親に甘えられないまま大人になってしまった人や、男性と肩を並べて仕事をしてきた人というのは、好きな男性ができても うまく甘えることができない傾向があるみたいです。

常に男性と競争してきた、負けたくない!と息巻いて生きてきた人は 好きな男性に対しても 競争心を持つからか
恋愛においても 競争心を持つように思います。


男性と女性は身体が違い、役割が違うことを 以前、書きましたが
男性と女性は対等ではなく、女性は男性に守られる存在なのに 無理をしてますよね。


見ていると 素直に男性に甘えられないでいますよね。。

甘えて、好きと言葉に出せない女性が多いように思います。


負けたくない?自分のほうが愛されていると思われたいのかな?


内観するときにも 自分の内観だけでなくて 相手の立場になって内観してしまう傾向もありますね。

内観は自分のためにするもので 相手に代わってするものではないのです。
そして 自分の都合よく相手を内観してあげて、分析して 自分の都合よく自分の内観をする。。。


どんだけ、上から目線だ〜って思います。


けっきょく、自分から好きと言えないいいわけにしか思えない人もみられますし


内観はちゃんとできても、行動には表せていない人もいられます。

だから、行動に表すように求められるのであるし、女性であることを意識させられる出来事が起こるのです。


ただ、意地っ張りなだけなんですね。



素直に相手に言葉で『愛してる』って言うだけで うまく回るのにね。



相手のことが本当に好きなら
ブログに百万回書くより、相手に伝えましょうよ♪



意地を張るのはやめるのよ♪

好き好き♪って甘えるの。

Hまでなだれ込んでもいいけど 自分想いを、相手に伝えることが大切です。



思っているだけでは、伝わらない。



好きならば、行動に表しましょう♪


それが 自分を愛することに繋がるんですよ♪



相手から100万回言われても、自分から言わないのは コミニュケーション不足ですよ〜


言われて満足じゃなくて、言って満足するんです。