不平不満を言う人言わない人。


不平不満を言う人は 自己主張をする人です。

不平不満を言わない人は、一見 良いようにみえますが 心の内側にあるけど出さないようにしている場合、どこかで 爆発します。


爆発しないように 適度にストレス発散をして防ぐ
と 言う人も見かけます。

それで、いいのでしょうか?


ハッキリと言わない代わりに、どこかで発散するって ハッキリ言って、それは現実逃避です。


そこを見ないふりしてストレス発散して 楽しいですか?


わたしもかつて、見ないようにして感情に蓋をして 感じないふりをしていました。


わたし?ストレスないよ〜♪

って言ってました。


あまりにも押し込めていたため、ハートがバカになっていました。
そのため 何をしても何を聴いても感動しない、響かない。。。そんな人間だったんですよ。。。

顕在意識では 感情を認識できていなかったから わたしは 自分でストレスがない人間だと思い込んでいました。

ストレスを発散する ということもわからず過ごしてきました。


まあ、わたしほど異常な人はあまりいないかもしれないですが


普通は 不平不満があると それを自己主張できない場合には ストレス発散をするようですね。

そして それは 現実逃避を意味すると さきほど書きました。


いくら 現実逃避をして ストレス発散をしたとしても 不平不満はなくならないのです。

その不平不満はエンドレス、
乗り越えないと永遠に付きまとわれます。

永遠にストレス発散をし続けるのでしょうか?

不平不満が出てくるたびに
向き合わずに
いつも 横に追いやって、ストレス発散をするつもりですか?



あなたは それがしたいのですか?


それをするつもりで、地球に転生してきたのですか?



乗り越えてみようと思いませんか?



ストレス発散ってね。。。

一時的に波動を上げるんですよ。。。

だから その不平不満を気にならなくする効果があるんです。

一時的にです。

だから 一時的に波動が上がっているだけで

対処療法なだけで 根本的解決にはならないのです。


本当なら
一時的に波動が上がった時点で
不平不満に向き合うことが大切です。

その一時的な高い波動にひたっているのではなくて
向き合うことが大切です。


本来、ストレス発散、波動を上げるというのは

向き合うためにするものなんです。


現実逃避するためのストレス発散、波動を上げるのではないのです。


意味、わかりますか?



不平不満と向き合うために、波動を上げる必要があるのです。



不平不満を言っている状態の時は
向き合うことはできませんね。

波動が下がって、向き合う状態ではないからです。


だから まず いったん 波動を上げて

グラウディングできる状態まで上げてあげるんです。


その状態で
向き合うんです。


そうすると
不平不満を感じるのではなく 反省ができるのです。



本来のグラウディングできている位置より下だと

不平不満が起こる。



そして
グラウディングできている状態まで上げてあげると


反省ができます。




これは 周波数によるものです。





人はこのように

感情によって
波動が上がったり下がったりするんですよ。




グラウディングをすることで


不平不満を感じる周波数から
反省できる周波数に上がります。




これが



この世界のエネルギーのからくりです。




わたしが グラウディングをお勧めする理由がわかりましたか?