この世界にあるすべてのものは感謝するために存在する

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

2020年12月

わたしは幼少期から何故、魔法が使えないんだろう?と真剣に悩んでいた不思議な子供時代を過ごしました。 また 人が簡単にできるようなことがわたしには苦手で、できないことが多く、叱られ いじけて 空想の世界に入っている子供時代を過ごしました。 そんな 人が簡単にできることができるようになりたい!叱られないようになりたい!人の気持ちがわかるようになりたい!と、能力開発プログラムに手を出したことがきっかけで 七田を知ることになり、江原さんの著書を全巻読破し、スピリチュアルにのめり込むようになりました。 その後、観念浄化ワークで内観浄化をするようになりました。 それと平行して、ヒーリング、エネルギーに興味を持ち ツインフレームに出逢い、助けられました。 その後、内観浄化を余儀なくされ どこまで 浄化したのかわからないほど 身体の中やオーラの中がクリアになってきました。 次第に、内側に繋がるようになり 自動書記状態でブログを更新しています。。。 覚醒?悟り? どれだけの自分を脱ぎ捨てたかわかりません。 弘法大使様からは、貴女は修行僧だと言われてから、菩薩行をしてきて菩薩として生きるようになり、最近では新米如来の道を歩み始めました。 そうすることで わたしはわたしらしく生きられるようです。 ヒーリング、リーディングなどのセッションは最初は行っていましたが、そんな能力はわたしにとって日常的に行っていることから それでお金をいただこうと思わなくなりました。 そのため今では、知り合った方に ちょいちょいとさせていただいてるくらいです。 ヒーリングやリーディングなどエネルギーを扱うことはわたしにとっては遊びで、ぴっぴとかぺっって指でエネルギーを動かすだけで楽しいのです。 治してる感はないの。 遊ばせてくれてありがとうって思うの。 そんなだから、お代をいただくってないのです。 そんなわたしが2017年11月から如来としての道を歩み始めました。 今では、指でエネルギーを動かして遊んでいましたが、これからはどこにいても、存在するだけで浄化するわたしに変容しました。 まだまだ、如来一年生です。 よろしくお願いいたします。 ままのまま ツイッターもやってます。@mamanomama7771

わたしが有料で教えてしているグラウディング方法ではないですが、この方法は、非常に簡単なので、お勧めですよ♪

お試しくださいませ^^


☆☆☆☆☆


1 第1チャクラに赤くて大きな玉をイメージしながら 息を吐きながら グラウディングコードを伸ばして、地球の核に突き刺します。


2 つぎに 息を鼻から吸いながら
地球の核から赤いマグマのエネルギーを第1チャクラまで吸い上げます。
3 吸い上げたマグマの赤いエネルギーをお腹の中でさらに大きくして

グラウディングコード、右足、左足から地球の核をめがけて 吐き出します。(口から息を吐ききってください)
吐き出すときに 足の中にある不要なものも一緒に吐き出すイメージをしてくださいね。


4 そしたら、またまた 地球の核からマグマの赤いエネルギーを吸い上げ(息を鼻から吸う)次に、第2チャクラまで吸い上げます。

5 そしたら 第2チャクラですので オレンジ色の大きな玉をイメージしながら、息を吐くときに 右足、左足、グラウディングコードから 不要なものを吐き出します。


6 そしたら またまた、地球の核から赤いマグマエネルギーを吸い上げ、第2チャクラまで吸い上げ
オレンジの玉をつくり
またまた、右足、左足、グラウディングコードから不要なものを吐き出します。


これを何回も何回も繰り返します。


足やせダイエット効果もあります


第1チャクラと第2チャクラがしっかり地球と繋がっていれば けっこう安定します


続いて、第3チャクラ、4、5 とエネルギーを吸い上げてもいいですよ。


グラウディング強化になります。







最後に 手をこすりあわせてのプロテクトもお忘れなく〜

この世界にあるすべてのものは、感謝するために存在するのです。

だから、ありがたいなあと自然と頭が下がるし

ありがたいなあと思えるから自分の身を正そうと努めるし

ありがたいなあと思えるからお口は慎もうと思えるし

ありがたいなあと思えるからお返しをしたいと言動に表れるのです。

みんな同じ存在で感謝、尊敬、尊重をしあえる仲間なのです。

だから、互いに謙虚でいられるのです。

わたしたちは、この地球に生かされています。

わたしたちすべて、生きとし生けるものすべてが この地球に生かされています。

感謝しかありませんね。



居てくれてありがとう。


いつもありがとう。


どうもありがとう。


本当にありがとう。


心からありがとう。


ままのまま


自然の恵みはいつもいつも 私たちを守ってくれています。

何も言わないけど、光を放ち、薫りを放っています。

いつも、変わらず、微笑むように守ってくれています。



朝、目覚めると 燦々と光が降り注ぎ、
それだけで 守られているなあ、愛されているなあ と感じます。


この光があるから
私たちは生きていける。


いつも、どんな時も 変わらず、光で包んでくれています。


どれだけのありがとうを伝えてもいいくらい 今まで、支えられてきました。


泣いている時も 楽しい時も
いつもいつも、光を放っていてくれる存在。




ありがとうと言葉で伝えるよりも
態度や行動で表したいです。


感謝とは
ありがたいと感じることでなく
わきあがる想いです。


その感謝を形に表す行動こそが人として生きるということかもしれませんね。

目標や夢は、その後からついてくるものだと思っています。

『ありがとうございます』 を漢字で表すと
『有り難く頂きます』と書きます。


この意味は

『有ることが容易ではないことを頭の上に載せて、敬意を示し押し頂くこと』

です。


ありがとうございます とは
『有ること』が『容易ではない』ことを頭の上に位置させて、敬意を示し押し頂く という意味になります。




だから、ありがとうございますと頭を下げるのですね。


『ありがとうございます』という言葉は、
『有ること』は容易ではないことを示されているのです。

そして 容易ではないから、頭の上に載せて敬意を示し頂きましょうと示されているのです。



本当に、有り難い言葉です。



『ありがとうございます』と、伝えるだけで わたしたちは有ることに敬意を示し頂くことが出来るのです。




誰もが『ありがとうございます』と伝えるだけで幸せでいられるのです。


だって、『有る』のですから。



幸せは、『有る』のです。

わたしたちが 個人個人に与えられている力は 自分の物ではないのです。


また、自分だけの物にしてもいけないのです。


すべて、宇宙のもの。


宇宙からの恵み、お与えなのです。

間違えないでほしいです。


それを、自分だけの物だと勘違いしないでほしいです。

たとえ それで、人を救えたとしても 自分の力じゃないのです。

そして、人を救ったと勘違いするのは、思い上がりも甚だしい限りです。


人は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず。


わたしたちは 生かされいます。


宇宙に生かされています。



人として生きているのは、役目があると思うのです。。

まず、この世におぎゃ〜と生まれて 赤ちゃんとしての役目。

両親や家族に育てていただいてる代わりに その笑顔で癒すのです。

そして、自分を育ててもらいながら 親を 育児ができる親にさせる役目もあります。

お互いに 育ててもらいながら 成長して、親に守られるのです。

親に守られるという役目。

だから 子供は 親に守られる権利があるのです。

親は子供を守る義務があり、自立できるように育てる義務がある。

そうやって 子供は 家庭の中で 自立できるように 育ててもらうのです。

そして 社会に出るのです。

社会に出たら、社会人として それぞれの仕事につき それぞれの役目をこなすのです。

そして、愛する人ができたら 、愛する人を守る役目があり、
家族が できたら自分が親に育ててもらったように 、子供に癒され、親になっていくのです。

社会での役目もあり、大忙しです。


だけど、それまでは 頭も身体も動いていたけれど だんだんと 動かなくなって 家族の手を借りて 生活をするようになります。


そうすると、今まで 生かされてきた知恵を 子供や孫に伝えていく役目があり、


それが できなくなってくると 、介護をしてもらうようになります。


それでも 役目はあるのです。


それは、お世話をされるという役目。

お世話をされることによって 人は奉仕ができるのです。

人が奉仕ができるということは、

人に奉仕をさせていただけるということで お徳を積むことになるのです。

お徳というのは 人間にとっての貯金みたいなもの。


自分が お世話される側になり、相手に お徳を積まさせてあげられるのです。


素晴らしいことです。



こうやって、人は 自分の役目を全うしていくのです。


長い人生だから このようにうまく 進まないかもしれないけれど 、

最後は

人は老いる。


老いた人間は 必ず、誰かのお世話になるとは思うから、 そのときには 必ずお役目がある。


人間は 最後の最後まで 人の役にたちたいものなのです。

太陽の光りを浴びて 私は立ち上がる

私をいつも照らし続けてくれている太陽にいつも護られている

私は地球の一部

私は大地に包まれて根っこをぐんぐんと生やす

繋がる

大地と繋がる

地球と繋がる

夜になると太陽に代わって私を照らして見守ってくれる月の存在がいる

私は大地なの

地球の一部なの

地球に繋がり 太陽に月に護られている

父も母もいなくたって寂しくない

私には護ってくれる存在がある


だから

まず 先に

自然に感謝

光り輝く太陽に感謝

見守ってくれる月に感謝
私をまるごと包みこんでくれる地球に感謝


まず そこから 始めよう
アトランティスの過ちは侵したくないの


ただ ここに生かされていることだけで感謝


もう 恐れることはない

私は気づいたのだから

あなたに護られていることに…


いつも そばにいてくれてありがとう


病めるときも 健やかなるときも
いつも変わない 光りを送ってくれている

どれだけ 私が涙を流しても 光りで拭ってくれる

辛いときは 自分の光りで私を満たしてくれる


あなたがいたから 私は輝いていられる


あなたがいたから 私は生きていられる

あなたの存在が私の財産です

日の光りが放つように

あなたの光りを感じる。

いつも、どこにいても、出逢った頃と変わりなく、あなたを感じる。

山を観ても、桜を観ても、あなたを感じる

川のせせらぎもしぶきも あなたの光りを想い出させる。



わたしの左手にはあなたが宿っているの。

あなたを感じる。

いつも どこでも。

永遠に。。。



僕は地球

お父さんは太陽で お母さんは月

昔 昔 僕に似た星があったんだけど 核爆発で 砕けてしまったんだ

そのかけらを宇宙の人達が修復して 天に戻したのが お母さんである月なんだ

それで そんなお母さんを見初めてプロポーズしたのが お父さん

そして 生まれたのが 僕なんだ



実は、僕 困ってることあるんだ
僕の身体にはいっぱい 木が生えて皮膚である土を守っている
そして その木を守るために海があるんだ

でも 最近 木を切って燃やしたり 僕の身体に爆弾を落として 焦がしたりするんだ

やけどして とても痛いよ
海の水で冷やそうとしても 人間が流す水は 油が入っていたり 良くないものが入っているから 傷がとても滲みるし 直らない
お父さんに温めてもらいたいのに、人間が出す煙で、僕をおおっている膜をとかしているから、直に太陽の光りが当たるからよけいに痛いんだ

お母さんに直してもらうんだけど 夜になっているところだけ 直してもらっているから なかなか直らない(>_<)

お父さんは我慢しすぎた と言うけど 僕 人間が大好きだから 我慢するんだ
僕は人間のこと大好きだから 人間も僕のこと大好きなんだって信じてる…




でも 最近 もっともっと ショックなことが起こった

お母さんがいた星でも使っていた 核 を使った爆薬をつくっているんだ

それを 僕の身体で実験したり 実際に落としたりもした

それで 僕の大好きな日本人が何万人と亡くなった
それに…

それに…

原子力発電所を僕の身体の上にいっぱいいっぱい つくったんだ

そして 毎日 毎日 お母さんが泣くんだ

お母さんみたいになっちゃう…って

辛いよ 僕

辛いよ 僕

今まで 弱音を吐かなかった僕だけど 僕の心は砕けそうだよ

だから お父さんに相談したんだ

そしたら お父さんは天気を司る神様に言って 大雨を降らしたり カミナリを鳴らしたり日照りにして 人間に警告をした

でも やめてくれないんだ

「ボウヤが嫌だってはっきりと言いなさい!」

お母さんが言った

もう 僕が 僕の意思を表さなきゃいけないってこと?

「もう お母さんが祈ったり お父さんが警告しても無理なの あなたが 自分自身で行動してごらん
あなたならできるわ」

お母さんは続けた

「そうね… 日本人なら あなたの気持ち わかってくれるかもしれない」

「えっ日本人?」僕は聞いた

「そうよ 日本人は 私に住んでいる月人からDNAを採ってそっくりにつくっているから わかってくれるかも☆しれないわ
NASAが宇宙士を選ぶ時に 必ず 一人 日本人を選ぶのは 月人が驚かないようにするためなのよ ボウヤ」

「えっそうなの?」

「そうよ ボウヤ元気を出して!日本人なら きっと わかってくれて世界中の人間に伝えてくれるわよ!」

「うん 僕 『原発反対!』って 言ってみるよ」

やっと やる気になった地球のボウヤを 優しく見つめる お母さん 月とお父さん 太陽


勢いよく『原発 はんた〜い!』と 僕が叫んだ

そしたら 勢いよすぎて 海も 踊り出して 津波を引き落として 多くの人間が亡くなってしまった

「お父さ〜ん お母さ〜ん

「僕の上に住んでた人間が いっぱい いっぱい 亡くなったんだ やっぱり 僕 できない

「何を言ってるんだ 亡くなった人間達は ボウヤにしっかりと掴まっていないから振り落とされたんだ しっかりと根っこを張っていれば いいものを… だが かわいそうだから 火星と木星に言って 受け入れてもらおう だから 心配することないぞ!」」

「私は 人間達に あなたにしっかり根付くことができるように 愛のエネルギーを送るわ ねえ あなたも一緒に愛を送りましょう」とお母さんが言った
お父さんも 「そうだな 地上にしっかりと掴まっていられるように ワシもエネルギーを送るよ」

「お父さん お母さんありがとう」
僕 人間が原発をやめてくれるまで 頑張る!」

「そして 人間や動物 植物 僕の上に住んでいてくれる ありとあらゆる物達 と おだやかな日を過ごせるまで 僕は頑張るよ!」




ひょっとしたら 地球はこんなことを感じているんじゃないかなあ と思って 書いてみました


私は地球です

地球は私です

今まで 私も 辛いことがあっても 耐えてきました 口答えも 自分の意見も言ったことがありませんでした

しかし スピリチュアルを学び 自分の気持ちは自分自身が表さなきゃいけないことを知りました

まだ 最近のこと です

自分の言葉で伝える 態度で表現する

やっと 少しですが できるようになってきました


でも まだまだ これからです


地球も同じ気持ちかもしれません


自分が自分自身を愛するように

あなたも地球を愛してください
今までの過ちを許してください と謝ってください
そして いつも いつも そばに寄り添ってくれて ありがとうと感謝してください


天を仰ぐのではなく あなたの足元にいつも存在する地球に…




このページのトップヘ