今日は、毎日の生活で、潜在意識にあるブロックや、
思いこみ(思考パターン)に気づく簡単な方法を書きたいと思います



潜在意識は、“自分が信じたいように”、“心で思った通り”に、
それはそれは恐ろしいほど忠実に現実化しています。

不安の元から修正しない限り、いつまでも繰り返されていきます
潜在意識に入れてしまった、不安の元(ブロック)をクリアにして
修正するワークは幾つかありますが、
日常でできることをまずは実践していただけたらと思います

一番わかりやすいのは、「怒り」の感情がでてきた時。
(イライラする。ムカつく。嫌い。許せないなど。)


人間にとって無意識と意識を結ぶ要素が感情です。
意識的に感情を通して無意識のレベルでの思い込みや観念を
理解していくことができます。
感情は無意識や深いレベルの真実を気づかせてくれます。

日々の生活の中で自分が反応した時、自分は何をどう感じたかを見ます。

例えば、「あの人は自分勝手でわがまま」だからむかつく!
この場合、あの人のどんな言動・行動にムカついたのか?を見ていきます。

・周りの意見を無視する、人の言うことを聞かない。
・約束を守らない。
・突発的でコロコロ言うことが変わる
などなど、相手に感じたことをみると、自分の思考パターンがわかります。

〜してはいけない。〜しなければならない。という自分ルールや、
自己主張、自由な表現などの制限がみえてくると思います。

これが思考の基礎の部分になってしまい、
そのまま感情を放置し続けてしまうと思考パターンとなり、
嫌な人、嫌な出来事を引き寄せ続けてしまうのです。

・周りに合わせている自分
・言うことをきく自分
・約束を守らない自分
・欲した時に言えない自分

本当はこんな自分がいて、
そんな自分のことを嫌だと思っているのかもしれません。

自然に自分が欲しているものや、感情を表現することを
してはいけないという思いこみ(またはできないと思っている。)が、
自分を抑え込み、嫌だ、こうしたい!こうしよう!としても、
できない、やらない(約束を守らない)を繰り返していきます。

認めがたいことかもしれませんが、
長年、抑圧され、放置され
続けた“欲求”や“感情”は、
「不満な現実」を作るように潜在意識へと指示を出し続けています。

無意識に自分を認めていない人は、認めてくれない人を、
自分を嫌って攻めている人は、嫌いな人・責めてくる人(状況)をつくります。
自分の無意識にあるものが目の前に映ります。

自分では気がつかない部分の思いこみを知り⇒認めることは、
もう無くなったと同じようなものなので、日頃から意識的に
ドンドン気づいてもらいたいと思います

そして、思考パターンに気づいてくると、その核の部分も見えるようになります。

見て、感じて、それは何を言おうとしているのかに
気づくことでそれは解放されていきます。

感情をしっかり味わい解放することに慣れてくると、
心や体が軽くなり、
あんなに嫌だった人が、「あれ?ほんとはこんな良い人だったの?」
など、現実が驚くほど変わっていくので、楽しくなってきますよ

ぜひ、楽しんで発見してみてくださいね