいい。

わたしの手が伸ばせるところまで来てくれればいい。

手を繋いだら絶対に離さないから。


それでも 手を振り切って離れていく人もいます。

奈落の底に落ちてもわたしは引き上げるチャンスを待ちますし、叱咤激励します。


手を繋げるところまで、上がってきてほしいだけです。





わたしは、昨日書いた、やるべきことをやってきてる人間ですが すべての人がそれをやらなければいけないわけではなくて 人を引き上げたり導く役割があるから、それをやってきていることがあります。
だから、役割に応じて やるべきことは違うのです。



しなければならない ではなくて、やるべきことを見つけてくださいね。


見つけて努力していたら、わたしが引き上げに参ります。


また 導く役割があるならば、昨日書いたやるべきことは必須です。

それをやらずに、手を繋ぐ人を増やして 一緒に奈落の底に落ちていく人を見るので 思い余って書かせていただきました。

あなたの当たり前は世間の当たり前じゃない。
あなたは ただ、自分の思い通りの世の中にしたいだけではないのか?

と、誰かに言われたことを思い出しました。

まあ、確かに^^


そう感じる人もいるんだなあ〜


自分の思い通りにしたい?


この世界は 誰がどんな生活を選択しようと自由なんだ!
って 自由を履き違えていませんか?




わたしの思考は、根源はワンネスだから、そういうワンネスじゃないことを言われると思考がストップするのです。

また 昨日、FB内で起きたことは 未だに意味不明です。



言いたいやつらには言わせておけ!と言われます。
そこを気にすることはない と言われますが 指摘されたことは直したいだけなのです。

気にするもなにも開けたら閉めなきゃって思うだけです。


開けたら開けっぱなし

これが自由ということですか?


生きる上での基本的なことができてこその自由。


地球に生きる上での根本的なことも出来ずに、何が自由を得られるというのだろう?


それは、地球に逆らうということ。


自由と逆らうと履き違えてる。


穏やかな生活をしたいならば、気づかなきゃね。


穏やかで何もないから不安になると言われることがあります。


穏やかに過ごせることが一番です。


現実的には何もなくても心が騒ぐことがあります。


それは、穏やかとは言えない。



穏やかに過ごすことは日々の努力からですね。





まあ、わたしはだれよりも根本的なことはわかっているという自負心があるから、それが人には腹が立つのだろう。

『やることは、きちんとやってるの わたしは。
やることやってもいない人に、ガタガタ言われたくないわ。』

という自負心。


目の上のタンコブ的な存在です^^


見せつけ過ぎると、弘法大使様からお叱りを受けます。

でも、たまにはちらみせするよ^^


印籠みたいなものですね〜


やることやってるという印籠を持ってるから、穏やかな生活を送れるし 何をしていてもおとがめないのですよ〜


結局、自由というのは 神様全部に許されるってことなんです。

やる!と決めても、感情が邪魔をして出来なくなることがあることもわたしは知っている。


だけど、書かずにはいられないのです。


努力することの素晴らしさを知っているからです。


最初は、苦しいかもしれない。


だけど、だんだん馴れてくるものなのです。


それか 続けることが出来ないからどうしたらよいですか と相談すればよいのです。


相談を受けたら、やみくもに、やりなさい!とは言えないものだから。


また ここまでは努力したけれど この先が難しいです、との相談も必要ですね。


なにごとも、コミニュケーションは大切ですね。



努力したら努力した分だけ知恵が授かるものですよ。



それは、努力してみないとわからないものですね。 


宇宙や社会の優しさを知っていただきたいです。

わたしは人の役に立つことをしたいという想いはないのだけれど、この世界の人はわたしと同じ存在で尊い存在だという想いがあります。


その想いは、たぶん わたしが宇宙で一番愛してる、わたしのふたごのたましいを愛する気持ちから生まれるのだと思うのです。



ふたごのたましいが互いを愛し合う想いが愛というものを産み出すのだと思えるのです。


その愛がワンネス。



わたしたちは一緒♪という想い。


わたしたちは一緒だから許しあえる。

ある人のブログで見つけた、言葉

『今 起きてることは事実ですが、受け取り方ですべてが変わる。』



これは、ある意味事実ですが これだけを信じるのは 片手落です。


この意味は、今はネジ曲がった眼鏡で世界を観ているけれど 眼鏡を外して裸眼で観たら、世界が変わったように観えるようになっただけということです。。


だから、

今 起きてることは事実ですが、受け取り方ですべてが変わるわけではない ということです。



スピリチュアルの落とし穴ってこれかなあ と思います。



ネジ曲がった眼鏡を外すと 最初は、世界は薔薇色に変わったように見えますが、実際は 自分の見方が変わったに過ぎないだけで 自分の人生を見つめ直すスタートラインに立って足踏みしているだけなのです。


そういう人の口ぐせって、「ポジティブになりなよ」です。



目の前に起こるすべてを受け入れることで 現実が変わっていくのであって、
目の前に起こるすべての見方を変えるだけでは現実は変わらない。


わたしからしたら、
こんなアドバイスは迷惑なのです。



信じないでほしい。

こんな言葉に惑わされないでほしい。

痛切に感じます。



前に歩みを進めるには、見方を変えるのではなくて 受け入れることなのです。

事実を教えるのと、事実を突き付けるのは違うと思います。


事実は事実でしかなくて そこに感情や想いは存在しないものです。


だけど 事実を突き付けるという手法は、裁く意味合いがあると思うのです。


どうだ!どうだ!と、勝ち誇ったように 事実を突き付け、謝罪を認めさせるのって違うと思うのです。


それは 人の尊厳を無視したやり方だと思うのです。


事実は、そっと教えるものだと思うのです。


公開処刑のように、事実を突き付けられている方を観ると、心が痛みます。




以前のわたしは そのような方を見ると、わざと 公開指摘しました。


そうすることで気付かせたいという上からの要請があったからです。


わたしは一度はやりますが、気づかない場合は 手を引きます。


わからない人はわからないでしょうね。。。



でも わたしは想いがあるのです。

離れてもわたしの想いは変わらない。

気付いていただいて、一緒に歩みたい という気持ちです。


わたしの想いが伝わらない方もおられます。

このページのトップヘ