自分は愛されていないという想いを抱えている人は、多いと思います。



自分を愛することが出来ればそんな気持ちは吹っ飛ぶのですが


そんな人に、

自分を愛しなさい と言ったところで 突き放されたように感じます。


そんな時に

その人の立場になって、思いやってあげるのです。


どんなスピリチュアルな正論を言うよりも
相手を思いやるのです。


それを寄り添う。。。と言います。



寄り添うって、具体的にどういうことかわかりますか?



常に相手を思いやる態度を示すことです。

そばにボケ〜っと立ってることではありません。
その人と同じ立場に立つ。
その人と同じ視点で観る。
その人と同じ場所に行く。




と いうことです。



スピリチュアルで

寄り添いましょう〜


と 言われていることは、実は こういうことなんです。



依存をさせるさせない。。。
と いうことも聞きますが、


そもそも依存ってなんざましょ。。。



思いやりを示すのに、出過ぎるから依存をさせると言われるのですが

引き際を知っていれば、依存はさせません。


依存はしている方よりもさせる方に問題があるのです。




愛されていないという人に対して

依存はいけないわ

と、ボケ〜っと見てるだけのカウンセラーさん



これは、アポです。(小さいマルは取ってください^^)



カウンセラーの資格なしです。



人を導いていく仕事をされている方は

そのことをわからなければ

人に関わってはいけません。



たまに、◯◯◯さんでは ダメだったからと わたしのところにいらっしゃるクライアントさんもおられます。


ボケ〜っと立っていたり、突き放すカウンセラーさんを経て、わたしのところに行き着きます。。。


思いやり。。。

それだけです。


どれだけ、相手に一生懸命になれるか。。。

です。



まあ、これは わたしの身体と相談しながら です。

わたしも いろんなものをかぶってしまいます。


最善を尽くしても、わたしが機能しなくなるときがあります。


そんな時はお手上げです。

また、わたしの光りが強すぎて 近寄らないで!と言われたこともあります。


でも

わたしは どなたに対しても
最善を尽くすのです。



それが わたしです。



だから、悔いはないですけどね。

残念な結果に終わる場合もあります。

わたしの気持ちが伝わらなかった、わたしの想いが伝わらなかったんだなあ。。。と思います。


力不足。




わたしにも不得意なことがあります。


低い波動に身を置くことです。。。


息ができなくなるから、無理です。。。


わたしがせっかく上げたクライアントさんを 横から茶々を入れてくるカウンセラーさんもいらっしゃいます。

また、下がります。

わたしは関われなくなります。


お願いだから
わたしに関わっている方は、他のカウンセラーさんに相談しないでほしいと思います。


わたしは、関われなくなりますから。。。


せっかく、わたしがここまで上げたクライアントさんを引きずり下ろす。。。


恐ろしいことでございます。


自由ですけどね。。。



でも 自分の娘なら、張り手してでも 戻します^^