チャクラ(chakra)のことについて、
簡潔にお伝えさせて頂きたいと想います。

ここでは、地球地表上の本には
書かれていない部分を中心にして、
地球内部世界「アガルタ」の中心地、
「シャンバラ」に存在する医学経典の中から
シャンバラ・マスターの一人、ヒンドゥー神として知られる、
ガネーシャさんの許可を得て、抜粋させて頂きたいと想います。

直観や閃き、あるいは、
高次元領域宇宙の情報といったものは、
一番最初に、自分自身の魂意識で、
「内なる声」として受け取ります。

それは、へその下にある丹田で受け止められて、
その後、物質肉体のチャクラと呼ばれる、
それぞれの箇所に向かって、信号が伝わり送られて、
身体中に響き渡ります。

チャクラとは、私たち生命体の身体にある、
直観や閃きと云った霊的な信号を受け取るための、
それぞれの中継地点です。

主要なチャクラは、8箇所ありますが、
物質肉体の上部から、それぞれの特徴を、
お伝えさせて頂きたいと想います。


★クラウン・チャクラ (clown_chakra 頭頂部)

透知(霊知)能力は、ここで受け止められます。
それは、知識としては持ち合わせていないはずなのに、
何故か、どういうわけか、すでに知っているという感覚です。

宇宙根源の「生命の樹」と対応しているのがこの部分であり、
それは、錬金術で「上なる如く、下もまた然り」と云われるように、
全知全能と対応しています。

頭頂部の感覚を、極度に無視し続けていると、
脳に関連する病に発展してしまいます。


★イヤー・チャクラ (ear_chakra 耳)

透聴(霊聴)能力は、ここで受け止められます。
霊的な声や、異次元領域の周波数の音や波は、
ここで聴き取ります。

耳鳴りは、身体の周波数調整として起こる場合と、
何らかのメッセージが届いている場合に起こります。

何らかのメッセージとは、ご先祖霊や守護霊、補助霊、
最善なるスピリチュアル・ガイドたちなど、
自分自身に最も近い存在たちからのメッセージか、
現世での家族や身内からの緊急の知らせ、
「虫の知らせ」として届く場合を云います。

このような声や音を、極度に無視し続けていると、
耳に関連する病に発展してしまいます。

※補助霊 → 最近に他界された身内の人の霊や、
あなたの興味や趣味、仕事に共感してサポートしたいと、
集まってきた霊を云います。


★サード・アイ・チャクラ (third_eye_chakra 眉間)

透視(霊視)能力は、ここで受け止められます。
「過去のヴィジョン」や「未来のヴィジョン」は、
この部分で霊的な映像として受け取ります。

異次元領域の周波数の光、色、記号、数値、
予知能力、予知夢、デジャヴ(既視感覚)などは、
この部分に信号が送信されます。

地震や洪水、台風、天変地異の予知も、
この部分で受け取り、そのことの信号として、
偏頭痛を起こす場合があります。


★スロート・チャクラ (throat_chakra 喉)

霊的に受け取った映像や声、音などを、
物質的な声、言葉として、ここで表現します。

そのとき、真実とは異なる表現を発声し続けていると、
「どもり」が酷くなります。

また、真実を押し殺して黙認していたり、
言いたいことを言えずに我慢をしていたり、
虚言癖があったりすると、「どもり」が酷くなります。

さらに酷くなると、喉を痛めて炎症を起こし、
喉頭炎になり、さらには喉頭ガンを患うなど、
喉に関わる病に発展してしまいます。


★ハート・チャクラ (heart_chakra 胸の中心部)

愛情、思いやり、優しさといった
母性に関わる部分は、ここで受け止められます。

「胸騒ぎ」は、誰かの想いや愛情感覚を受け取ったり、
愛する人同士のテレパシー感覚として起こります。

チクンチクンとする感覚、ドキンドキンとする感覚が、
それに当たります。

非常に想いが通じ合っている人同士の、
阿吽(あうん)の呼吸、暗黙の了解といったものは、
ここで受け取ります。

胸心部の感覚を、極度に無視し続けていると、
心臓に関連する病に発展してしまいます。


★ソーラー・プレクサス・チャクラ
(solar_plexus_chakra 太陽神経叢、みぞおちの下辺り)

コントロール能力は、ここで受け止められます。

それは、自分自身や他人に対してのコントロールであり、
自分自身をコントロール出来ていなかったり、
他人を必要以上にコントロールしようと目論むと、
みぞおちの下辺りが傷み出し、胃痛になり、
胃関連の病に発展してしまいます。

また、他人を束縛する、依存する気持ちが強過ぎると、
胃痛や胃炎という形で現れます。


★サクラル・チャクラ (sacral_chakra 仙骨)

「魂意識」が座している場所であり、
直観や閃き、あらゆる多次元領域宇宙の情報は、
この部分で、一番最初に受け止められます。

つまり、魂というものは、この部分に存在しています。

仙骨は、英語で「sacrum (サクラム)」ですが、
「サクラム」の「サクラ」の部分は、「桜」のことです。

「桜」は、英語で「cherry blossoms」ですが、
これを略して、「sacrum」です。

「桜」は、シリウス星系で誕生した種であり、
そこから、地球上に降ろされて来た種です。

それを実際に降ろして来た人は、
シリウス神人であります、聖母マリア = 菊理姫 さん
を代表とするシリウス神人たちです。

地球物質界の時間空間軸で、
西暦2010年現在から遡って、
785億4735万2984年前のことです。


★ルート・チャクラ (root_chakra 脊椎の一番下部)

地球物質界における人生生活を、
私たちが生きる目的をもって生き続けることを、
コントロールしているのは、この部分です。

私たちは、地球物質界において、
人生生活の手段として、お金を活用しています。

お金に対して、あまりにもこだわり過ぎたり、
お金に苦労し過ぎていたり、お金に対して、
マネー・ゲームなど、過剰に意識を傾け過ぎると、
この部分を含めて、腰痛になり、さらには、
坐骨神経痛、椎間板ヘルニアなどの、
腰関連の病に発展してしまいます。


人にはそれぞれ、得意とする分野がありますように、
人によっては、最も突出して発達しているチャクラがあります。

まずは、自分自身にとって、
最も敏感であると想われるチャクラの鍛錬を
心掛けることが推奨されています。

その後、その突出したチャクラを補うかのように、
その他のチャクラが、徐々に開発されて来ます。

チャクラの鍛錬法として、最も有効的な方法が3つあり、
これは、それぞれのチャクラを浄化する効果もあります。


★1日5-10分間、目を閉じた状態で、
太陽に顔を向けて、深呼吸を繰り返しながら、
目蓋の部分に陽射しを浴びます。

★夜明けの空の、透明な薄い青色を、
1日5-10分間、眺めます。

★雨が降って曇っていた場合は、1日5-10分間、
雨の音のみに耳を傾けます。


3つ目は、目を閉じていても、閉じていなくても、
どちらでも大丈夫です。

上記の中で、病に発展する前に、
それらを予防するためには、
心と魂の浄化が必要不可欠です。

兎にも角にも、「心を改めること」が必要ですが、
大病を患ってみて、初めて、大切なことに気づく、
重要なことに気づくということが