自分の自我と向き合う説明を クライアントさんとメールでやり取りしています。


参考にしてみてください。


クライアントさまは ご主人に対して、自我が強く反応するご様子でしたので ご主人の嫌いなところを書き出してみてください。

と 伝えました。

すると 書き出した内容が 次の内容です。


空気が読めない
不器用
無神経
要領が悪い
偉そう
笑いのツボが合わない
臭い


そこで わたしの返信内容が次の通りです。


例えばね
「空気が読めない」というエゴっていうのは

1空気が読めない人は嫌い。
2空気が読める人が好き。
3空気が読めないことは悪いことだ。
4空気が読めることがいいことだ。
5空気が読めるようになりたい。

って5つに分解されるのよ。

だから そのうちの1つの「空気が読めない人が嫌い」という観念だけを浄化できても 自我が残ってしまうのよね。

そして ここがポイントなんだけど

◯◯さんは、決して ご主人のことが嫌いなわけではないのよ。

◯◯さんは

空気が読めない
不器用
無神経
要領が悪い
偉そう
笑いのツボが合わない
臭い

って人が嫌いなだけなの。

ご主人じゃなくても、嫌いなのよ♪

だから これらの感情が浄化できてしまうと

あら?不思議?嫌いではなくなるんだよ

だから ご主人と話をしても 波動が下がることがなくなるよ〜

がんばれ♪♪♪♪


♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂ここまで


まずは 自我と向き合うことは お洗濯と同じなんです。


自我を書き出すのは 汚れを浮き上がらせることに繋がります。


そして
次に 細分化。

汚れを分解するのですよ〜♪


こうすることによって より汚れは落ちやすくなるのですよ♪♪♪


この返信が次♪


またしても目からウロコです。

確かに、主人の嫌なところは、私がそうならないようにと、常日頃務めているところと同じです!

そして職場の嫌いな男性に対して抱く気持ちと、主人に対しての気持ちがまるで同じなのも、その人そのものを嫌っているからではないという証ですね!


正直、主人と向き合うのはがスゴく嫌でした。

昨日なんて、もうどうでもいいから早く離婚して、…と投げやりになっていたぐらいです。

でも、こういうことなら取り組めそうです


それにしても、私にはまだまだ手放さなくてはいけないエゴが山ほどあるのですね( ̄ー ̄)
地道な作業が必要ですね。



♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂ここまで




エゴを書き出して、細分化してから 浄化します。


すると 次には また、違った自我が現れます。

そして また、書き出して細分化する。
そして 浄化。。。

この繰り返しをしていくと 嫌いだったご主人は嫌いじゃなくなるんですよ♪♪♪



夫婦円満は家庭円満に繋がります。

家庭円満な家庭が増えれば、地球はよくなりますよ〜