喜びって 実は、自分自身なんですが


自分自身は喜びなんだ♪愛なんだ♪


に辿り着くのって、難しいことです。



だってね

生まれてきた環境や性格が違う人たちの中で生きていくって 自分だけ考えていけばいいってものじゃないから。


親だって、手探りで わからないまま育てるのだから 子供はその影響を受けてしまいます。


結果、
疑り深くなったり、神経質になるのは 当然といえば当然ですね。


だれも、責められない。。。


そこから、喜びを探す旅をしていくわけです。


本来なら、生まれたての赤ちゃんそのものが 喜び なんですよね。


そこから 傷つけずに、真っ直ぐに育てていくのは、難しいことです。


喜びから遠ざかるように育ってしまう人も少なくありません。


だから
淡々と、喜びも感じずに過ごしている人もいらっしゃる現実です。


今は、二極化していると言われます。




わたしは 喜びの中にいつもいますが

それもわたしの現実ですし、

でも、喜びを持てずに生きている方がいるのも、わたしの現実なのです。



誰一人、喜びを求めない人はいないのです。



自分の幸せを自分だけのものにしようとしないでください。


二極化が進んでいるからと言って、区別しないでください。


自分の喜びを分かち合うことが

今の世界には、必要なことです。



自分だけのものにしない。



自分が喜びを感じたら、そうでない人もいるという意識も持ってください。


喜びを見せびらかさないでください。




誰もが、喜びに溢れる世界にと わたしは願っています。


生きとしいける者が喜びを感じることができますように。


お祈り申し上げます。