自分に自信がない。。。


自分に自信がないと、自分の意見をまともに言えず、卑屈になり、相手の言葉を 支配されている。。。と 思い込む人も少なくありません。


そこで


自分はダメな人間なんだと、相手の意見さえ聞いていれば うまくおさまると考え 自分を自分自身で奴隷化する人と


自分はダメな人間だけど、そうは見せたくない!と反発し、逆に 攻撃して 支配しようとする人に分かれます。



どちらも 自分に自信がなく、軸がありません。



見栄はりな人間と奴隷的な人間。



わざと大きくみせることや見栄をはることをやめられなくて ハッタリばかりが強くなる。


本当の自分が隠れていく。

本当の自分がわからなくなる。




奴隷化人間も そう。


自分の意見がなくて、人に流されて生きているから、本当の自分がわからない。




今の世の中、そんな人で溢れています。



まずは 自分に自信を持つことなのですが
その自信は ただ、あなた自身の鎧にしか過ぎなくて
あなた自身ではないことをわかることが必要です。



自信というものは



何か自分に得意分野があるから自信がつくことではなくて


何かあってもなくても 自分の奥底の力があるということを実感することです。



自分自身の奥底の力が自信を生むのです。




自分自身の奥底の力を知る努力をしたものが 自信を得るのかもしれません。



だから、一生懸命に努力することが大切なのです。