--------------
昔は僕もそうなりそうな時代もあったが、
 
僕の世代より少し上から、今の世代によく見られることとして、
 
「人生をあきらめる」ということがある。
 
 
 
そういう人たちには、
 
『あきらめる前に、自分は何かしたのか?』
 
と自分に聞いてみて欲しい。
 
 
 
この『人生をあきらめる』という病は、
 
なぜかとても若いときにかかる。
 
主に思春期のころだ。
 
そして、それが人生の終わりまでずうっと続くのだ。
 
 
 
今考えてみても、なぜ若いときには、
 
『人生ってくだらないな。』
 
『この世界はもうどうしようもない。』
 
とあきらめてしまうのかは、分からない。
 
 
 
何を参考にして、判断を下すのだろうか?
 
 
 
ひょっとしたらこの時期は、
 
大人からの分離とともに、
 
やはり大人というものへの『信頼』がどこかにあるのだろうか?
 
だから、『大人ができない、ということは自分もできない。』と考えるのだろうか?
 
 
 
そういえば僕は、大人がいうことを信じない子供だった。
 
僕は、いつも自然を見つめていたから、
 
大人が『これはこうである。』といっていることが、
 
どうにも自然、つまり現実に起こっていることとは合致しない、ということに気づいていた。
 
 
 
だから、僕は、同世代がどんどん人生をあきらめていく中で、
 
人生をあきらめることができなかったのかもしれない。
 
『だって、そういう風になってないでしょ!』
 
「大人」から何かをいわれても、いつもそう思っていた。
 
だから、「大人」が言っていることが「正しくない」ということを証明するために学び、
 
そして、ついには、やっぱり「人々」が信じていることは全然間違いであった、ということを自分のなかで確信した。
 
 
 
でも、多くの人は、自分の「考え」を支えてくれる支柱がないから、
 
どこかで『大人がいっていることは正しいのかもしれない・・・』
 
と思い、ついにはあきらめてしまうのかもしれない。
 
僕が、自然という「揺るぎなきモノ」をみることになったのは本当にラッキーだったのかもしれない。
 
 
 
まあ、とはいえ、
 
やはり、思春期を抜け、いわゆる「大人」になったときには、
 
あらためて自分を見つめ直すことができる。
 
 
 
親から自立した、論理的な思考をもってすれば、
 
自分がいかになにもせずに人生や「夢」をあきらめてしまったのか分かるだろう。
 
 
 
さあ、ここでもう一度自分に問いかけてみて欲しい。
 
あなたは、なにかをあきらめてしまった前に、
 
一体何を実際にやっただろう?
 
どれくらいそれについて知り、どれくらいの期間をかけて、どれくらいのことをやったのだろうか?
 
 
 
それはひょっとしたら、できるものではないのだろうか?
 
自分はただ何もせずに、ビビってしまって、または面倒で、それをやめてしまっただけではないだろうか?
 
 
 
もしそうならば、ただちに「私には○○○なんてできない。」「私に○○な才能はない」という言い訳を捨て、
 
「私は、○○をしたくなかったので、することをやめました。」
 
と言い換えるようにしよう。
 
 
 
自分に正直になって、事実を受け入れるようにすれば、人生は好転する。
 
ぜひやってみて欲しい。