相手の立場を考えて、思いやり、配慮するといいと書きました。



そうやって


思いやりを示された者の心は癒されて、心の傷がだんだん消えていくのです。


相手が 自分でわざわざ、その問題に向き合わなくても 癒され、消えていくのです。



それだけ 思いやりに溢れた行動は素晴らしいものです。



自分は癒されない。

だから、相手も癒せない、思いやりを示せない。

ではなく、
自分は癒されない部分と向き合い、傷を癒していき、
相手に対しては 自分ができる思いやりを示していく。。。


自分を傷付けるほど、相手を思いやることもないのです。


できないことはやらない。

だけど、できることは させていただくのです。



相手が癒されれば、自分もまた、癒されます。


そうやって 傷を癒していくのです。