この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

2018年05月

目の前の人や周りにいる人に優しくされないときは、自分がごう慢になっている証拠です。

内観をして、自分の心をみつめましょう。


瞑想をしましょう。

反省する心から感謝が生まれる。

教えを乞う心から感謝が生まれる。


これからも、そうやって生きていきたい。


それが愛を発揮することだと思うから。

自分にとって大切なものって それぞれ違う。


それを認めあって生きていければいい。


そう、思うんだ。


否定しないの。


苦手だとしても否定はしないのです。


そうやって、共存していけばいいんじゃないかな。


否定しない。
ひけらかさない。


そうやって生きると、大切なものは手に入る。

自分を癒すために、自分の内側からの気づきを発信して それに共感してくれる人と集い、そうやって、癒されていく。


そうやって、癒されたら最後は気づくんだ。


自分を攻撃していたのは、自分の内側にあったということを。


それに気づいて初めて反省が生まれる。

243c2516.jpgわたしのたましいがこの二つを実践したいと切望している。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


マジック・プレゼンス

アセンダット・マスターがつねに強調することが二つある。
ひとつは、一人ひとりが自分の神性を求める。これはあらゆる善である内なる神“大いなるアイ・アム・プレゼンス”を自覚し、絶えず意識をそこへ向け、多大な愛情を注ぎ続けることを意味する。
もうひとつは、自分の感情を調和させたうえで、内なる神から湧き出る愛を外に注いでいく。 自分以外のすべての者を祝福する力を表出させる行為とも言える。
心からこのふたつを実践したいと望む者に、マスターたちは助力を惜しまない。

物事や人や物には、それぞれ違った波動を持つものです。


だから、それぞれとコミニュケーションを取るのです。



同じ波動領域の人としかコミニュケーションを取らないのはつまらないし片寄るだけです。


どんな波動領域でもドシドシ手を出してコミニュケーションをはかるのです。


簡単にできるのが 今まで手にも取らなかった本を読んでみることです。


簡単に、多次元に繋がりますよ♪


さまざまなジャンルとコミニュケーションを取りましょう。

現実的には叶っていないように見えるかもしれないけれど、多次元的には叶ってる。


それは、動かしようのない事実。


事実が見えていないからといって夢が叶っていないわけではない。


 
わたしたちは多次元に生きていて、見える世界のことしか見ないのはおかしい。


見える世界のことしか見ないのは、片寄ってる証拠なのです。


バランスが取れてくると 今まで見えていなかった世界が見えてきて、自分の現実が変わります。


よって 現実が変わります。


チャンネルを増やすだけ。


結局はチャンネルの増やしかたがわからないから不満に感じていただけなのです。、


視野が狭かった。


この新月を機に、すべての人のチャンネルが増えます。


増えたチャンネルを観ることができるのは、勝手に観えるわけではなくて 心に許可が必要です。


心に許可


設定をしてあげることなのです。


設定の仕方は、 『わたしたちは多次元に生きていると信じる、思い込むだけ』




簡単でしょ^^




これからは、多次元領域に進むわたしたちなのです。


現実的にフォーカスすることは大事だけど、フォーカスし過ぎるとチャンネルが増えてることに気づかない。


何事もバランスが必要です。



グラウディングができてる人は宇宙に関心を持つことで見えてくるものだし 逆に、宇宙や多次元のことにフォーカスし過ぎる人は地に足をつけたことを学ぶことによって見えてくるものです。


人によって、設定の仕方は違うけど 要は、バランスです。



わたしたちはいよいよ宇宙の仲間入りを果たします。


今まで見えていなかった世界を一緒に楽しみましょうね〜

わたしのエネルギーと言うのは、その人の不要なエネルギーをはぎ取り真価を問うものだと思います。


それが本当のあなたですか?
そのままのあなたで良いのですか?



たぶん、わたしのエネルギーにふれたら、本当の姿を隠してはいられない。。。



だから、本当の姿を隠し続けている人は、わたしを怖いと感じるだろうし 本当の姿で生きてる人は心地よいのだと思う。


プロビデンスの目の役割をするのだろう。


そして、わたしの前で人は従順になってしまうから それにふれてわたしは願いの取り次ぎをするのだろうな。


その従順さ、真剣さにふれたら 神様は願いを叶えたくなるものなんだ。


わたしにたいして素直な姿を見せる者は救われていくんだ。。。



まあ、わたしが何者?ってわけではなくて ただ わたしは誰に対しても誠実に本当の姿を見せるから、相手も本当の自分を現さざるを得ないだけなんだと思うわ。

やりたいことが見つからないと言っている人たちは たぶん、、、、


今の現状が、自分の描いている人生と違う、というところなのだと思います。


それは、基本的なことができていないから 思い描いた生活じゃないのではないですか?


だから、今 基本的なことを学んでいる最中だけど 自分自身が納得していないから、今の仕事も今の現状もつまらない。


基礎がないから、何もできないし、好きなことが見つからない。

自分の可能性が感じられない。


という状態だと思うのです。


だから 現状打破するために 成功体験を積み上げていくことなのでしょうが

最近、ブログを読んでいると

「ワクワクすることをしよう!」や「自分の好きなことをしよう!」というワードに惹かれて、自分では現状打破のつもりが現実逃避している人が増えています。



結婚していてもつまらないからと離婚してみたり、転職を繰り返したり
学ぶ精神がないのです。



自ら学ぼうという精神がないと、学びはやってこなくて不満しかないのです。


癒しが足りない、というのは言い分けなんです。



先日の記事で、これからは実践する時代だと書きましたが、これから実践から逃げる人も多くなります。


逃げても実践はつきまとうものだし、なくならないのです。。。



結局は、やりたいことが見つかっても、できる自分になっていないからやりたいことが見つからないのです。



現実を見たくないから、見たくない現実を見ない現実が作られるのです。


また 昨日書いた記事で、すぐに聞く人 ですが 学びがなくても人に聞こうという意欲は良いと思うのです。

進もうとする意欲の表れです。


それよりも、人に聞いてはいけない、頼ってはいけない、自分の内側に聞かなければいけない と思ってる人のほうが危険です。

自分の内側から導き出したい気持ちはわかりますが、わたしからしたら余裕だな、暇なんだな、と思います。


真剣さがないというか。

だから わたしは聞かれたら答えます。


自分の内側を見つめるという作業は一生かけて行うというものではないのです。 そこは早く済ませて、自分本来の目的を思い出し魂を発揮させていくことが人生の本題なのです。

内観は目的ではなくて手段なのです。


内観はさっさと済ませて、魂を発揮することが生まれてきた目的なのです。


やりたいことが見つからないながらも、目の前に起きてることに向き合い行動することで魂は発揮されているものです。

何でも聞けばいいと思ってる。


調べずに人に聞く。


毎度毎度、同じことを聞いてくる。


取引先の事務員さん。


学びがない。


だけど わたしはいやがらずに答えます。


だからなのかもしれないけれど、毎度毎度聞いてきます。


何故、答えるかといったら わたしは相手を不安にさせることはしないから。


甘えたいなら甘えればいい。
頼りたいなら頼ればいい。


そのうち、気づくから。

気づいたら、学ぶようになってくるから。


その時まで、わたしは待つのです。



自分で答えを出せないことが悪いことではないと思うの。

不安な気持ちはわかるから。

突き放すことはしない。

それがわたし。



人は優しさにふれたら、気づけるようになるものなんだ。。。

このページのトップヘ