ありのままの自分を自覚すること を書いてから思ったんですが これでは 片手落ちかな と思ったので 続いて書いていきますね。

まず 他者からの行動、言葉に ネガティブな感情を持ってしまった場合


それを 自覚する。
それが、ありのままの自分を自覚するということです。
これが 前回までの話でした。

そして それから そんな自分を認めて 受け入れるんです。

言葉で書くとと 『認めて受け入れる』簡単ですが これって意外と深いです。

彼のことを例に取ると

『私の発言に不愉快になった自分』を まず 心底 自覚して 自分はそういう人間なんだ と 自分の内側に落とし込む、刻ませる、んです。

それが 『認めて受け入れる』という作業です。

ただの作業です。

感情は入りません。

だから、
『私の発言に不愉快になった自分』に対して ネガティブになる必要はまったくありません。

ただ ただ その通り、おっしゃる通りだよ と 自分の心に落とし込むんです。

それをすると あら不思議♪

心は 『私の発言に不愉快になった自分』に対して よくやったよくやったと誉めてくれます。

すると やった〜\^o^/と嬉しくなります。

そして そんな『私の発言に不愉快になった自分』を抱きしめてくれるんです。

それが 自分を愛するということ なんです。

自分を認めて受け入れてもらい愛された『私の発言に不愉快になった自分』は 癒されて 不愉快さが消えてしまうんです。
そして 『私の発言に不愉快になった自分』から不愉快さが消えた自分に変化します。

それが 『乗り越える』 ということなんです。


すると そのあと、いくら 彼に私が同じことを言ったとしても 不愉快に感じることはなく スルーできちゃうか もしくは 教えてくれてありがとう と感謝ができるんです。


これが 『乗り越えるための作業』です。


だから 最初は 怒ったり、泣いて叫んでもいいんです。

あとで この作業をすればいいんですから〜


その繰り返しです。

そうやって その時その時の ありのままの自分を認めて受け入れて愛していくと 楽になりますよ。

簡単でしょ♪

難しく考えることはありません。

負の感情を抱いた時に すればいいんですから。。。

負の感情を抱いても それに蓋をすると どんどんと苦しくなって そのうち 爆発しちゃいますよ〜

爆発すると 痛みを伴います。
だから 痛まないうちに コツコツと やるといいんですよ。


私は 最初、『観念浄化ワーク』というツールを使って 内観(負の感情を自ら引き出す)をして、浄化しました。

内観というのは 『ありのままの自分を自覚する』作業です。
浄化は『認めて、受け入れて、愛する。』作業です。


だから 内観だけでは 片手落ちなんです。

内観だけでは 感情の行き場がありません。
ちゃんと 受け入れて愛して抱きしめてあげないと納得できません。

『愛されている』と感じます。

だから 私は 浄化は必要だと思うんです。

でも 内観と浄化の比率は80:20です。

内観の方が大切です。

ありのままの自分を自覚する、気づいてあげることは大切です。

気づくとは 心の底からわかる ということです。

愛することも感謝することも 心の内側から沸き上がってくるものです。


だから それを自分自身で体感してみると 『内観+浄化』が愉しくなると思いますよ〜



なるべく わかりやすく書いたつもりですが わからない方は 質問をしてくだされば お答えしますよ。


まあ こういっちゃなんだが 私に不愉快にされた彼は このようにお役に立っているなどとは夢にも思っていないでしょうね〜

へへっ


人類みな兄弟\(^o^)/