「わたし」が今、なぜ、ここ で生きているのか。
その「根っ こ」を見極めるためにも、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解る と、大きな心のよりどころを得ることになるのです。


人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかしその姿を保つには相当の努力が必要です。

心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。
本来の人としての姿にもどることを願う。
これこそが神道の祈り です。

神道では、具体的な教えを言葉や文章として遺していませんが、 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきています。


「神のご意志のまま」に、「神の意に背かない」生活を常に心がけ ること。
「教えられたことを忠実に守る」のではなくて
「おのずから神の意志というものを推し量って生きる」信仰が「かんながら」なので す。


「かんながら」の信仰を持ち、信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。