仕事でミスをして叱られた場合

具体的に書かせていただきますと

上記の場合において

自分の内側に 相手に対して 申し訳ないという気持ちがある場合とない場合においては
相手の叱り方が異なります。

自分の内側に、申し訳ないという気持ちがある場合には
相手は感情的には叱ってきませんが

自分の内側に相手に対しての信頼がない場合や謙虚さがなく フン(`へ´*)ノという気持ちや態度の場合には
相手は感情的に叱ってきます。

これが 鏡の法則です。

自分の仕事でミスをするという行為をなくする努力は必要ですが
苦手な仕事の場合には、ミスをしてしまうものです 。

その時には、 自分のできなさを謙虚に受け止めて 相手に対して 心から謝るように努めましょう。

これが、人間関係を良くすることに繋がりますし、自分を傷付けないことにも繋がります。

人から嫌みを言われたり、攻撃されると、自分は傷付きますよね?

自分を可愛がるためにも、謙虚さを身に付けましょうね♪

ふと、思ったので、書いてみました。



『まずは、完ぺきにならなくてもいい。
できないことを素直に認めて、謝る勇気が必要です。
でも、何回もできないことを繰り返すのではなく、できないことをできるようにする努力はモチロン必要です。』