人の気持ちがわからない人の反対で 人の気持ちばかり考えている人もいます。


相手は鏡だと聞くと


自分は相手の鏡だからと 相手の立場になって 『わたしはあなたの鏡になってあげてるの』 と言う考えのもとで 相手を分析しようとします。


これは、よけいなお世話。
相手の学びを取ることになりますし、
『相手は鏡』というのは 自分にとって有効になるので
このような考え方は、相手に対して 配慮を欠く、非常に 愛のない行為になります。

鏡の法則というのは、
相手を学びの対象としてみるのですから
相手に対して、自分は鏡だから学びなさいというのは 誠に、自分本意な、謙虚さも配慮もない行動になります。


鏡の法則を学ぶと
それをやりたがる人がいますので
注意しましょうね。



相手は ただ、ただ 自分を写す鏡となってくださるお方です。


尊敬の気持ちで接しましょう。