愛、調和ある行動って気配りなんだと思います。


お互いに、相手を思いやる気持ちがあり それを態度で 形で表す ってだけです。

それは やらなければいけないという恐怖心からくるものでなく、心から相手と仲良くしたいという気持ちから生まれるものです。



相手が自分を怒るのは、相手のエゴが反応しているからだ。
わたしは悪くない!と言う人がいますが これは、開いた口が塞がりません。
自分が相手を怒らせてしまったなら まず、自分の過ちを認めて 素直に謝ることが必要ですし、調和を持って 相手の立場を思いやる心配りが必要です。


素直に謝る、、、正直に言うことが絶対とは言えません。

嘘も方便という諺があります。


結婚しているにもかかわらず 軽い気持ちで浮気をしてしまい バレてしまった場合は 特にそうでしょう。

嘘を突き通すことを必要な時もあるということです。

仲良くしたい!申し訳ない!という気持ちから出る言葉は 相手を癒します。

次には必ずしなければいいんです。

何回もは 通用しません。



自分の自我を見つめ 攻撃することなく相手との調和を取りながら生きていけるようになるといいですね〜。