--------------
 
--------------
すべては行動から生まれる。
 
 
 
とはいえ、
 
それはわかっていてもできないのが、みんなの悩みどころ。
 
それがなぜなのかを、今日は考えてみましょう。
 
 
 
多くの人がなにかをしようとするとき、
 
ついつい「構えて」しまいますね。
 
 
 
でも、
 
人は「構える」と動けなくなってしまうんです。
 
 
 
たとえば、走るために構えるとしましょう。
 
そうすると、動けなくなりますよね。
 
それを「動かす」ためには「合図」が必要なのです。
 
「バーン!」という、例のヤツですね。
 
 
 
でも、人生には大概そんなもんはありません。
 
合図なんて、だれも出してくれない。
 
だから、「構えた人」たちは固まったまま。
 
 
 
人生での合図は、
 
自分で出すものですが、
 
これを出すのが難しい。
 
 
 
というわけで、
 
「構えた人」は動けなくなってしまうのです。
 
 
 
じゃあ、どうすれば?
 
となりますが、
 
とりあえずまずテキトーにやってみりゃーいいんです。
 
 
 
「テキトー」がどうも日本では軽視されますが、
 
よく日本語的に考えれば
 
「テキトー」は「適当」。
 
「程度などが、ほどよいこと。」ですよ。
 
 
 
動けないのは、そもそも目的にかなっていませんから、論外。
 
ということは、
 
動けることが前提なら、
 
「テキトー」で動けるなら、それは「適当」ということです。
 
 
 
まずテキトーでやってみる。
 
構えずに、いい加減でやってみる。
 
 
 
これが実は、知恵なのです。
 
だから「適当」「いい加減」なのですね。
 
えへん。
 
マジメちゃんには、つらいね。 
google_protectAndRun("render_ads.js::google_render_ad", google_handleError, google_render_ad);