昨日 人魚姫伝説の人魚塚に導かれて、自分はそこの人魚だったんだと気づかされて感じたことは

『私は守られている』
『私は生かされている』

ということでした。

去年、一去年と 私は自分の内側と向き合い 心の浄化を繰り返してきました。

私は仕事を持つ一主婦です。

そんな私が どうして、覚醒できるまで 内観、浄化ができたかと言ったら

すべての人の支えがあったからです。

様々な方に私は支えられて生きていることに気付かされます。

また、昨日 出逢った日野町小野の〇藤さん

この方に出逢わなければ、私は 聖徳太子様のお慈悲を思い出すことはできませんでした。

すべての方に支えられている。
守られている。
導かれている。

感謝しかありません。


人は 決して一人で生きているわけではないんだと気付かされます。

〇藤さんに出逢わさせていただけたこと。。。

それは、まさに偶然ではなく 必然で 導かれているなあ 守られているなあ とつくづく感じました。
その地は 私にとって 自分の源と繋がるエネルギーに満ちていました。

私はここに居たんだ。

と 思うと同時に その安心感に包まれました。

もし、私が 見当討違いの行いをしていたら 〇藤さんに出逢うことがなかったでしょう。。。

そして 人魚時代に抱えてしまった人間への恐怖感を まだ 抱えたまま 家に帰ったんだと思います。
でも 私は 出逢えた、思い出したんです。


聖徳太子様からの御慈悲。
人間からの優しさ。

弘法大使様への忠誠心。




一去年は 高野山に出向き 滋尊院にも 手を合わせることができ 弘法大使様との繋がりを感じることができました。
そして 和歌山、橋本での記憶も一部 思い出しました。

でも それは 私を満たす十分なものではなかったのです。

弘法大使様と どこでお逢いしているんだろう、 どんな関係だったんだろう という疑問で 何回も 橋本に通い ゆの里にもつかってきました。

とにかく 私は 自分を思い出すのに 一生懸命でした。


それが やっと繋がった人魚姫伝説の地、日野町小野でした。





私に起こった出来事は 当たり前でもなく 偶然でもなく 私だけの努力だけでもありません。

私に関わる方々の優しい気持ち、思い遣りによって導かれたことです。

ひとつ足りとも 当たり前に感じることなく 感謝の気持ちでお返ししたいと思っています。

私にできることは 思い遣りと 気遣い あと、健康でいること。

自分が健康であれば 人に尽くすことができる。

感謝を形に表すことができる。



人間に生まれてきたのは 人の優しさにふれ 感謝の気持ちを形に表すことだと感じた、今回の人間姫伝説の旅でした。


人っていいな♪ありがたいな♪

人間に生まれてこれてよかった♪

心からそう思います。





人間は起こった出来事から何を学び、実践するかだと思います。
そうやって 人は成長するために この地球に生かされているのだと 私は思います。