生きていく上で必要なことは『愛と感謝と調和』です。


まずは この地球に生かされていることを 自身の身体に植え付けましょう。
そうすれば 地球を大切にしようという気持ちが芽生えます。

頭で考えても 感謝の気持ちは湧いてきません。

ハートで感じるんです。
すると 自然と感謝の気持ちが湧いてきます。

何をすべきかがわかります。


人間は それからです。


これが 基本です。


これができていれば 次は 勉学に励みましょう。

昨日 お伝えしましたが 身体を 脳を活性化するためです。

それができてから やっと 自分のやりたいこと したいことを考えれる人間になれるのです。

人に貢献できる人間になれるのです。

人間はこの地球を守るために生きています。


わざわざ この地球に生まれてくるのはどうしてか ご存じですか?


人間として この地球に奉仕するために生まれてくるのです。

自分一人で生きているのではなく まずは 親がいる。

親を大切にして 親は子供を 地球を愛する子供に育てる。

家族という枠の中で 人間関係を学びます。

それが できてから 学校という社会を経験します。


順序があります。

社会に出て 挫折をするのは 親に 社会のことを教えられていないから…。
社会の仕組みを家族の中で 教えるのです。

それが 親の務めです。

そして 子供は そんな親から たくさんのことを教えられ 吸収して 守られていることを知り 巣だっていきます。

巣だっていっても 親に守られているです。

帰る場所はあるんです。
親は 子供を全速力で守りましょう。


私事ですが 私は娘を叱るときに いつも言っていることがあります。

『お母さんは〇〇ちゃんのことが大好きだよ。何があっても 〇〇ちゃんが何をしても 大好きなんだよ。』

悪さをして お尻をピシャンと叩かれても 私のことは怖くないと言います。
守っている存在がいるから 少々 無茶なことをしても 大丈夫なんです。


まだまだ お伝えしたいことは 山ほど ありますが 今日は この辺で〜