自分の姿は鏡がないとわからなくて

だから

自分の姿を鏡に写して、見る。


自分の内面を知るときも、自分以外の目の前の人が鏡になって、写してくれる。

目の前の人を見る ことによって 自分を知ることができる。



これほど わかりやすいことはないんだけど。。。


わかっていても


相手の言葉に傷つき、涙が溢れ出る。


わかっていても。。。
わかっていても。。。


心は、傷付くんだ。



そんなときに 相手は鏡だから と、言われたとしても 傷に塩を塗るようなもの。。。



そんな時には


ただ、そばにいてくれる人が必要なんだ。

一緒に泣いてくれる人が必要なんだ。。。

ただ、人は温もりが欲しいだけなんだ。。。

抱きしめてほしいだけなんだ。