昨日 書いた エネルギーのお話しでは 間違った捉え方をさせてしまうかもしれないと思ったので 補足させていただきます。


わたしは 昨日の記事の中

『例えば、
怒りのエネルギーが肝臓についていた場合、
本来の肝臓の振動数が怒りの振動数に落とされています。
そのため ヒーリングなどによるエネルギーで 肝臓の振動数を流せば 肝臓は癒されることになります。
そういったエネルギー治療も最近は ちらほら 聞かれるようになってきました。』



この部分で、
『肝臓の振動数を流せば、肝臓は癒される』

と表現しました。

肝臓は治療されるわけではないんです。


人の病は 気から と言われているように
病は 本人の気で直すものなんです。

だから 病がある箇所に エネルギーを流すことによって 振動数を正常値に戻すと

気持ちの変化が見られます。

誰かに対して 怒りを持っていた場合には
『人に対して怒りを持ったから、自分が苦しむことになったんだな。 怒りを持ってはいけないことを身体が教えてくれたんだ。 早く、気づいてよかったな。手術を受けなくても、薬で治療できるから。。。 ちゃんと、薬を飲んで 直して 働けるようにしよう!自分に関わってる人に恩返しができるようになるために、頑張って 直そう!』

と ココロモチが変わることによって

病は直るんです。

エネルギーは ただ ココロモチを変えるために使われただけなんです。



これが 重要です。


ヤル気スイッチを入れるだけなんですね〜


これが 波動を上げる ということです。


だから ここに 来てくださった方にお願いです。


ただ、エネルギーに浸りにきた だけにならないでください。


わたしのエネルギーを受けた人は 気付きを受けます。

そのときに 自分の心の内側と向き合ってください。

自我がムクムクとあぶり出されるかもしれません。

恐れないで、自分をみつめてください。

わたしのエネルギーがサポートします。



エネルギーは 癒されるだけのものではなくて
自らの力を発動させるもの だと思っています。

癒しだけで、終わらないでください。



癒しを受けたら、次に繋がる原動力になる。


わたしは あなたを応援します。