目の前の現実は自分の心の中が投影された世界です1


現実を生きていると、非常にたくさんのことに遭遇しますね。

こちらがおはよう♪と声をかけても、無視する人もいらっしゃいますし、自分の気になることをズケッと言われて傷付くこともあります。

そんな時 人は相手を批判します。

〇〇さんが悪い。
〇〇さんのせいだ。

そして、それが正しいんだと思い、相手に主張して攻撃したり、 主張できない場合には憎しみを募らせたりします。
我慢をすることもあるでしょう。

心って、自分の感情です。
負の感情を持ったまま、生きるということは 辛い現実を生きることになりますね。。。

人が楽しそうにしていると うらやましいと感じることもあるでしょう。。。
どんどん 負の感情がつけていったたまま 生きている人が少なくない世の中です。

そしたら どうしたら もっと、楽しく生きることができるようになるのかしら?


自分の心の中を変えるしかないのです。

目の前に起こる現実は自分の心の中が投影された世界ですから。。。