自分にとって本当に必要なものは

体験してみてわかるものだと思う。

わたしは 今まで、たくさんの体験をしてきて

自分にとって、必要か必要でないかを常に、迷っていたんだ。

どちらを選んだらいいのかわからなかった。

どの選択が 愛ある選択かがわからなかった。

だから 迷った。

迷って、迷って 負のスパイラルに迷いこんでしまったことはたくさんあった。


でも

なぜ、そこから抜け出せたかというと

彼の言葉だった。


彼と過ごした記憶の中での彼の言葉が わたしの指針になった。



スピリチュアルは 何を選んでも間違いはないと言う。


でも それは、嘘だ。


正解はある。



わたしは 迷ったら 彼の言葉を頼りに進んできた。

そして、今のわたしがいる。



彼と過ごした日々がなかったら
今のわたしは、ないんだ。


だから いつも、わたしは 彼を選択する。


彼がいつもわたしの道標になる。