人のためになりたい


って

使命じゃなくて一種の拘りなんですよ。



人のためになることって



なりたい!


と 思ってなることではなくて



身体が動くことなんです。



困ってる人を見かけたら、声をかける。


ただ それだけのことです。



大義名分をつけなきゃできないことではないのです。



難しく、考えなくても いいのです。



いくら 資格を取って 何かの職業についたとしても
仕事ではできるけど
プライベートでは できない、やらない では

人のためになることをしていないということです。




わたしは 道を歩くときは お年寄りと 歩幅を合わせながら歩きます。

車イスの人には 隣に寄り添います。

子供がいたら 常に、行動を見ながら 動きます。



身体がそう動くのです。

車を運転している時でも 子供がいたら しっかり減速するか 止まります。

そういうことが大切なのです。



わたしの友人で 人に親切にしたら、

よく見られたいの?

と 言われて、悔しかったと言っていましたが



悔しいとわたしに愚痴る前に、 言ってきた人に当たり前のことだと言えないあなたが悪い と伝えました。


言い分けしない。


自分の軸を持っていたら、たしなめることはできるはずです。





だから

まあ わたしは

ヒーリングもエネルギーも興味はなくなりましたが


必要な時は させていただきます。



勝手に、身体が動くから〜



ヒーリングじゃなくても なんでもやります。