3種の神器

1、ヤタ鏡
2、 八尺勾玉
3、 草薙剣

わたしたちはまず、天の神様から 草薙剣を与えらます。
その剣で 自分自身のカルマを断つのです。
これによって、正邪の判断が行われます。
そこで、人々に真の道を示すことができます。
これは、実際には、瞑想、浄化に当たるのではないかと思います。

すると、次には 天の神様からヤタ鏡が与えられます。
ヤタ鏡とは 天の神様からの智恵です。
明智とも言います。
いつも、わたしが書いている 心の奥から湧き上がる想いです。
気づきです。
それに よって 世界との聖戦をしていることになります。
そして、地球を愛の星に導く役目をします。
その時には、神様に対して、信頼、礼儀、尊敬を持ち望まなければなりません。

そして 天の神様から勾玉を与えられて 今までの世界を解き放ち、天の神様の愛をいただき この世界を愛の世界へと導くのです。。。

わたしが三種の神器を調べておりまして、総合的に見た結果です。
これは わたしが判断したものです。。。



やっぱり 己のカルマを解き放すための草薙剣というのは もっともだと思いますし それを越えると 心の奥からわき上がる想い、愛が湧き上がる感覚というのは とても 神聖な感覚で ヤタ鏡に表されるのは 非常に納得ができるんです。

そして この明智を 世界に広げて、この世をいい方向に導く。。。

このブログが どこまで 役に立っているかがわからないですが

たぶん わたしは そんなようなことをやっているんだと思います。

自分が内観、浄化して得た気づきをブログで表現する。

これが わたしのライトワーカー的、三種の神器なんだと思います。